脱毛エステに通っている間、薬は普通に飲めるの?

脱毛エステに通っている間、薬を飲むのはNG?

わたし

脱毛のときに薬を服用していたら、副作用が出てしまったりするのかしら?

ムダ毛のない、つるつるすべすべの美肌に憧れる女性は非常に多く、脱毛専門のサロンなども登場しています。
レーザー脱毛や光脱毛は自己処理とは違い、キレイに脱毛することが可能です。
しかし肌にレーザーや光を当てることになるので、脱毛施術前、施術後には制約があるのも事実です。

脱毛エステに関する疑問点、不安点などはたくさんあると思いますが、ここではその中でも
「脱毛エステに通っている間、薬を飲むのはNG?」について考えてみましょう。
この記事のハイライト

薬を飲んでいるとカウンセリングで断られるの?

文字を書く女性

全身脱毛したい!と決心して脱毛サロンに行ってみると必ずカウンセリングの時に質問されることがあります。それは、「何か服用している薬はありませんか?」という問いです。

脱毛サロンでは薬を飲んでいないかどうかを最初に質問する理由は、薬の内容次第では脱毛施術をお断りをする可能性があるからです。

脱毛サロンでは、薬の服用や注意事項などの触書があり、同意書にサインがないと施術出来ません。

では、例えば花粉症の薬や風邪薬はどうでしょう?飲む時間が施術の数時間前はNGなの?人によってはサプリや、持病薬も気になりますよね。

脱毛サロンはトラブル回避のため万全の準備をして施術しなくてはいけません。そこで、安全を加味してお断りされてしまうパターンがあるのです。

モモコ

ただし、あるサロンで断られたからといって、他店でも断られるとは限りません。お店によってNGな薬や服用方法が異なっています。


なぜ脱毛中の薬はダメなの?

薬

そもそも、なぜ薬を服用していると脱毛を断られてしまうのかというと、理由は大きく2つ考えられます。

1つは、「薬を飲んでいる=体調に問題がある」とみなされるからです。

とくにサロンは医療機関ではありませんので、もし脱毛をして体に異変が起きても適切な対処ができません。そのため、クリニックよりも薬の服用については慎重に対応するところが多くみられます。

そしてもう1つが、「薬の副作用によって、光に敏感になってしまうことがあるから」です。
実際はこちらの理由のほうが大きいと思われます。

皮膚が光に対して過敏になる病気を、「光線過敏症(光過敏症)」といいます。
普通なら何ともない光でも、皮膚にあたるとかゆみや腫れ、水ぶくれなどが生じてしまう病気です。

光線過敏症のうち、薬の副作用によるものを「薬剤性光線過敏症」と呼びます。
実は光線過敏症の副作用をもつ薬はかなり多く、私たちも知らないうちに使っている可能性が高いのです。

光線過敏症の副作用が多い薬としては、向精神薬・非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)、抗生物質・利尿薬などがあります。
飲み薬だけではなく、塗り薬やシップなどの外用薬でも起こることがあるため注意が必要です。

このような薬を使った後に脱毛を受けると、レーザーやフラッシュの光に皮膚が過敏に反応してしまい、やけどなどの肌トラブルが起こりやすくなります。これこそが、脱毛中の薬がNGとされる一番の原因です。

そこで、脱毛を行う場合は、服用中の薬に光線過敏症の副作用があるかどうかを医師に判断してもらわなくてはなりません。

わたし

クリニックの場合、常駐の医師の診察で「問題なし」と判断されれば施術できます。
一方、サロンは医師常駐でないため、原則「薬を使用している人はすべてNG」もしくは「医師の許可を得てから」となります。

どのような種類の薬であっても、使用している場合は必ずサロンやクリニックに伝えて指示を受けるようにしましょう。

人気3店舗(ミュゼ・銀座カラー・キレイモ)に実際に電話で聞いてみた!

2016y11m09d_152753413
それぞれの脱毛サロンによって、禁止事項が異なりますので脱毛サロンごとでまとめてみましょう!!!
今回は実際にお客様相談室に電話をして、服用してはいけない薬などについて質問してみました。

今回質問した脱毛エステは人気の3店舗です。

の3社です。

 

それぞれ質問した内容は以下の通りです。

・脱毛エステに通っている間の服薬はダメですか?
・どんな薬だったら服薬しても大丈夫ですか?
・どんな薬だと、脱毛施術を受けられませんか?

 

早速、それぞれの脱毛エステの質問&回答をまとめてみましょう。

ミュゼプラチナム

2016y11m09d_143609257

わたし

脱毛サロンは初めてなのでいろいろと教えて頂きたいのですがよろしいでしょうか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

はい、どのようなことでしょうか?

わたし

脱毛を受ける日に薬を飲んでも大丈夫ですか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

お薬を服用されている場合、市販薬はお手入れ前後8時間の時間をあけていただくようにご案内しております。
また処方薬に関しては、お薬の種類に関係なく、お医者様へ必ず確認いただいております。
前後10日以内に予防接種を受けておられる方についても、施術を受けていただくことはできません。
外用薬に関しては、当日の使用は避けていただき、あける期間につきましては、お医者様へご確認いただくようお願いしております。
お医者様に確認がとれない場合には、お手入れを提供致しかねますので、ご了承くださいませ。

わたし

どんな薬だったら服薬しても大丈夫ですか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

市販薬であれば、お手入れ前後8時間の時間をあけていただければどのような薬でも問題ございません。
処方薬に関しては、低用量ピルなどを服用中のお客様が多いのですが、一度医師の確認をしていただき、許可が出ればお手入れは問題なく行うことが可能です。

わたし

どんな薬だと、脱毛施術を受けられませんか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

処方薬の中でも抗不安薬、抗生物質、三環系抗うつ薬、経口抗真菌薬、解熱鎮痛薬、抗ガン剤、利尿剤血糖降下薬などを服用している場合、医師からの許可がおりない場合多いです。
これらの薬は紫外線に反応すると言われておりますので、脱毛施術が危険になってしまう可能性があります。

またミュゼプラチナムは除毛、減耗を目的とした健康な方に行う美容脱毛でございます。
そのためガンの既往歴がある方、てんかんの既往歴のある方、ケロイド体質の方、光過敏症の方、緑内障の方、薬物アレルギーの方、ペースメーカーを使用している方、通院中の方、内科系疾患(糖尿病、心臓病、肝臓病、甲状腺等の疾患)をお持ちの方にはお医者様の確認が取れていましてもご契約のご案内は致しかねております。
妊娠、授乳中の方も施術を受けていただけませんのでご了承下さい。

詳しい内容につきましてはカウンセリングの際にお客様のお話しをうかがった上でご案内いたしておりますので、もしよろしければカウンセリングへお越しいただけますと幸いでございます。

ミュゼプラチナムのサイトはコチラ

銀座カラー

銀座カラーバナー1

わたし

 脱毛を受ける日に薬を飲んでも大丈夫ですか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

お薬の服用に関しましては、お医者様からお薬を処方されている場合は、事前に光脱毛に影響がないものか、医師確認をお願いしております。
なお、市販薬につきましては、当日の服用はご遠慮いただいておりますが、塗布薬はお肌状態に問題がなく、脱毛部位に塗っていなければお手入れのご案内は可能でございます。
ステロイド入りの塗布薬のご使用が続く場合は、その部位はお手入れ不可となっておりますので、あらかじめ、ご理解頂きたく存じます。

わたし

どんな薬だったら服薬しても大丈夫ですか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

市販薬の場合であれば当日の服用を避けていただければ、お手入れは可能になっております。
処方薬に関しては医師へのご確認をよろしくお願いいたします。

脱毛する際、薬の服用によって肌荒れや色素遅着、やけどなどの肌トラブルを起こす危険性があります。
場合によっては健康障害の危険性もあるため、服薬している場合は必ず申告して頂きたく存じます。
また薬により脱毛効果が低下してしまう場合もあります。

わたし

どんな薬だと、脱毛施術を受けられませんか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

医師による処方薬についてはどんな薬であっても一度確認が必要になります。
またてんかん発作の既往歴のあるお客様とはご契約ができません。
その他、妊娠中の方、光感受性を高める薬を内服されている方、体調がすぐれない方、予防接種などの注射の後に赤みや腫れがひかない方、傷・炎症・アトピー性皮膚炎などのお肌の状態が悪い方はお手入れできませんのでご注意ください。
じんましん、紫外線アレルギー、アトピー性皮膚炎の持病がある方は肌の状態によっては脱毛をお断りする場合もありますのでご了承ください。
その他、詳細につきましては初回の無料カウンセリングにご来店の際にご案内をいたしておりますので、服用しておられますお薬がございます場合には、その際にご申告くださいませ。

銀座カラーのサイトはコチラ

キレイモ

2016y11m09d_143938644

わたし

 脱毛を受ける日に薬を飲んでも大丈夫ですか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

市販薬におきましては、3日間前後に服用された、または服用される予定のあるお客様に関してはお手入れをご遠慮させていただいております。
医師による処方薬の場合には、施術の1週間善後に服用された、またはされる予定のある場合は施術ができません。
ただし、処方薬に関しましては通院先のお医者様の同意書が取れている場合には、脱毛によるお手入れが可能となっております。

わたし

どんな薬だったら服薬しても大丈夫ですか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

どの薬であれば、お手入れが可能と明確にお答えすることは出来かねます。まずはカウンセリングに来ていただき、服用中のお薬名をご提示していただければと思います。また処方薬の場合には、きちんとお医者様に確認していただけなければ施術を受けていただけませんのでご了承ください。

わたし

どんな薬だと、脱毛施術を受けられませんか?

サロンオペレーターサロンオペレーター

一度お薬名を確認させていただいてからの回答となります。
また日焼けをしている方、妊娠中の方はお手入れをお断りしておりますのでご了承ください。
詳しいお話しは無料カウンセリングにて承っておりますので、無料カウンセリングのご予約をよろしくお願いいたします。

キレイモのサイトはコチラ

いかがでしたか?
3社の脱毛エステサロンによっても、規約が異なるため、Aサロンでは薬を服薬していても施術可能であっても、Bサロンでは施術を受けられないということもあるようです。
自分が脱毛しようと考えている脱毛エステの決まりをきちんと確認する必要がありますね。

エステで断られる薬の種類詳細

薬

脱毛にあまり影響がないと考えられる薬と
逆に飲んでいたらちょっと・・・という薬の種類を最後に上げておきます!

脱毛は控えたほうがよい薬の種類一覧

● 向精神薬(抗うつ剤・精神安定剤など)

・・・精神科系の薬には、光線過敏症の副作用をもつものが複数あります。以下はその一例です。

・クロルジアゼポキシド(商品名:コントール・バランスなど)
・塩酸クロミプラミン(アナフラニール)
・クロルプロマジン(コントミン・ウインタミンなど)
・ジアゼパム(セルシン・ホリゾンなど)
・イミプラミン(トフラニール・イミドール)
・アルプラゾラム(ソラナックス)

うつ病や統合失調症の薬だけではなく、軽めの精神安定剤にも光線過敏症の副作用が報告されているものがあります。精神科や心療内科などでもらった薬を飲んでいる人は、注意してください。

● 非ステロイド系抗炎症鎮痛剤

・・・非ステロイド系抗炎症鎮痛剤(NSAIDs)は、ステロイドを含まない抗炎症薬・鎮痛薬の総称です。少量で高い鎮痛効果を得られることから、いわゆる「痛み止め」として広く使用されています。

以下は、光線過敏症の副作用が報告されている成分の一例です。

・ケトプロフェン(セクター・モーラステープなど)
・ジクロフェナク(ボルタレン)

とくにケトプロフェンは、「モーラステープ」や「ケトプロフェンテープ」などの貼り薬としてよく使用されていますが、成分が皮膚に長くとどまるため、使用してしばらくの間は皮膚炎が起こりやすい状態となります。

ちなみに、バファリン・セデス・ロキソニンSなどの市販薬は、光線過敏症の副作用は報告がありませんが、服用後は念のためサロンに確認してください。

● 抗生物質(抗菌薬・抗真菌薬)、抗うつや精神安定剤など

・・・細菌や真菌(カビ)による、さまざまな感染症の治療に使われる抗生物質にも、光線過敏症の副作用をもつものが複数あります。以下はその一例です。

・レボフロキサシン(クラビット)
・シプロフロキサシン(シプロキサン錠など)
・スパルフロキサシン(スパラ錠)
・テトラサイクリン(アクロマイシン)
・オキシテトラサイクリン(テラマイシン軟膏・テラコートリル軟膏など)

中でもスパルフロキサシンは、光線過敏症が起こりやすい成分として知られています。中耳炎やクラミジアなど、幅広い感染症に用いられる薬ですので、使用中の方は注意してください。

● 抗ヒスタミン薬

・・・抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンという物質を抑制する薬です。花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を抑える薬、または乗り物酔いの薬としてよく使われています。

以下は、光線過敏症の副作用が報告されている抗ヒスタミン薬の一例です。

・メキタジン(ニポラジル・ゼスラン)
・プロメタジン(ピレチア・ヒベルナ)

もし花粉症の治療などで抗ヒスタミン薬が処方されている場合は、必ず脱毛前に医師の確認をとりましょう。

● 心臓や血圧の薬(降圧薬・血管拡張剤・抗不整脈薬など)

・・・高血圧や狭心症、不整脈などの心臓系の薬の中にも、光線過敏症の副作用をもつものがいくつかあります。

・ベシル酸アムロジピン(ノルバスク)
・チリソロール(セレカル錠)
・ジルチアゼム(ヘルベッサー錠)
・キニジン硫酸塩水和物(硫硫酸キニジン「ホエイ」など)
・ニフェジピン(ニフェジピン CR錠20mg「NP」など)

若い年齢で服用している方は少ないと思いますが、処方されている方は注意が必要です。

● 糖尿病治療薬(血糖降下薬)

・・・近年、患者数が増加の一途をたどっている糖尿病の治療薬の中にも、光線過敏症の副作用が報告されているものがあります。とくに「スルホニル尿素系血糖降下薬」に分類される以下のような薬です。

・トルブタミド(ヘキストラスチノン)
・グリベンクラミド(グリベンクラミド錠)
・グリメピリド(アマリール)

服用中の方は、必ずサロンや医師に確認をとってください。

● 抗てんかん薬

てんかんの治療薬の中にも、光線過敏症の副作用がある薬がみられます。

・カルバマゼピン(テグレトール)
・ジアゼパム(セルシン・ホリゾンなど)

とくにカルバマゼピンは、部分発作の第一選択として推奨されている薬ですので、もし使用されている場合は注意してください。

上記のほか、抗リウマチ薬や抗がん剤、利尿薬など、いろいろな薬に光線過敏症の副作用があります。また、ドラッグストアで手に入る市販薬でも起こる可能性はあるため、独断は危険です。

そもそも、病状によっては薬にかかわらず脱毛を断られることもありますので、持病についてもしっかりサロンやクリニックに伝えるようにしましょう。

※薬を飲んでいなくても、当日熱が出ていたり、泥酔していたりすると施術してもらえません。

※脱毛の痛みを和らげるための痛みどめ、鎮痛薬もいけません。肌に影響がでることがあるのです。

風邪薬や、花粉症のお薬は?

咳をする女性

A.期間をずらすことをオススメします。

特に、脱毛サロンでよく行われるフラッシュ脱毛は、風邪薬や花粉症の薬のような
抗生物質を含んだものを飲んでいると、肌が熱に敏感になることがあるためです。

肌にトラブルが起きやすくなってしまうとされるので
当日の投薬をしている時には施術ご遠慮くださいとなることが多いのです。

でもこれが一時的に使っているものでしたら
相談で大丈夫になることもあります。常用しているかどうかも重要です。

服用していても断られにくいお薬は?

A.便秘薬や美容系のサプリなどは断られることは少ないですが、
念のため、サロンのスタッフさんに確認をとることをオススメします!

当日の服用はなるべく控えて…

ただし、施術当日に頭痛薬等を服用していると脱毛してくれないサロンも多いです。
要するにどんな薬も、前日や当日は薬を飲んでないことが望ましいです。

わたし

施術当日にも薬の服用について尋ねられることも。施術後に服用したい場合は、主治医や薬剤師さんに確認してみましょう。

ピルは脱毛中でもOK?

ピル

女性が服用する可能性が高い薬として、ピルがあります。

とくに低用量ピルは、避妊目的のみならず、PMS(月経前症候群)や子宮内膜症、子宮筋腫などの治療にもよく使われている薬です。

今ではすっかり、日本女性にも身近な存在となったピルですが、ピルには光線過敏症の副作用はとくに報告がありませんので、基本的に脱毛を受けるのに問題はありません。実際、多くのサロンやクリニックではOKとなっています。

ただし、まれにピルの副作用によって色素沈着が起こりやすくなったり、体毛に変化が出たりするケースもあるため、サロンによっては慎重な対応をとるところもあるようです。

たとえば有名なサロンでは、
ミュゼが「医師の確認が必要」
脱毛ラボが「医師の同意書が必要」

という対応をとっています。
また、キレイモは「低用量に限り可」です。

一方、クリニックでは医師の問診を受けられるから、その場で医師がOKを出せば問題なく脱毛できます。

モモコ

ピル服用中の方、あらかじめ担当医に確認をとっておくと安心です*

漢方は薬に入るの?

漢方

A漢方も薬ですので、医師やサロンへの確認が必要です。

漢方薬は植物由来だけに、「化学的な薬より安全性が高い」というイメージがありますが、実際は立派な医薬品の一種です。

西洋薬に比べると、光線過敏症の副作用がある薬は少ないものの、万が一のリスクを避けるためにサロンによっては断られることもあります。

ただし、体質改善のために服用している、作用の比較的おだやかな漢方の場合は問題ないことも多いため、念のため医師に確認の上、サロン側に伝えるのも一つの方法です(サロンによっては、医師の同意書が必要なこともあります)。

モモコ

漢方の強さにもよるみたいだから、事前に確認しておきましょう!

当日、忘れて薬を飲んでしまった!そんな時どうしたらいい?

基本的には、どのような薬であっても脱毛を受ける当日は飲まないほうがいいのですが、うっかり忘れて飲んでしまった、ということもあると思います。

そんな時は、サロンに電話をかけて正直に事情を説明し、問題がないかどうかを確認することが大切です。

上でもご説明したように、便秘薬や美容系サプリなどならそれほど影響はありませんので、問題なく脱毛を受けられる可能性もあります。

一方、ほかの市販薬や処方薬の場合は、もしかしたら施術を断られてしまうかもしれません。実際はほとんど問題ないとしても、サロン側としては少しでもリスクのあることは避けたいのが普通ですから、安全のためにお断りすることがあるのです。その場合はあきらめて、別の日に予約を取り直すようにしてください。

また、すでに脱毛を受けた後で「そういえば今日、薬を飲んだんだった!」と気づいた場合は、しっかりと経過をみるようにしましょう。薬の種類によっては肌が敏感になるため、いつもよりトラブルが起きやすくなる可能性があります。

万が一、肌に異常がみられた場合は、サロンではなく皮膚科にかかりましょう。

薬を飲んでいることを隠して脱毛を受けたことを後悔する人も!

脱毛サロンでは、必ず施術前に体調や薬などの確認を行ないますが、そこで薬を飲んだことを隠してしまうのは絶対によくありません!

ネットで調べるだけでも、「抗生物質とステロイド入りの塗り薬を使用中に脱毛を受けたら、腕がやけどしてしまった」という人や、「脱毛直後に抗生物質を飲んだら具合が悪くなった」という人の話が見つかります。

後者は薬自体の副作用の可能性も考えられますが、特に塗り薬は肌が光に対して過敏になる場合があるため要注意です。

ひどい場合は、やけどの跡が残ってしまうこともありますので、薬を使用していることを故意に隠して脱毛を受けるのは絶対にやめましょう!

モモコ

薬の服用を黙って脱毛を受けるのは危険だから、絶対にしてはダメよ!

関連記事
脱毛サロン人気総合ランキングも参考にしてみてください*