家庭用脱毛器の効果的な使い方

「脱毛は自宅派!」という方にとって便利なのが、家庭用脱毛器です。最近はさまざまな商品が登場しています。
本来、サロンやクリニックでしか受けられない光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛を、出力を抑えることで自宅でも使えるようにしたものが家庭用脱毛器です。

手軽に使えて一定の効果も期待できるメリットがありますが、正しい使い方をしなければ思うような効き目を得られない上、やけどなどのトラブルが起きる可能性もあります。
そこで、家庭用脱毛器の効果的な使い方や注意点についてまとめてみました!

家庭用脱毛器の効果的な使い方には「冷却」がポイント

効果的な使い方

家庭用脱毛器の効果をフルに発揮させるためには、正しい使い方をマスターしなくてはいけません。
まずは、基本的な使い方から見ていきましょう。

脱毛前に処理したい部分の毛を剃る

サロンやクリニックに通う場合と同じく、家庭用脱毛器を使う前にも脱毛部位のシェービングが必要です。
光やレーザーはメラニン色素に反応する性質をもつため、毛を伸ばしっぱなしのまま照射すると毛がコゲたり、やけどを起こしたりしてしまいます。

かといって、毛抜きやワックスなどを使うと毛穴の中の毛まで根こそぎなくなってしまいますので、かならずカミソリかシェーバーで処理することが大切です。シェービング直後のお肌は敏感な状態になっていますので、できれば照射直前ではなく前日におこないましょう。

シミやホクロをテープで保護

照射前にしなければいけないことの1つが、シミやホクロの保護です。
ホクロはメラニン色素の集まりですので、光やレーザーを照射するとやけどのリスクがあります。同じくシミも、とくに色の濃いものは注意が必要です。

家庭用脱毛器を使用する場合は、かならず絆創膏や白いテープなどを貼って隠しておきましょう。修正液も、ていねいにつければカバー力は高いです!

処理前の肌を冷却すると、出力レベルが高くても痛みが感じにくい

レーザーであれフラッシュであれ、家庭用脱毛器を安全かつ効果的に使うためには「冷却(クーリング)」が必須です。実際、多くの家庭用脱毛器には保冷剤がセットになっていると思います。

肌を冷やすおもな目的は、「やけど予防」「痛み軽減」の2つです。

家庭用脱毛器は安全性が高いとはいえ、照射によって肌温度はどうしても高くなります。しかし十分にクーリングすれば、やけどを防ぐことは可能です。
また、お肌をキンキンに冷やすと皮膚感覚がマヒしますので、麻酔と似たような効果も期待できます。とくに出力レベルを高くする場合は、十分なクーリングが必要です。

そのためにも、クーリングは1発ごとに、照射前と照射後のどちらにもおこなうようにします。数秒置いただけで冷却効果はあっというまに失われますので、かならず照射の直前と直後にお肌を冷やすようにしてくださいね。

処理後はしっかり保湿!

脱毛でキレイなお肌をゲットするためには、アフターケアとして保湿も重要です。
光やレーザーを照射した後のお肌は乾燥しやすい状態になっています。乾燥はお肌の大敵ですし、紫外線の影響も受けやすくなりますので、脱毛後はたっぷりの水分を与えてあげましょう。

ただし、照射前に化粧水やクリームを使用するのはNGです。逆に脱毛効果が落ちたり、やけどの原因になったりしますので、かならず照射後に使うようにしてください。

家庭用脱毛器はどのぐらいの頻度・間隔が効果的?

家庭用脱毛器は、サロンやクリニックと違って「次は〇週間後に来てください」と言われるわけではないため、使用する間隔を自分で決めなくてはいけません。

中には、本来より多すぎる頻度で使用してしまう人もいるのですが、さほど効果が期待できない上に肌トラブルのリスクも増しますので、かならず説明書どおりの間隔で使うことが大切です!

基本的には「毛周期」というサイクルに合わせて、最初は約2週間の間隔で使えば間違いはないと思われます。その後も、同じ部位への照射は最低2週間あけるようにしてください。

もここ吹き出し

くり返すうちにだんだん毛の生えるスピードが遅くなれば、もう少し間隔をあけてもいいでしょう。

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器は、家庭用に安全性を考えて作られてはいますが、間違った使い方をしてしまうと当然ながら危険もあります。
家庭用脱毛器を安全に使うための基本を押さえておきましょう!

照射時は目の保護が必須!

家庭用脱毛器には、サングラスが付属していることが多いと思います。これはもちろん、光から目を守るためです。

最近の家庭用脱毛器は、ハンドピースがぴったりお肌にくっついていないと照射されない安全設計になっているものがほとんどですが、万が一強いフラッシュやレーザーを直接見た時のことを考えますと、保護用のサングラスをしたほうが安心です。

慣れてくると使わなくなる人も多いのですが、何かあっても自己責任になってしまいますので、かならずかけるようにしましょう!

脱毛器を使った当日のお風呂は控える

家庭用脱毛器を使った後のお肌は多少の熱をもっていますので、当日の入浴はひかえるように説明されている商品が多いと思います。

さらなる熱を与えないためにも、照射後24時間は湯船につからず、ぬるめのシャワーにとどめたほうが安全です。もちろんサウナもひかえます。
また、塩素で消毒されたプールもお肌への刺激になりますので、48時間くらいは避けたほうが無難です。

脱毛器を使っている期間の日焼けは禁物

脱毛サロンやクリニックでは、施術に通っている間の日焼けを禁止されますが、それは家庭用脱毛器でも同じです。

脱毛に使われる光やレーザーは、毛のメラニン色素に反応するものが多いため、日焼けをしてお肌のメラニン色素が増えてしまうと、そちらにも光やレーザーが集中してしまいます。その結果、強い痛みややけどにつながるおそれがあるのです。

脱毛器を継続的に使いたい方は、その間、少なくとも無防備な日焼けはひかえるようにしましょう。仕事などでどうしても戸外へ出る機会が多い場合は、長袖・手袋・強力な日焼け止めなどでしっかりお肌をガードすることをオススメします。

家庭用脱毛器の効果がない。その場合のチェック事項

「ちゃんと使っているのに、家庭用脱毛器の効果がいまいち感じられないんだけど…」という方は、ぜひ以下のポイントをチェックしてみてください。

出力レベルが低すぎる?

家庭用脱毛器では照射レベル(出力)を選べますが、あまり低く設定していると十分な効果が望めません。
低いほうが痛くないですし、気持ち的にも安心なのですが、たとえば1~10まで設定できる場合、5以下ですと十分な脱毛効果は期待できない可能性があります。

部位や肌質にもよりますが、最初は低いレベルから様子見をして問題なければ少しずつ上げていき、最終的にはレベル8くらいで照射したほうが効果は確実です。もちろん「痛みを我慢できる程度」にとどめておきます。

もここ吹き出し

基本的に剛毛であるほど痛みは強いため、ワキやVIOなどは少し弱めの設定にしたほうが安全です。逆に、手足などの薄い毛はある程度レベルを上げてしまっても問題ないことが多いと思います。

毛質と脱毛器の相性は?

思うような効果が現れない場合は、もしかしたら毛質と脱毛器の相性が合っていないのかもしれません。
家庭用脱毛器はほとんどが光(フラッシュ)脱毛ですが、数は少ないもののレーザーを使用しているものもあります。それぞれの毛質との相性は以下のとおりです。

  フラッシュ・光脱毛 レーザー脱毛
剛毛・太い毛
産毛や細毛
白髪

フラッシュ式もレーザー式も、メラニン色素に反応することで脱毛するものが多いため、メラニン色素の多い太く濃い毛は大得意です。たとえばワキやVライン、男性の濃いスネ毛などは、基本的にどの家庭用脱毛器でも効果は高いと思われます。

一方、産毛や細い毛、白髪などは家庭用脱毛器の苦手とするところです。とくにフラッシュ脱毛の場合、かなり出力を上げて何度も繰り返さないと効果が出ないこともありますし、白髪にいたってはほとんど効き目がないことも考えられます。

それはレーザーでも同じなのですが、レーザーのほうがハイパワーな分、フラッシュ式よりもある程度の効果が期待できる可能性はあります。それでも、さすがに白髪となると家庭用脱毛器では難しいです。

色素の薄い毛をキレイに脱毛したい場合は、家庭用脱毛器ではなくクリニックの脱毛に行くのが一番確実です。とくにダイオードレーザーは産毛や色の薄い毛を得意としているため、「ライトシェアデュエット」「メディオスター」「ソプラノ」などのシリーズを導入しているクリニックに相談してみることをオススメします。

家庭用脱毛器を正しく使えている場合の、毛の抜ける平均日数

家庭用脱毛器を正しく使えていると、照射後にポロポロと毛が抜け落ちてきます。家庭用脱毛器を使っていて一番楽しい瞬間かもしれません。

毛が抜けるタイミングは、実は2回あって、1回目は照射後すぐです。光やレーザーによって毛のタンパク質が変性し、すぐに抜け落ちてきたもので、このことを「ポップアップ現象」といいます。とくに太く濃い毛で起こりやすいようです。

大部分の毛が抜け落ちるのはもう少し後の2回目のタイミングで、照射後5日~2週間ほどで起きます。自然にスルスルと抜け落ちてくる感じです。

こうして一度はお肌がツルツルの状態になりますが、1度や2度の照射ではまだ毛根が弱り切っていないため、しばらくたつとまた皮膚の表面に顔を出してきます。何度か照射を繰り返して、気にならなくなる程度まで根気よくケアを続けていきましょう!

家庭用脱毛器の使い方のまとめ

今人気の、家庭用脱毛器の効果的な使い方や注意点などについてご紹介しました。
編集者の一言

家庭用脱毛器は自己流で使ってしまう方も多いのですが、本来の効果を発揮させるためにも、説明書に沿って使うことが大切です。とくにクーリングは、やけど防止と痛み軽減のために必須の作業ですので、気を抜かずしっかりとおこないましょう。

また、産毛や白髪は不得意とする脱毛器が多いです。回数を重ねても思うような効果が現れない場合は、クリニックに通うことを検討してみてもいいかもしれません。