脱毛ローラー

手軽にセルフ脱毛できるグッズがいろいろ発売されていますが、その1つに「脱毛ローラー」があります。名前のとおり、お肌の上をころがすことで脱毛できる商品です。

ただし、小顔ローラーのようなコロコロではなく、コイル(スプリング)が付いている点が特徴となっています。

ドラッグストアや100円ショップでも売られているリーズナブルな商品ですが、一体どうやって使うのか?効果はいかほどなのか?などについて、くわしくご紹介していきます!

もここ吹き出し

売ってるのは見たことあるけどホントに効果あるのか気になってた人必見です!

この記事のハイライト

脱毛ローラーってどんなもの?

脱毛ローラーとは、コイル(スプリング)をムダ毛の気になる部分にころがして使う、家庭用脱毛グッズです。

いろいろな商品が出ていますが、コイルに持ち手がついていて、そこを持ったまま肌表面にコイルをころがす…というのがスタンダードなタイプとなっています。

顔に使える小ぶりなサイズのほか、背中に使える持ち手の長いものも売られていますよ♪

脱毛ローラーの原理について

脱毛ローラーは、「コイルをころがして産毛をからめ取る」というしくみになっています。

とても細かいコイルが使われているため、それを肌に密着させながらころがすと、自然に産毛がからまって抜けるのです。

この原理は、「スレッディング(糸脱毛)」にすこし似ています。スレッディングでは、極細の糸を利用して産毛をからめ取りますが、脱毛ローラーではコイルを使うということです。

もここ吹き出し

脱毛ローラーは短くて細い毛を抜くのに向いています。

脱毛ローラーの正しい使い方について

脱毛ローラーの使い方

脱毛ローラー カミソリ ワックス 家庭用脱毛器
効果
痛み × ×
肌への負担
手間
価格

脱毛ローラーの使い方は商品にもよりますが、基本的には持ち手をにぎって、コイル部分をお肌にあててゆっくりところがします。その際、毛の流れとは逆方向にころがすと抜けやすいです。

慣れないうちはうまくできないかもしれませんが、コツをつかめばスピーディに脱毛できますし、脱毛器では反応しにくい産毛もスッキリ除去できます♪

ほかのセルフ脱毛と比べても、脱毛ローラーは「手間と費用がかからない」点が魅力です。毛根から抜き取れますので、カミソリよりも効果は長続きします。

脱毛ローラーの使用頻度はどれくらい?

脱毛ローラーの使用頻度は厳密に決まっていませんが、毛の再生サイクルを考えますと週に1回か、人によっては2週間に1回でも十分かもしれません。

脱毛ローラーは、抜く際にお肌へ多少の負担をかけてしまうため、あまり頻繁すぎる使用はひかえたほうが無難です。とくに同じ部位への使用は、なるべく数日間あけることをおすすめします。

脱毛ローラーが使える部位は?全身?背中は?

脱毛ローラーは、基本的に産毛の処理に向いているため、顔・腕・足・背中などへの使用が最適です。背中には、持ち手が長く作られた専用のローラーが販売されています。

逆に向かないのは、眉毛・脇毛・Vラインなどの太く濃い毛です。ムリに使用しても抜けないことが多い上、強い痛みを感じる可能性がありますので気をつけましょう。

脱毛ローラーって結局自己処理でしょ?肌への負担やトラブルは?

手軽で便利な脱毛ローラーですが、毛根から引っこ抜く方法ですから、たしかにお肌への負担はゼロではありません

毛が抜けた後の毛穴は開いた状態になっているため、使用後は化粧水などで引きしめないと肌荒れを起こすこともありますし、ひどい場合は雑菌が入って炎症を起こすこともあります。

商品の説明書にも、「使用後は化粧水でケアしてください」と書かれているものが多いと思いますので、かならず守りましょう。

また、脱毛ローラーはコイルでできているため、金属アレルギーの方はアレルギー症状にも注意が必要です。

脱毛ローラーって痛くないの?

上の表にもあるように、脱毛ローラーはセルフ脱毛の中でも痛みは強めです。

産毛が短く細い人は、それほどでもないかもしれませんが、長く太い人ほど抜ける際に痛みを感じやすくなります。

痛みが強いということは、毛穴への負担も大きいということですので、我慢できない場合はムリに使わないことが大切です。自分に合った脱毛方法を選びましょう。

もここ吹き出し

毛を抜く脱毛なので、痛みもあるしケアも大事です。毛穴を引き締め肌トラブルを減らすためにもしっかり保湿しましょう。

人気の脱毛ローラーおすすめ5選

脱毛ローラーにはいろいろな商品が出ていますが、その中でも人気の高いものを5つご紹介します♪

うぶ毛すっきりツイーザー

うぶ毛すっきりツイーザー

※楽天市場の販売ページより

うぶ毛すっきりツイーザーは、野菜の皮むき器のような形をした脱毛ローラーです。持ち手をもって、毛の流れに逆らうようにコイル部分をころがして使います。

全身の産毛に使えるため、顔・腕・足などのケアに最適です。価格は1,000円前後となっています。

フェイスエピローラー

フェイスエピローラー

※Amazon販売ページより

フェイスエピローラーは、その名のとおり顔用の脱毛ローラーです。持ち手の上部をつまめば、口まわり・眉間・眉尻などの狭いところも処理できます。

価格は700円前後です。

エピ・スプリング

エピ・スプリング

※Amazon販売ページより

エピ・スプリングは、棒状の脱毛ローラーです。コイル部分をU字に曲げた状態で肌に密着させ、下から上に向かって持ち手を回転させて使います。

基本的には顔用です。1,000円~1,200円くらいで購入できます。

背中エピローラー

背中エピローラー

※ネットプライス販売ページより

上でご紹介した「エピローラー」の背中用です。持ち手が長くできているため、1人でも背中の処理ができますし、コイルが3つ付いたトリプルローラーで背中の産毛をしっかりからめ取ります。

顔への使用は禁止です。価格は1,500円前後となっています。

うぶげ取りビューティーコイル(ワッツ・シルク商品)

うぶげ取りビューティーコイル

※アットコスメのユーザーレビューより

生活良品から出ている脱毛ローラーで、ワッツ・シルク・セリアなどの100円ショップで取り扱いがあります。

形は「エピ・スプリング」と似ており、ピンクの持ち手をもってコイルを曲げ、持ち手部分をくるくる回しながら上下に動かして使います。

100円で買えるため、非常にお得です!

脱毛ローラーの効果は?本当にムダ毛は処理できるの?

脱毛ローラーの脱毛効果ですが、正しく使用すれば産毛にはバッチリ効果があります。口コミを参照しても、「顔がツルツルになった♪」「化粧ノリがちがう!」などの感想が多いです。

ただし、産毛以外の毛はからめ取りにくいですし、痛みも強いため、あくまで「全身の中でも限られた部分」に向いた方法になります。腕や脚も、毛が細い人ならいいのですが、そうでない人はムリに使用しないよう気をつけましょう。

基本的には、顔の産毛に最適な脱毛グッズです。ぜひコツをつかんで、ツルツルのむきたまご肌を手に入れてください!

もここ吹き出し

手軽に顔脱毛をして化粧ノリが良くなるのが好評みたいですね。

脱毛ローラーを使った人の口コミレビューをチェック

実際に脱毛ローラーを使った人の口コミを、Twitterからピックアップしました。

ここでは、もっとも投稿数の多かった「エピローラー」についての口コミを中心にご紹介します。

脱毛ローラーの良い口コミ

脱毛ローラーの悪い口コミ

エピローラーを使った人からは、脱毛効果の高さを伝えるツイートが多くみられます。「痛いけれど、本当にツルツルになった!」という声が多いですね。

一方、「痛すぎてムリ」「肌荒れした…」という人もやはりいるようです。毛質によっても、脱毛ローラーの向き不向きがありますので、あまりに痛い方や、1度でも肌に異常がみられた方は使用を中止してください。

ちなみに、ツイッターでは「エピローラー→ハトムギ化粧水→ニベアクリーム」の順でのケアをためす人がたくさんいました。どうやら、以前にこの方法を実践してツルツル肌になったことを報告した人がいたようです。

たしかに、脱毛ローラーの後はお肌の吸水率が良くなっていますし、鎮静という意味でも化粧水の使用は大切です。気になる方は、1度ためしてみてはいかがでしょうか!?

脱毛ローラーがおすすめなのはこんな人!

以上を踏まえますと、脱毛ローラーは以下のような方におすすめです。

産毛が細く短い人
●多少痛くてもいいから、ツルツルむきたまご肌を手に入れたい人
コストをかけずに顔脱毛がしたい人

脱毛ローラーは、コイルでサッとからめ取れるような細く短い産毛に最適です。産毛でも長さがある場合はうまく抜けきらないこともあるため、気をつけてください。

また、どんな産毛でも多少のチクッとした痛みは避けられないと思われますので、痛みに弱い方は別の方法が向いているかもしれません。

もここ吹き出し

近場で手ごろに買えるので気になる人は試してみると良いですね。多少の痛みはあるので無理せず使用しましょう。

脱毛ローラーに関するまとめ

話題のセルフ脱毛グッズ、脱毛ローラーについてご紹介しました。

コイルをころがして毛をからめ取る脱毛ローラーは、コスパもよく、慣れればスピーディな脱毛も可能です。とくに顔・腕・脚・背中などの産毛に向いています。

ただし、引き抜く際の痛みがある・毛穴が開きやすいなどのデメリットもあります。使用後はかならず化粧水で引きしめ&鎮静して、肌トラブルが起きないようにしましょう。

価格も安いため、気になる方は1度ためしてみても損はないかもしれませんね。