脱毛サロンは、未経験の人にとっては未知の領域。
ムダ毛が恥ずかしくて、人に聞けない不安なこともあるでしょう。
そこで、経験者のみが知る脱毛サロンあるあるについてご紹介します!
特に気になるVIOや、裸を見られること、迷惑をかけない心遣いなどについてまとめてみましたので、これから脱毛したい人はぜひ目を通してみてくださいね。

裸になるのが恥ずかしい!どんな格好をするの?

全身脱毛やVIOの脱毛をするときにネックになるのが、「スタッフさんに裸を見られるのが恥ずかしい」ということ。
ほとんど初対面の人にデリケートな部分をさらけ出し、しかも毛の処理をしてもらうなんて・・・。
ふだんの生活ではなかなかないことですよね。
不安なことも多いと思いますので、脱毛のときの格好について知っておきましょう。

VIOは紙パンツを着用

VIO部分を脱毛する場合は、自前の下着にジェルが付着するのを防いで脱毛しやすくするために、使い捨ての紙パンツを着用します。
サロンによって少し違いはありますが、基本的にウエスト部分がヒモになっていて、紙で覆っている部分をずらしながら光を照射します。
ほかの部位を施術しているときはタオルなどをかけてくれるので、脱毛する部分ごとに少し露出する程度です。
下半身が丸見えになるということはありませんので、安心してください。

VIOラインの施術方法

VラインやIラインの場合、

上と右と左で分けての施術になります。
Vラインの上部分(おへその下)は、紙パンツを少し下にずらして、事前に決めた範囲に照射します。
横の部分やIラインの施術は、まず右か左のひざを立てて外側に横に倒し、紙パンツを横にずらしながら照射します。
右側が終わったら足を戻して次は左側というように、片方ずつ行います。

Oラインは、

いわゆるおしりの穴周りで、うつぶせになって少し足を開き、紙パンツを下にずらして照射します。
ここが一番恥ずかしいかもしれませんが、範囲が狭いので施術時間はほんの数分です。
VラインやIラインも範囲が狭いので、時間としてはほかの部位よりも圧倒的に短く、あっという間に終わってしまいますよ。

スタッフさんは見慣れている?

よく言われることですが、施術をしてくれるスタッフさんは何十人・何百人を相手にしていて見慣れているので、気にすることはありません。
脱毛サロンのスタッフさんは、自身も全身脱毛している人が多いですし、スタッフさん同士で練習することもありますので、同じ経験をしてきています。
一番最初はどうしても気になりますが、何回か施術を受けるとすんなり受け入れられるようになりますよ。

それよりも、VIOは毛が濃くて皮膚が薄い部分であることから、ほかの部位よりも痛みや熱を感じやすいので、そちらのほうが気になってくるかと思います。
その痛みも、何回か施術すると毛が薄くなってきてあまり感じなくなってくるので、VIOは最初の施術を乗り越えればほとんど気にならなくなるでしょう。

関連記事→これを見たら失敗なし!VIO脱毛の人気デザインを男性目線でも知る

上半身はタオルで隠しながら施術

全身脱毛では、もうひとつ恥ずかしい部分があります。
それは胸です。上半身全体にもうぶ毛が生えていますが、特に気になる乳輪周りの脱毛もしてもらえます。
私もありましたが、女性でも乳輪周りに濃くて太い毛が何本か生えることがあるのです。
それは、ホルモンバランスなどが原因で、決して異常なことではありませんが、なかなか人には言えないですよね。
そるのは危険だし抜いても生えてくるし、どうすればいいのか悩んでいる人も多いでしょう。
女性同士とは言え、あおむけに寝た状態で胸元をあらわにするのは少し恥ずかしいですが、施術後はまったく毛が生えてこなくなりますのでがんばりましょう!

サロンによって形は異なりますが、全身脱毛をする場合にはブラジャーを外して、マジックテープやボタンの付いたタオル地のものを体に巻きます
上半身の前面を施術するときだけ前をはだけますが、範囲が広く少し時間がかかるので、左右半分ずつや上下に分ける場合もあります。

写真を撮られることもあるってホント?

クリニックや特定のサロンでは、脱毛効果を比較するために施術箇所の写真を撮ることもあります
また、脱毛前後の写真を公開するモニターになって、料金を安くしてもらえるシステムもありますが、勝手に写真を撮られることはありません。
必ず事前に了解を求められますし、拒否することも可能ですので、撮影をしないと施術できないようなところには行かないほうが安心でしょう。

カーテンや扉はしっかり閉めてほしい!

脱毛サロンで施術するコーナーは、部分的に壁がある部屋やカーテンで囲っているだけのところが多いので、担当のスタッフさん以外に見られないか不安ですよね。
照射する光から目を守るために、顔にタオルをかけられることが多いので、周りが見えないことも不安要素になります。

私の通っていたサロンでは、導入したばかりの最新の脱毛マシンの数が少なく、何度もカーテンを開け閉めしてマシンの移動を行っていました。
また、何か足りないものがあると急いで取りに行くので、引き戸が中途半端に開いていたこともあります。
スタッフさんは忙しいし慣れているので、あまり気にしないのかもしれませんが、目隠しをされているような状態では「ほかに誰かいるのかも」「外から見えてるかも」といった不安がつのりますよね。
サロンによっては、更衣室から施術スペースまで行くのに周りから丸見えだったり、オープンな場所をカーテンで囲っているだけのこともあります。
施術中に見えなくなる前に、安心できるスペースかどうかしっかり確認しておきましょう。

気を付けよう!迷惑なお客さんにならないために

お客さん目線だと、ついついサロンへの要望ばかりに目が行ってしまいますが、施術をスムーズに行ってもらうためにも、気を付けたいことがあります。

施術前にしっかりシェービング

全身脱毛の場合は範囲も広いし自分では難しい部分もあって大変ですが、施術前にはしっかりシェービングをしなくてはいけません。
お肌に負担をかけないためや安全面でも必要なことなので、シェービングしてこないと施術できないこともあります。
スタッフさんにやってもらう場合にも、施術時間が増えてしまうので有料になったりします。
私も毎回気を付けていたんですが、ちょこちょこシェービングされたりそり残しについて注意されていました・・・。
自己処理は思っている以上にムダ毛が残ってしまうので、脱毛前には家族に協力してもらったほうがいいかもしれません。

VIOは清潔に

VIO部分はデリケートなので、スタッフさんも気を使ってくれています。
汚れやすい部分でもありますので、施術前にシャワーを浴びてくるなど、できるだけ清潔な状態にしておきましょう。
全身脱毛の場合は長時間の施術になるので、必ずトイレの確認をされます。
私は念のため毎回ウォシュレットできれいにしていましたが、迷惑をかけていないか心配でした。

関連記事→VIO脱毛行くなら黒ずみを解決してから?簡単に治せるクリームご紹介!

遅刻や無断キャンセルは厳禁!

急な用事や体調不良によるキャンセルは仕方ありませんが、10分以上の遅刻や連絡なしのキャンセルはやめましょう。
遅刻すると次の予約の人に影響が出るので、予定より短い施術になったり、キャンセルにされることもあります。
キャンセル料やルールが厳しくなるのは、こういった迷惑行為を防ぐためでもあるので、みんなが注意すればルールも緩和されるでしょう。

脱毛が終わればいい思い出に・・・

脱毛に行く前は、他人に裸を見られることやスタッフさんとの相性が不安でしたが、すべて終わってみればみんないい思い出になりました。
もちろん、不快なことやイヤな思いをしたこともありますが、笑い話や会話のネタになることも多いですよ。
全身脱毛でもしないと経験できないことも多いので、未経験の人は興味深いみたいですね。
わからないままだと逆にサロンに迷惑をかけてしまうこともありますし、どうしても抵抗のあることは拒否することも可能です。
不安なことがある場合は脱毛経験者に聞いてみたり、スタッフさんにもどんどん相談しましょう!

今月のおすすめ 部分脱毛サロン

1位ミュゼ 2位ジェイエステ 3位エピレ
ミュゼ おすすめ部分脱毛サロン ジェイエステ おすすめ部分脱毛サロン エピレ おすすめ部分脱毛サロン
月額制で気軽にスリムアップ脱毛!各種キャンペーンもアリ♪ 納得いくまで何度でも通える「全身22カ所脱毛し放題」で安心! 脱毛機メーカーがプロデュースしている安くて安心なサロン♪
⇒ミュゼ公式HPへ ⇒ジェイエステ公式HPへ ⇒エピレ公式HPへ