5

わたし

脱毛サロンって勧誘がしつこいって本当?

脱毛したいけど、勧誘が怖い!勧誘されたら断れる自信がない!そんな理由から脱毛に踏み切れない人が多いようです。

しつこく勧誘されると断りにくいですし、場合によっては怖い勧誘だって考えられます。

今回は、嘘のような本当の勧誘話を紹介したいと思います。

脅迫するわけではありませんが、勧誘には十分注意しましょう!
編集者の一言

トラブルを未然に防ぐには口コミや事前のチェックで勧誘のない優良脱毛サロンを選ぶことが大切です。

この記事のハイライト

◇目次◇

しつこい勧誘で軟禁?監禁?サインするまで拘束された!

4191
よくあるパターンのひとつです。安く脱毛体験ができるというキャンペーンに参加したときのこと。

脱毛サロンの接客営業スマイルに騙されるな!

気さくで優しいスタッフの対応に、すっかり安心しきっていたのはなんだったのか・・・。脱毛体験が終了した後、全身脱毛のコース案内と申込書を渡され「一度ご覧いただきご検討下さいね♪」とにこやかにスタッフが部屋から出ていきます。

その際に「ガチャッ!」と鍵を閉められたのです。のんきな私は「あ~個人のプライバシーを守るために、かなりしっかりとしたセキュリティーなんだな~!」と感心していました。

2時間の拘束でやっと開放・・・。サインするまで帰さない!

4192
5分後くらいにスタッフが戻ってきて一言「記入とサイン終わりましたか?」と。

さすがの私も反論しましたが、まったく聞き耳持たずに「サインしろ」の一点張りです。

脱毛しないとダサいとか、今しなくてどうすんの?それでも女子なの?くらいの勢いでゴリ押ししてきます。断り続けて約2時間、やっと相手も折れたのか部屋から出してもらい無事帰宅。

まさか、自分がこんな勧誘に合うとは夢にも思っていませんでした。それに、私の場合は意思が強く、最後まで断り続けることができました。

もし、断りきれなかったら30万以上の契約をさせられていたことになります。それに、スタッフが女性だったから良かったですが、もしこれが男性スタッフだったら・・・考えただけでも怖いですね。「そんなお金ありません」といっても、ローンがあるからとか分割できるとか、何が何でも契約するように仕向けてきます。

 

もここ吹き出し

もし、こんな勧誘にあった場合には、強い気持ちできっぱりとお断りしましょう!皆様の教訓になれば幸いです。

脱毛で恐怖体験したくないなら、事前リサーチが大切です!

脱毛してみたい!脱毛に興味がある!と思ってもさぁすぐにしよう!という人は少ないですよね。少なからず「不安なこと」があって当然です。上記の体験談のように、実際に怖い思いをしたことがある人・・・全体で見れば少数かもしれませんがいるんです。

だからこそ、口コミサイトがよく閲覧されているんですよね。

気持ち良く、安全かつ満足した脱毛ができるように脱毛サロンを探す際に多くの方が不安に思っている事を紹介し対策をまとめたいと思います。

「勧誘がしつこい」って本当?怖くてカウンセリングさえも行けません!

「エステ・サロン=勧誘される」と思っている人が多いです。

最近では脱毛専門で行っているサロンが多いのでエステ勧誘が減ってきたとはいえ、まだ勧誘が行われているのが現実。実際お願いしたいコースとは別に違う部位や違うコースを勧誘されたりとか、付属の化粧品類を勧められるなんて話もあります。

エステサロン側としては多くお金を払ってくれた方が利益になりますもんね。

通い始めたのはいいけれど、「予約がとれない」って本当?

脱毛は毛の周期にあわせて光を当てて行くので2ヶ月に1回くらいが目安ですが、人気すぎて同じ店舗で2ヶ月に1回の施術予約が取れなくて家から遠いサロンや関係のない場所のサロンでの施術をすることになった。とか、どうしても都合が悪くて他の日にちに予約を変更したかったけれど1ヶ月先になってしまう。

サロンによってはキャンセル料が生じてしまうところもあるとか!

脱毛サロンの予約に関して不安があるなら・・・

予約に関してはどうしても都合が悪くなるのはしかたがない事ですが、「予約のキャンセルや変更は早くサロンへ電話すること!」またサロンによってはインターネットで予約変更ができる所もあるので予約の取りやすさもしっかり事前に調査して自分のニーズにあったサロンを選ぶことが大事です。

勧誘のない脱毛サロンを選ぶ見極めポイント

脱毛サロンに行ってみたいけど勧誘を断るのが難しそうと思っている方に!
勧誘を受けないサロンを選ぶことも大切です。
どんなサロンだと勧誘されないかご紹介していきます。

「勧誘しません」宣言があるかを事前にチェック

脱毛サロンに行くとしつこく勧誘されたとの口コミもありますが、最近ではホームページに「勧誘はしません」と宣言しているサロンも数多く出てきました。
気になる脱毛サロンで予約する際にでも、勧誘について書かれているか事前にチェックしておくことがポイントです。
万が一強く勧誘されてもいらないときは、「はっきりと断ること」が一番ですが、多少のコースの案内はどのサロンでもあるのであまり過剰にならないのも大事です。

脱毛サロンで勧誘された方にアンケート調査

実際に脱毛サロンを受けた方にどの程度勧誘されたのかアンケート募集をした結果

プランのおすすすめ程度を受けた方がが66%
強引な勧誘をされた方が23%
勧誘がなかった方は全体の10%になりました。

 

さらに断れたのか、契約する結果になったのかのアンケートでは60%の方が断れたとなりました!
どのように回避できたのでしょうか?

勧誘されても断れた方の体験談

キャンペーンの脇と数回(4回くらい)の選べるパーツを契約予定だったのですが、パーツの回数を増やすように強引ではないもののしつこめに勧誘がありました。

 

他社でほぼ全身脱毛が完了していることを強調し(本当はまだまだ完了していない)断りました。

あと、私は家庭用脱毛器も持っていたので自分でできる所はやるから大丈夫だと言って断りました。家庭用脱毛器で対処すると強調したのは効果的な方法だと思います。

 

お金がないと言えば、きっとローンを勧めてくるだけだと思うので、少しでも興味のあるそぶりを決して見せずに、「すみませんが、説明を聞いたとしても興味がないのでいらないです」とズバッとはっきり早い段階で否定したら、それ以上言ってこなかったです。

 

これから仕事が忙しくなるから落ち着いたら考えてみると言ったら大丈夫でした。

 

勧誘で契約した場合の体験談

脱毛サロンの全身脱毛12回を契約した後に、今なら追加金額50万円で通い放題にしてもらえると言われました。私の体毛の濃さであればおそらく12回ではなくならないと強く説得されました。

通い始めて3回目のときに強く勧誘されたため、自分の仕事内容や実家で暮らしているという状況も話をすでにしてしまっていました。お金がないという言い訳をできなかったため、一度契約して家に帰りました。その後、家族に相談した結果お金の無駄だと言われたことを理由に、クーリングオフさせてもらいました。

 

お試し体験の時にしつこく勧誘されました。初めての施術の時に色んなコースを勧められたので困ってしまい「脱毛の効果を実感できたら考えます」と答えました。
それでもしつこいので「金銭的に厳しいです」と言うと、ローンの契約内容を説明された。

脱毛サロンの勧誘を上手に回避する断り方

最近の脱毛サロンでは口コミを重視する傾向なので無理な勧誘は少ないのが本当のところです。
そのかわり、勧誘ではなくある程度のおすすめ紹介などはあると思っていたほうがいいかもしれませんね。
そういった場合でもスムーズに断れる方法をアンケート結果も参考に詳しくご紹介!

接客前のカウンセリングアンケートに「勧誘をしないでほしい」と記入

初めての脱毛サロンに行くとまずカウンセリングを受ける前にアンケートを記入することがほとんどではないでしょうか。
その備考欄にでも「勧誘をしないでください。」と一言書くだけでスタッフに言葉に出さずに伝わるので、一番簡単な解決策でもあります。

中にはそれでも勧誘される場合もあるでしょう。
その場合の断る理由のポイントが職業になります。

職業によって断る理由を使い分ける

  • 学生、主婦は決定権が自分ではないことをアピール
  • アルバイト、会社員は時間がない、予約をしてもキャンセルの可能性ありと伝える

 

一番断りやすい職業が「専業主婦」「学生」または「無職」ではないでしょうか。
スタッフに勧誘されても自分一人では決められない。相談しなければいけない。と言うだけでそれ以上、話を勧められることはないでしょう。

会社員やアルバイトなら忙しくて時間がないことをアピールすることがおすすめです。
もし契約しても来ることができない。キャンセルばかりになると言った印象になれば無理な勧誘にはならずにすみます。
それでも勧誘される場合は家族に相談してみると言ってみるのがいいでしょう。

勧誘にこの言葉はタブー!あいまいな断り方

勧誘される脱毛サロンに行ってしまった場合、スタッフの人もいろんなプランを紹介してお得度や今がおすすめとアピールしてくると思います。
その内容が本当に自分にとってメリットになればいいのですが、必要ないと感じた場合はどうやって断ればいいのが困ってしまいますよね。

その場合にはっきりと必要ないと言えればいいのですが、断ることが苦手な人にとってあいまいな断り方をしてしまう良くない例を紹介していきます。

お金がないは断る理由にならない

断る理由に「お金がない」ことをアピールするといいのでは?と思うかもしれませんが、そうなると「月々いくらなら払えますか?」という具合に月払いや分割払いを提案される場合があります。
そういった場面を回避するためにもお金を理由にして断るのはおすすめしません。

また今後や検討しますでは断れない

その場をなんとか切り抜けようと「ちょっと考えます」に対しては「このプランは今日決めてもらうと適用できます」などと決断を急がせる場面もよくあります。
この場合は「今は決められない」もしくは「今日中に連絡します」とその場は帰って電話で断るのも方法だと思います。電話だと言いやすい&スタッフも引き下がってくれることでしょう。

さらに「肌トラブルが心配なので、肌の調子を見て決めたい。」というのも体験プラン後の勧誘を切り抜けるには効果的です。

友達と一緒に行くか、施術後に予定を入れておくこともおすすめ

しつこく勧誘される場面そのものを回避したい場合は、友達と一緒にいくと必要ないプランは要らないと言ってもらうか、意見を合わせることで言いやすくなるでしょう。

もここ吹き出し

一人で施術する場合、この後予定があって急いでいること予め伝えるか、急いでいて時間がないことをアピールするのもいいでしょう。

しつこい勧誘を断れなかったトラブルの対処法

不本意な契約をしてしまった場合や、必要以上の契約を解約したい場合にはクーリングオフを申請することで「契約解除」が可能になります。

クーリングオフを活用する

ただしクーリングオフを利用するには期限や金額の条件があるので適用されるのか、手続きなどの方法はこちらに詳しくまとめています。

脱毛の勧誘に関するまとめ

やっぱりサロンやエステというと勧誘という言葉が連想されますが、それがすべてではありません。たしかに、嫌な思いをすることもあるかもしれません。怖い経験も絶対にないとは言い切れません。
しかし、脱毛サロンでの勧誘は、ほとんどの場合「スタッフの心遣い」です。

・この契約の方が断然お得ですよ。後からもっとやりたくなって契約すると高くなっちゃいますよ!(キャンペーンやお得なセットプランのおすすめ!など)
・こっちのプランにしたほうが、結果的にキレイな脱毛ができますよ!
(背中と二の腕や襟足をセットにしたほうが境目がきれいになる!など)

 

「勧誘」を怖がりすぎず、捉え方を変えてみるのも一つの手段です。もちろん、口コミや恐怖体験を教訓にしておくのも忘れずに・・・。

もここ吹き出し

せっかくキレイになるチャンス、気持ち良く楽しく脱毛しましょう!

関連記事→3ヵ月無料特典がすごい!全身脱毛coloréeコロリーの価格や予約状況