Oライン脱毛のメリット

わたし

Oライン脱毛をしたい人は、年々増えているのよ

「水着や下着姿の時に、はみ出しが気になる…」「衛生的にもないほうがいいのでは?」などの理由で、Oライン脱毛をする人が増えています。

Oラインとは、ヒップ奥(肛門まわり)のこと。見た目が良くなるだけではなく、デリケートゾーンをスッキリ清潔に保てることから、最近は男性にも女性にも人気の脱毛部位です。

でも、場所が場所だけに自己処理するのが難しい部位でもあります。

編集者の一言

この記事では、Oラインを自己処理することのリスクや、オススメのサロン・クリニックなどについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のハイライト

Oラインの脱毛で防げるリスクや効果

「たしかに気になるけれど、Oライン脱毛って本当に必要なの?」と思われている方のために、まずはOライン脱毛のメリットからご紹介したいと思います。

Oラインのメリット

自己処理でのトラブルを防ぐ

Oラインは自分の目で見にくい上、粘膜にちかいデリケートな部分ですので、カミソリなどの自己処理は危険です。
ムリにやってしまうとキズをつけたり、ダメージが蓄積されることで皮膚を傷めてしまったりする可能性があります。

その点、サロンやクリニックでOライン脱毛を受ければ、そのような問題はすべて解決です!

ニキビ(毛嚢炎)・ムレ・かぶれを予防

汚物が付着しやすいOラインは、清潔に保たないと肌トラブルが起きやすい部位でもあります。
とくに夏場や生理中などは下着の中がムレて、皮膚がかぶれてしまう人も多いですし、ニキビ(毛嚢炎)ができてしまう人もいます。

対策としては、こまめにシャワーで洗う・下着を換えるなどの方法がありますが、Oライン脱毛を受けてスッキリさせてしまったほうが圧倒的にラクです。

衛生的・清潔感が保てる

上でも触れたように、Oラインは経血や排せつ物などが付着しやすく、不潔になりやすい場所です。とくに毛の量が多ければ多いほど、汚れがとどまりやすくなり、臭いの原因にもなります。

その点、Oライン脱毛を受ければトイレの時にもキレイにふき取りやすくなりますし、雑菌も繁殖しにくくなりますので、衛生的なメリットは非常に大きいのです。

妊娠・痔などの診察時でも恥ずかしくない

Oラインは普段あまり人に見せることはありませんが、例外なのが病院。妊娠中の検診や、痔の治療などで、どうしてもお医者さんに見せなければいけないこともありますよね。

そんな時、Oラインの毛がなければ恥ずかしい思いをしなくて済みます!

Oライン脱毛とはどの部分?画像で確認

Oラインとは
Oライン脱毛の範囲は、各サロンやクリニックによって微妙に異なりますが、一般的には「肛門まわりに生えている毛すべて」です。

ただし、中には「肛門を中心に半径2センチまで」など、厳密に範囲が決まっているところもあります。

多くのサロンやクリニックには、Oラインとは別に「おしり(ヒップ)」という脱毛部位もあり、おしりのほっぺに近い毛はそちらに含まれることが多いです。

いずれにしても、肛門まわりの毛は基本的にすべてキレイになると考えて間違いないでしょう。

Oライン脱毛に向いていない自宅での自己処理・セルフ脱毛は?

普段から清潔に保ちたいOラインですが、とくに以下のような自己処理は危険がいっぱいです。

カミソリで剃る・毛抜きで抜く

Oラインは自分で見えないため、カミソリを使うと粘膜まで傷つけて出血してしまうリスクがあります。

また、毛抜きで引っこ抜くのも毛嚢炎の原因になり危険です。

脱毛クリーム・除毛クリームを使う

脱毛クリーム・除毛クリームは、塗るだけで毛を溶かしてくれる便利なアイテムですが、ほとんどの商品は「粘膜にちかい部分」への使用をNGとしています。

「デリケートゾーンにもOK!」とうたわれていても、実際に使用していいのはVラインだけで、粘膜にちかいIラインやOラインはできないことが多いです。

脱毛・除毛クリームには、毛を溶かすほど強い成分が含まれているため、粘膜に付くと強い痛みを感じます。くれぐれもご注意ください。

Oライン脱毛の自己処理と脱毛サロンのメリット・デメリット

Oラインをセルフ脱毛するのと、脱毛サロンでキレイにしてもらうのとではどちらがいいのか、それぞれのメリット・デメリットを比較して考えてみましょう。

方法 メリット デメリット
脱毛サロン ・自分でやるより安全
・脱毛効果が高い
・仕上がりがキレイ
・脱毛料金がかかる
・継続的に通う手間がかかる
・痛みを感じることがある
電気シェーバー ・安全性が高い
・本体代が安い
・好きな時に手軽に使える
・脱毛後はチクチクかゆい
・すぐに毛が生えてくる
・見えにくく処理しにくい
ブラジリアンワックス ・一瞬で毛がなくなる
・好きな時に手軽に使える
・脱毛時の体勢が難しい
・はがす際に痛みを感じる
・炎症を起こすリスクがある
家庭用脱毛器 ・サロン並みの脱毛効果 ・初期費用がかかる
・やけどのリスクがある
・痛みを感じることがある

Oライン脱毛はサロンやクリニックが一番安全で効果的

それぞれのメリット・デメリットを考えますと、セルフ脱毛よりも脱毛サロンやクリニックに通ったほうが安全かつ効果的です。

電気シェーバーはカミソリに比べると安全ではありますが、表面にある毛しか処理できませんし、ブラジリアンワックスはお肌に負担がかかります。とくにOラインのようなデリケートな部位には、リスクの大きい方法です。

家庭用脱毛器は光(フラッシュ)を使用したものが多く、サロンと同じような効果を得られますが、本体代が数万円かかります。また、Oラインは自分で処理しにくいため、それだけのお金を出すならサロンに行ってプロの手で施術を受けたほうが安心です。

わたし

Oライン脱毛はサロンもしくはクリニックで受けることをオススメします!

Oライン脱毛の平均施術回数と価格

「サロンとクリニックならどちらがいいの?」と迷ってしまう方のために、両者の違いを比較してみました。

脱毛サロン 脱毛クリニック
平均回数 10~20回 5~10回
費用 20,000~50,000円(10回) 40,000~80,000円(5回)
痛み やや強い 強い

サロンとクリニックの一番の違いは、脱毛の方法です。サロンでは光(フラッシュ)脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛がおこなわれています。

どちらも毛根に熱ダメージを与えるという点では同じですが、医療レーザー脱毛のほうが高出力のため、サロンよりもクリニックのほうが少ない回数で脱毛を終えられます。

ただしその分、痛みも強いのが医療レーザー脱毛の特徴です。痛みに弱い方はサロンを選ぶか、もしくはクリニックで麻酔を使ってもらいましょう。

料金はサロンのほうが安い場合が多いですが、通う回数を考えますと、じつはどちらもほぼ変わらない可能性があります。また、サロンでもクリニックでも、Oライン単独よりVIOセットのほうがリーズナブルです。

以上をまとめますと、

●多少痛くてもいいから、短期間で脱毛を終えたい人はクリニック
●痛いのが苦手な方・ゆっくり通ってもいい方はサロン

がオススメです!

Oライン脱毛におすすめサロン・クリニックの選び方と料金比較

脱毛人気が高まっている今、サロンやクリニックの数もかなり増えています。
その中から、Oライン脱毛を受けるのに最適なお店を選ぶためのポイントをご紹介します。

Oラインのシェービング代が無料

サロンでもクリニックでも、施術を受ける前にはシェービングする必要がありますが、Oラインは自己処理しにくい部位です。
そのため、Oラインに限っては「剃り残しがあっても無料でシェービングしてもらえるサロンやクリニック」を選ぶことをオススメします。

剃り残しがあった場合の対応は、お店によって違いますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

OラインだけよりVIO部分をまとめて脱毛するほうがお得

サロンやクリニックによっては、「VIOセット」として3部位まとめてお得に受けられるプランを用意しています。
そのほうが、各部位を別々に受けるよりもずっと安く済みますし、デリケートゾーン全体がスッキリしますのでオススメです。

VIOセットがないところもあるため、事前に確認しておきましょう。

サロン・クリニック名 Oライン脱毛 VIOセット脱毛 無料シェービング
ミュゼ
ディオーネ
脱毛ラボ
銀座カラー
ストラッシュ
プリート
湘南美容外科
リゼクリニック
アリシアクリニック

Oライン脱毛におすすめサロン比較

Oライン脱毛にオススメのサロンをいくつかピックアップして比較してみます。

脱毛サロン Oライン単品料金/回数 VIOセット料金/回数 シェービング代
ミュゼ 18,000円~/8回 45,000円~/8回 無料
ディオーネ 30,000円/12回 120,000円/12回 無料
脱毛ラボ 2,500円/1回 1,500円
銀座カラー 42,000円/8回 月7,100円/
1年間で最大8回
無料
ストラッシュ 32,010円/12回 無料※
プリート 24,000円/6回 102,000円/12回 無料

※回数制・通い放題の場合(月額制・都度払いの場合は1回1,000円)

上記の中でもっともOライン脱毛の料金が安いのは、ミュゼです。「フリーセレクト美容脱毛コース」を選ぶと、Oライン脱毛が8回で18,000円(1回あたり2,250円)で受けられます。
ミュゼはOラインのシェービング代も無料ですし、よりお得なVIOセットもありますよ♪

次に安いのは脱毛ラボ(1回2,500円)ですが、残念なのはシェービング代がかかることです。また、VIOセットもありません。

ディオーネも、1回あたりに換算すると2,500円とリーズナブルです。ディオーネでは、痛みの少ない独自の「ハイパースキン脱毛」をおこなっていますので、痛みに弱い方にはとくに魅力的です。

Oライン脱毛におすすめクリニック比較

次にクリニックの比較です。

脱毛クリニック Oライン単品料金/回数 VIOセット料金/回数 シェービング代
湘南美容外科 28,750円/6回 58,000円/6回 500円
リゼクリニック 39,800円/5回 99.800円/5回 無料
アリシアクリニック 27,500円/5回 61,900円/5回 無料

上記の中でもっとも料金が安いのは、湘南美容外科です(1回あたり4,791円)。とくにVIOセットが安く、3部位の脱毛を58,000円で6回も受けられます(1回あたり約6,999円)。
ただし、1回500円のシェービング代がかかる点に注意しましょう。

次に安いのがアリシアクリニックです。リゼクリニックも決して高いほうではないのですが、最近は医療レーザー脱毛の低料金化が進んでおり、より安いクリニックがぞくぞくと増えてきています。

男性・メンズに人気のOライン脱毛サロン

Oライン脱毛は男性にも大人気です。今や、エチケットとして受ける男性が増えていますよ♪
男性に人気のOライン脱毛サロンを2つご紹介します。

脱毛サロン Oライン単品料金/回数
メンズシュシュ 12,600円/1回
リンクス 60,000円~/8回

メンズシュシュは、東京の高田馬場にあるメンズ脱毛専門サロンです。1回12,960円と、男性のOライン脱毛としてはリーズナブルな料金を実現しています。

リンクスは、全国に多数の店舗を展開するメンズ脱毛専門サロンです。リンクスも料金の安さには定評があります。

Oラインは通常、8回92,000円(1回あたり11,500円)なのですが、はじめてリンクスに通う方に限り60,000円(1回あたり7,500円)で受けられます。しかもリンクスでは「保証パス」というシステムを導入しているため、9回目以降は1回2,940円で追加照射が可能です(無期限)。

さらにお得なVIOセットもありますので、デリケートゾーン全体をスッキリさせたい男性はぜひチェックしてみてください。

Oライン脱毛の気になる疑問

未知なるOライン脱毛に関して、不安や疑問をもつ方は多いと思いますので、ここで解決していきましょう!

Oライン脱毛はどこまで剃るの?

脱毛前に必要なシェービングですが、基本的にOラインはムリしないほうがいいです。
自分の目で直視できない部分ですから、傷つけてしまうリスクがあります。

もここ吹き出し

できるだけ施術前に自己処理したい方は、肛門のまわりにある毛をすべて剃ってしまってください。

サロンによっては、少しでも剃り残しがあるとシェービング代を請求されることがありますから、念のため範囲は広めに剃っておいたほうがいいでしょう。

VIOセットで受ける場合は、もちろん前のほうもしっかり剃ってくださいね。

Oライン脱毛時の体勢は?恥ずかしい?

「Oライン脱毛を受けてみたいけれど、受けるところを想像すると恥ずかしい!」という方も多いのではないでしょうか?

しかし、Oラインはデリケートな部分だけに、どのサロンやクリニックでも十分に配慮してもらえるのが普通です。ガウンや紙ショーツなどを身につけて、施術の際は照射する部位だけがうまく露出するようにしてもらえます。

もここ吹き出し

体勢は、うつ伏せまたは横向きがほとんどです。
何度か通ううちに抵抗感はなくなっていきますので、安心して通ってください。

Oライン脱毛をすると痔になりやすいって本当?

一部では、Oライン脱毛と痔の関係性がウワサになっているようですが、それは誤解です。

もここ吹き出し

痔は、血流の悪さや排便時のいきみなどによって起きるものですから、Oライン脱毛とはまったく関係ありません。

Oライン脱毛によって痔が悪化することもないのですが、光やレーザーの熱によって患部が痛む可能性はあります。そのため、「痔のある方は先に治療してから受けてください」と指示しているサロンやクリニックも多いです。

Oライン脱毛・処理方法のまとめ

人気のOライン脱毛についてご紹介してきました。
見た目にも衛生的にもメリットの多いOライン脱毛ですが、見えにくい上に、粘膜にちかいデリケートな部位ですので、カミソリや毛抜きを使った自己処理は危険です。

かといって安全性の高い電気シェーバーは、肝心の脱毛効果に問題があります。

安全かつ効果的なOライン脱毛がしたい場合は、脱毛サロンもしくは脱毛クリニックで受けるのが一番確実です。
せっかくOラインをきれいにするなら、いっしょにVラインやIラインもスッキリさせることも考えてみてくださいね♪