家庭用脱毛器のトラブルと対処法

自宅で好きな時に使えて便利な家庭用脱毛器ですが、サロンやクリニックのようにスタッフさんが管理してくれるわけではないため、自己流で使ってしまう人も多いといわれます。
編集者の一言

その結果、思わぬトラブルが起きてしまう例も報告されていますので、いくら家庭用に安全に作られた製品といえども油断は禁物です。
そこで、家庭用脱毛器によるトラブルの例や、安全に使用するための注意点などをまとめてみました。

家庭用脱毛器を使い続けるリスクや副作用は?

家庭用脱毛器では、やけどや色素沈着などのトラブルが起きることもあります。

ただし、正しく使っている分には大きなトラブルが起きることはまずありません。気をつけたいのは、使い続けるうちにどんどん使い方が自己流になったり、クーリングや保湿などのケアが手抜きになってしまったりすることです。

家庭用脱毛器によるトラブルのほとんどは、正しい使用法を守ることで防げますので、慣れてきても油断しないようにしましょう!

家庭用脱毛器で起こりやすいトラブル

実際に家庭用脱毛器で起こりやすい肌トラブルをいくつかご紹介します。

火傷や腫れ

もっとも多いのは、やけどや、炎症による腫れなどです。
原因としては、照射レベル(出力)の上げすぎ・不十分なクーリングなどが考えられます。また、服用している薬の副作用で「光線過敏症」になることもあるため、何らかの薬を使用している方は注意が必要です。

色素沈着

家庭用脱毛器の使用によって、照射した部位に色素沈着が起きてしまうケースも報告されています。
この場合もやけどと同じく、「照射レベルの上げすぎ」が原因かもしれません。肌はダメージを受けると、自らを守るためにメラニン色素をたくさん作るため、脱毛が刺激になってしまうと色素沈着を起こすことがあるのです。

また、照射後のお肌は乾燥していますので、その状態のまま放置すると黒ずみやすくなります。照射後は、しっかりと保湿ケアをおこなうことが大切です!

埋没毛(埋もれ毛)

埋没毛とは、皮膚の中に埋もれてしまった毛のことです。
カミソリなどの自己処理を続けることでできやすいのですが、家庭用脱毛器を使った後も、うまく抜けきらなかった毛が皮膚の下にとどまってしまうことがあります。

気長に待っていれば自然と排出されることが多いのですが、気になる方は皮膚科に相談してみてください。

家庭用脱毛器でのトラブルを回避する使い方と対処法

トラブル回避のポイント

家庭用脱毛器による肌トラブルを防ぐためにも、正しい使い方と対処法をマスターしておきましょう。

肌に脱毛器を押し付けない

家庭用脱毛器は、ハンドピースを脱毛したい部位に密着させて使いますが、この時に強く押し付けすぎるとやけどの危険性があります。照射部と肌の距離が近すぎて、ダメージが強くなってしまうからです。

最近の家庭用脱毛器は性能がいいため、軽く密着させるだけでも十分に効果があります。ぐいっと押し付けないように気をつけましょう。

剃り残しがないか確認(ホクロやシミ部分には保護が必要)

家庭用脱毛器を使う前には、脱毛部位のシェービングが必要です。
しかしこの時に剃り残しがあると、毛がコゲたり、やけどを起こしたりする可能性があります。レーザーや光はメラニン色素に集まる性質があるからです。

同じく、ホクロや色の濃いシミなどもメラニン色素を多く含んでいますので、そのまま照射するとやけどの原因になります。かならず絆創膏や白いテープなどで保護しましょう。

冷却を十分にする

家庭用脱毛器を安全に使用するためには、十分なクーリングが必須です。

クーリングには、肌の炎症を抑えてやけどを防ぐ目的と、冷たさで皮膚感覚をマヒさせて痛みをやわらげる目的があります。専用の保冷剤が付属している商品も多いと思いますので、かならず前もって冷凍庫に入れておきましょう。

また、保冷材は照射した後だけではなく、照射する直前にもあてておくことがポイントです。すこし面倒かもしれませんが、1発の照射ごとに「冷やす→照射→冷やす」という作業をおこなうことで、熱による肌トラブルや痛みを防げます。

家庭用脱毛器を安全に使用するために守るポイント

家庭用脱毛器を安全に使うためにも、以下のポイントはかならず守るようにしてください。

生理中や生理前の肌が敏感になっている時期は避ける

生理期間中は、ホルモンバランスの乱れによってお肌が敏感になりやすいため、家庭用脱毛器の使用はオススメできません。

ムリに脱毛すると、普段より痛みを強く感じる可能性がありますし、やけどや色素沈着が起こすリスクも高まります。
よほど差し迫った事情があるわけではない限り、基本的に生理期間の使用は避けるようにしましょう。

顔やVIOなどのデリケートな部分は使用可能か事前にチェック

家庭用脱毛器は、商品によって使用できる部位が決まっています。

とくに顔やVIOなどのデリケートな部位には、使用できないものが多いです。「ネットを見たらみんな使ってるし…」と安易に手を出さず、基本的には説明書にしたがいましょう。

参考として、人気の家庭用脱毛器の使用可能部位について、とくに顔とVIOに使用できるかどうかをリサーチしてみました(公式の取扱説明書などを参照)。

  VIO
ケノン
(Vラインのみ)
LAVIE(ラヴィ)
(Vラインのみ)
トリア
(鼻から下のみ)

(Vラインのみ)

ケノンは男性のヒゲ脱毛にも使用できるため、顔脱毛OKですが、いずれの脱毛器でも、目元や、粘膜に近いIライン・Oラインへの使用は禁止されているはずです。
ちなみに、ケノンには、眉毛専用の脱毛器がおまけとして本体に付属されています。

まずはお手持ちの脱毛器の説明書を見て、使用できる部位とできない部位を確認してみてください。

照射レベルは低めのレベルから設定

家庭用脱毛器では、出力を自分で設定できるようになっていますが、最初はかならず1番低いレベルにして照射テストをおこないます。腕や手の甲などに照射してみて、とくに異常がないことを確認してから、使用したい部位に照射してみましょう。

その際も、まずは一番低いレベルから始めて徐々にレベルを上げていき、ムリのないところでストップします。痛みが強い場合は、すぐに下げてください。

かといって、あまり低く設定しすぎても肝心の脱毛効果を得られませんので、基本は「少しずつレベルを上げていって、痛みに耐えられる範囲内でなるべく高めに設定する」ことがポイントです。

脱毛したい箇所の日焼けを避ける

光やレーザーを使った脱毛では、日焼けは原則「厳禁」です。

日焼けすると皮膚のメラニン量が増えるため、光やレーザーが皮膚にも集中してしまいます。その結果、脱毛効果が低くなるのみならず、やけどや激痛につながるおそれがあるのです。
どうしても外で活動しなければいけない場合は、しっかりと肌をガードして日焼け防止に努めましょう。

家庭用脱毛器の気になる疑問

家庭用脱毛器の気になる疑問

ここでは、家庭用脱毛器の安全性にまつわるさまざまな疑問を集めてみました。

敏感肌・アトピー肌に使用可能?

敏感肌やアトピー肌の人の使用が可能かどうかは、商品によって異なりますが、基本的には禁止、もしくは医師に相談するなどして慎重に使用することが推奨されています。

もし使用する場合は、最初の照射テストはかならずおこなってください。また、現時点で炎症を起こしている部位に照射するのはもちろんNGです。

そして重要なのが、「薬を使用しているかどうか」です。治療のためにステロイド剤などの薬を使っている場合は、脱毛器によって光線過敏症が引き起こされる可能性があります。塗り薬・飲み薬・湿布薬いずれを使用している場合も、照射は原則NGです。
不安な方は、医師に相談の上で使うようにしましょう。

子供でも使える脱毛器は?何歳から使用できる?

最近は小学生から脱毛に興味のある子が増えていますが、ほとんどのサロンやクリニックでは最低でも16歳、もしくは女の子なら月経周期が安定してからの施術を推奨しています。

しかし家庭用脱毛器は、サロンやクリニックの脱毛に比べると出力が弱い分、子供にも比較的安全です。たとえば一番人気の「ケノン」は、親子でいっしょに使用する人も多くみられます。

ただし、取扱説明書には「子供と高齢者」には使用しないよう注意書きがありますので、決して公式に推奨されているわけではありません。少なくとも、小学生未満の幼児への使用はやめておきましょう。

また、子供の皮膚は大人と比べて薄くデリケートですので、大人以上に慎重に使う必要があります。照射レベルを上げすぎず、しっかりとクーリングしながらムリのない使い方を心がけたいものです。

効果的なのは何日おき?

家庭用脱毛器はいつでも気が向いた時に使えるため、かなりの頻度で使ってしまう人も多いようですが、肌に負担をかけないためにも決められた間隔を守ることが大切です。
参考として、人気の家庭用脱毛器がそれぞれ推奨する使用間隔をご紹介します。

脱毛器の種類 使用頻度
ケノン 約2週間おき
LAVIE(ラヴィ) 1週間~2週間おき(部位による)
トリア 2週間おき

多くの家庭用脱毛器では、最初は毛周期のサイクルに合わせて2週間に1度の照射をすすめています。
レーザー式のトリアでは、腕や脚などの薄い毛は2週間おき、ワキやVラインなどの濃い毛は1週間おきに照射し、その後徐々に間隔をあけていくことを推奨しています。

もここ吹き出し

いずれにしても、数回照射したくらいではまだ毛根が十分に弱っていませんので、決められた間隔をあけて根気よくケアを続けることが脱毛成功のポイントです。

決められた以上の頻度で照射しても、毛周期の関係で十分な効果は得られませんし、お肌への負担も大きくなってしまいますので、ひかえるようにしましょう。

家庭用脱毛器のトラブルまとめ

家庭用脱毛器を安全に使用するためのコツについてご紹介しました。

家庭向けに安全に作られているものの、使用法を間違うとやけどや炎症などの肌トラブルが起きることもあります。

もここ吹き出し

とくに、同じ部位に短期間で何度も照射したり、体やお肌の状態がよくないのにムリに使ったりするのはハイリスクです。

ここでご説明したことと商品の取扱説明書を参考に、安全な使い方をしてくださいね!