尻毛脱毛方法

もここ吹き出し

どうしたら良いかわからないけど、ひとに聞くのも恥ずかしい…そんな方必見です!

普段、人に見せることはほとんどないものの、多くの人がひそかに悩んでいる「尻毛(けつ毛・ケツ毛)」。

水着や下着からのはみ出しのほか、ムレ・臭い・トイレの後の衛生面など、お尻の毛にはさまざまな問題があるため、「脱毛したい!」と考えている人も少なくないはずです。

でも、部位が部位なだけにどう処理したらいいのかわかりにくいのも事実。そこで、この記事では「お尻の毛をもっとも安全・確実に脱毛できる方法」について徹底検証していきます!

この記事のハイライト

尻毛の処理は難しい!あれば清潔感に欠ける部位Oラインの悩み

お尻の毛(けつ毛・ケツ毛)は、最近はOラインとも呼ばれます。お尻のほっぺ部分ではなく、肛門周りに生えている毛を指すことが一般的です。

量や生え方に個人差はあるものの、Oラインにまったく毛がない、という人はほとんどいないと思います。

そんなOラインの毛、多くの人が以下のような悩みを抱えているのです。

●夏場や暑い時、ムレてかゆい!
●臭う気がする…
●カミソリで剃ったらチクチクする!
●トイレの時、毛のせいでキレイにふき取れない
●生理の血が付いて不衛生(女性)
●毛がこすれて痛みを感じる
●ズボンのファスナーに毛が巻き込まれる(男性)

このように、肛門まわりの毛は何かとやっかいな存在です。大切な場所を守る役割もたしかにあるのかもしれませんが、現代社会ではないほうがメリットは多いですよね。

さらに付け加えるなら、年をとって介護を受けることになった時にも、お尻の毛はジャマになります。介護の仕事をしている人に聞いてみるとわかると思いますが、排せつ介助の時に、毛に付いた排せつ物がカピカピに乾燥していると、取るのが一苦労だからです!

もここ吹き出し

自分では見えづらいし、処理もしづらい部分だからこそ、ほかの人に見られる恥ずかしさも倍増ですよね…

尻毛を脱毛することのメリットデメリットは?

お尻の毛を脱毛すると、上で挙げたような悩みからスッキリ解放されますので、基本的にはメリットのほうが多いです。

ただし、脱毛のしかたによっては逆にデメリットが多い点にご注意ください。

尻毛を自己処理するときはデメリットの方が多いかも?!

尻毛脱毛の中でも、もっともデメリットが多いのは「カミソリ」です。

お風呂の時などに、手軽に剃れて便利ではあるのですが、そもそも肛門まわりは自分の目では見えないところ。鏡でも使わない限り、当てずっぽうで剃るしかないため、すこし間違えただけで流血してしまうこともあります。

さらに、肛門まわりの皮膚は薄くデリケートですので、カミソリのダメージを受けやすい部位です。ダメージが積み重なると色素沈着を起こして、見た目も悪くなってしまいます。

同じく「毛抜き」も避けたいアイテムです。あまり使う人はいないかもしれませんが、毛穴が炎症を起こして雑菌が入り込んでしまうリスクがあります。

尻毛の光脱毛やレーザー脱毛のメリットが大きい話

それではどんな方法ならメリットが大きいのかというと、やはりプロに施術してもらう光脱毛やレーザー脱毛がもっともオススメです。

光脱毛はサロン、レーザー脱毛はクリニックでおこなわれています。光脱毛は出力が弱く抑えられている分、回数を多く通う必要がありますが、痛みは少なめ。一方、レーザー脱毛は出力が高い分、少ない回数で脱毛が完了しますが、痛みはやや強めです。

どちらも、光やレーザーで毛根組織に熱を与えることで脱毛します。何度かこれを繰り返すうちに毛の再生能力が弱まって生えにくくなり、自己処理がほとんどいらなくなるため非常にラクです。

もちろん、やけどなどのリスクがまったくないわけではありませんが、サロンやクリニックには熟練のスタッフさんがそろっていますし、自分で見えない部位を処理するよりずっと安全といえるでしょう。

尻毛の処理におすすめの自己処理方法5選

「でも、場所が場所だからできれば自分で脱毛したいんだけど…」という方のために、尻毛の処理におすすめのセルフケアを5つご紹介します。

尻毛自己処理尻毛の処理にはブラジリアンワックスが人気でお手軽

ブラジリアンワックスは、その名のとおりブラジル発祥といわれる脱毛用ワックスです。

ブラジルといえば、リオのカーニバル。女性たちがきわどい衣装で踊っているのを見たことがある方も多いと思いますが、その陰で大活躍しているのが、デリケートゾーンの毛を処理できるブラジリアンワックスなのです。

ハチミツや砂糖を原料としたものが多いため、安全性は高いですし、慣れれば短時間でデリケートゾーン全体をスッキリ脱毛できます。

ただし、慣れるまではうまく抜けきらないことがあるのと、はがす際の痛みがあること、一時的な効果しかないことなどがデメリットです。

尻毛に脱毛・除毛クリームならデリケートゾーン用が安心

手軽なセルフケアといえば、脱毛クリーム・除毛クリームもあります。

ムダ毛の気になる部分に塗って少し放置するだけで、毛が溶けてしまう便利グッズですが、粘膜にちかい部位への使用はNGとなっている商品も多いです。お尻の毛に使う場合は、かならずVIO(デリケートゾーン)への使用OKかどうかを確認しましょう。

尻毛に脱毛石鹸は使える?全身まとめて薄くする

最近人気の脱毛石鹸は、普通に体を洗いながらムダ毛ケアができる石鹸です。

ただしほとんどの商品は、毛を溶かす「除毛」ではなく、生えてきにくくする「抑毛」の効果しかないため、石鹸を使っただけですぐに毛がなくなるわけではありません。あくまで補助的に使うアイテムと考えたほうがいいでしょう。

脱毛石鹸は全身に使えるものがほとんどですが、中には顔やデリケートゾーンに使用できないものもありますので、かならず事前に調べてください。

尻毛を確実に脱毛するなら家庭用脱毛器がベスト

脱毛効果の高さで選ぶなら、セルフケアとしては家庭用脱毛器が一番です。

家庭用脱毛器は、サロンと同じ「光(フラッシュ)」を使ったものが多いため、きちんと使用すればサロン並みの効果が期待できます。また、わざわざ予約をとって通わなくても、自宅ですぐに使える点も便利です。

ただし、VIOを脱毛できるかどうかは製品によります。とくにIラインとOラインは粘膜にちかいため、メーカーは推奨していないことも多いのです。

家庭用脱毛器の本体代は高く、数万円はしますから、せっかく買うならお尻の毛までしっかり処理できるものを選びましょう。

尻毛を手軽に処理するならシェーバーが便利

Oラインの脱毛にカミソリはよくありませんが、同じ剃るのでも電気シェーバーなら安全性は高いです。

カミソリと違って刃がお肌に直接あたらない構造になっているため、血が出るようなことはほとんどありませんし、お肌へのダメージも大きくありません。

ただしその分、シェービング効果はカミソリのほうが上です。電気シェーバーでは毛を根元から剃ることが難しいため、あっというまにポツポツしてしまいます。

また、毛が残るということはチクチクしやすいということでもありますので、Oラインの処理にはあまり向いていないかもしれません。

尻毛の処理から開放されたい!そんな人は光脱毛or医療脱毛

さまざまな自己処理の方法をご紹介しましたが、いずれにも共通しているデメリットは「定期的におこなう必要がある」ということです。それって、なかなか面倒ですよね。

自己処理から完全に解放されたい人には、やはりプロに施術してもらえる光脱毛または医療レーザー脱毛がオススメです。

光脱毛と医療レーザー脱毛がどう違うのかわからない方のために、簡単にご説明します。

尻毛の脱毛はサロンが人気!痛みも少なく価格も手ごろ

上でもすこし触れましたが、サロンでおこなわれている光脱毛は、レーザー脱毛ほどの威力はありません。

カメラのフラッシュを強くしたような光のパワーで、毛根に熱ダメージを与えるのですが、レーザーに比べると効果は格段に弱めです。したがって、満足のいく状態になるまでには回数を多く通わなくてはいけません(10回~20回)。

ただし、「効果がマイルド=痛みも強くない」ということですので、Oラインの場合はむしろメリットでもあります。VIOは、全身の中でもとくに脱毛の痛みを感じやすい部位だからです。

つまりサロンは、回数がかかってもいいから痛くない脱毛を受けたい方にオススメできます。

尻毛を確実に排除!医療脱毛(レーザー脱毛)で除去する

一方、クリニックの医療レーザー脱毛は、一点集中で強い熱を加えられる点が特徴です。

光脱毛が「毛根を弱らせる」のに対し、レーザー脱毛では「毛根を破壊する」こともできるため、脱毛効果は圧倒的に上といえます。個人差もありますが、およそ5回~10回で自己処理は格段にラクになるはずです。

ただしその分、痛みは強いため、とくに毛の量がまだ多い最初のうちは麻酔を使ってもらうことも考えましょう。幸い、医療機関であるクリニックでは麻酔を使えるのです。

何度か施術を受けて、だんだん毛の量が減っていくとともに、痛みもマシになっていきます。

もここ吹き出し

サロンでもクリニックでも、プロに施術してもらうのが安全だし確実に脱毛できますね。

尻毛脱毛(Oライン脱毛)できる脱毛サロン&クリニック情報

Oライン脱毛ができるサロンやクリニックの中から、とくにオススメのところをピックアップしてご紹介していきます。

尻毛脱毛できる脱毛サロン3選

ミュゼ

●ミュゼ

プラン 価格
Oラインのみ 15,000円~(8回)
VIOセット 45,000円~(6回)

脱毛サロン最大手のミュゼプラチナムは、部位別脱毛の安さに定評があります。

Oラインだけなら、「フリーセレクト美容脱毛コース」で8回15,000円から受けられますので、かなりリーズナブルです。

VIOのセット(ハイジニーナ7VIO脱毛コース)も、ミュゼのアプリをダウンロードするだけで6回45,000円から受けられます。

キレイも

●キレイモ

プラン 価格
月額定額プラン(全身) 月9,500円
パックプラン(全身) 114,000円(6回)

キレイモは全身脱毛専門のサロンのため、パーツごとのプランはありませんが、月々9,500円で全身33か所をまるっとキレイにできる「月額定額プラン」が人気です。

VIOはもちろん、ほかのサロンでは含まれないことも多いお顔の脱毛も受けられますので、頭の先から足の先まですべてツルツルになれます。

施術は2ヶ月に1回のペースです。また、分割払いとは違うため、やめたくなったらいつでもやめられます。

プリート

●プリート

プラン 価格
Oラインのみ 24,000円(6回)
VIOセット 52,500円~(6回)

銀座・新宿・上野・大宮・横浜に店舗のあるプリート(Pulito)は、VIOをまとめて脱毛できる「ハイジニーナ脱毛コース」がお得です。

プリートはVIOの範囲が広い点が特徴で、Vラインは骨盤エリア全体~太もも上部まで、Iラインは股の間~太ももの付け根付近までが対象となります。

また「スタンダードハイジニーナ脱毛」に加えて、美白ケアもできる「プレミアムハイジニーナ脱毛」も選択可能です。

2018年9月17日まで、創業17周年を記念して最大50%OFFが実施されています!

尻毛とさよなら脱毛クリニック3選

アリシアクリニック

●アリシアクリニック

プラン 価格
Oラインのみ 27,500円(5回)
VIOセット 61,900円~(5回)

全身脱毛の安さで有名なアリシアクリニックですが、Oライン脱毛も安く、5回27,500円という医療レーザー脱毛としては破格の料金を実現しています。8回でも39,600円です。

さらにお得なVIO脱毛セットは、5回61,900円(月額3,000円)から受けられます。

アリシアクリニックのVIOセットは、スタンダードな「ビューティー」と、Iラインの粘膜ギリギリまで照射してもらえる「スムース」の2コースある点が特徴です。スムースはビューティーより料金が高めですが、キワまでしっかりキレイにしてもらえます。

リゼクリニック

●リゼクリニック

プラン 価格
Oラインのみ 39,800円(5回)
VIOセット 99,800円(5回)

リゼクリニックのVIO脱毛は、ものすごく料金が安いというわけではないのですが、5回セットを選ぶと6回目以降が通常の半額以下になる点が大きな魅力です。

たとえばOラインなら、5回39,800円ですが、6回目以降は1回たったの6,300円で追加照射を受けられます。

ツルツル状態を目指したい方には、とくにオススメです。

クレアクリニック

●クレアクリニック

プラン 価格
Oラインのみ 31,104円(5回)
VIOセット 59,486円(5回)

新宿・渋谷に院を置くクレアクリニックも、リーズナブルな価格でOラインとVIO脱毛をおこなっています。

さらに、特典として「My電動シェーバーシステム(個人専用の電動シェーバーを保管・使用してくれるサービス)」と、「美肌パック2枚」が付いているのもうれしいポイントです。

また、クレアクリニックでは通常のVIOセットのほかに「デザインVIO脱毛」というコースも用意しています。こちらのほうが照射可能範囲は広いため、Oラインの毛が広範囲に生えている方などにオススメです。

尻毛のメンズ脱毛ならここが人気

ゴリラクリニック

●ゴリラクリニック

プラン 価格
Oラインのみ 45,000円(5回)
VIOセット 140,000円(5回)

ヒゲ脱毛で有名なゴリラクリニックですが、全身の脱毛に対応しています。

VIOセットが5回140,000円と、やや高額ではありますが、月々3,100円から分割払い可能です。

施術はすべて男性スタッフが担当してくれます。

ドクターコバ

●ドクターコバ

プラン 価格
Oラインのみ ・5回目まで:1回24,000円
・6回目以降:1回100円

銀座・大阪・名古屋に院を展開するドクターコバは、ほかにはみられない「無期限脱毛」をおこなっている点が最大の特徴です。

最初の5回目までは、1回ごとに24,000円を都度払いする必要がありますが、6回目以降はなんと1回たったの100円で施術を受けられます。

とくに男性は女性と比べてVIOの毛が多く、しつこく生えてきやすいため、100円で末永く追加照射してもらえるのはうれしいですね。

メンズリゼ

●メンズリゼ

プラン 価格
Oラインのみ 39,800円(5回)
VIOセット 99,800円(5回)

リゼクリニックの男性部門であるメンズリゼでは、女性と同じ料金で男性のVIO脱毛をおこなっています。

5回コースを選ぶと、6回目以降が特別価格で受けられますので、満足のいく状態になるまで何度も通いたい方にも安心です。

ただし、男性のVIOセット(デリケートゾーン脱毛セット)は、横浜・新潟・青森・盛岡・いわき・郡山・四日市の院ではおこなわれていません。

リンクス

●リンクス

プラン 価格
Oラインのみ 60,000円~(8回)
VIOセット 168,000円~(8回)

全国に多数の店舗を展開するメンズ脱毛専門サロンのリンクスでは、随時お得なキャンペーンを開催中です。

通常、Oライン脱毛は8回92,000円かかりますが、はじめてリンクスに通う方に限り、35%OFFの60,000円で受けられます。

しかも、リンクスでは8回コースを選ぶと、9回目以降の追加照射を80%OFFで受けることが可能です。たとえばOラインだけなら、1回2,940円で何度でもメンテナンスできます。

実際に尻毛を脱毛した人の口コミをチェック!どうだった?

「興味はあるけれど、実際どうなの?」と不安な方のために、Oライン脱毛を受けた人の口コミをSNSでリサーチしてみました。

●セルフケアをおこなった人の口コミ

●サロン・クリニックで受けた人の口コミ

Oライン脱毛は部位が部位だけに、あまり表だって「受けました!」と報告する人は少ないようです。

しかし、限られた数の口コミを見る限り「セルフケアでもサロンでも、痛いことは痛い」「それなら、サロンのほうがいかも」と考える人が多いことがうかがえます。

実際にサロンやクリニックでOライン脱毛を受けた人の口コミは、「痛かったけれど、受けてよかった!」という内容が大部分を占めており、「受けなければよかった…」という声はほとんどみられません。

尻毛の脱毛処理に関するまとめ

尻毛(けつ毛・ケツ毛)の脱毛方法についてご紹介しました。

ブラジリアンワックスや家庭用脱毛器などの自己処理もできますが、Oラインは自分の目で見えにくく、かつ粘膜にちかいデリケートな部位ですので、できればサロンやクリニックでプロに施術してもらったほうが安心です。

痛みに弱い方にはサロン、短期間でしっかり効果を上げたい方にはクリニックが向いています。

見た目だけではなく、衛生的にもないほうがいい尻毛。ぜひ脱毛して、さわやかなお尻を手に入れてください!