脱毛の豆知識

アトピー肌でも脱毛できます!安心安全な脱毛で自己処理から卒業♪

アトピー肌の脱毛メリット
お肌がデリケートでも、注意するポイントさえおさえておけば大丈夫です!
「脱毛したいけれど、アトピー肌だからムリかも…」とあきらめている方はいませんか? 症状の程度にもよりますが、アトピー性皮膚炎の方でもサロンやクリニックで脱毛を受けることは十分に可能です!むしろ、アトピーの方こそ脱毛のメリットが大きいといえます。 この記事では、アトピーの方が気になる脱毛の疑問を一気に解決していきますので、ぜひ参考にしてみてください♪ この記事のハイライト

アトピー肌でも脱毛を受けることは可能です!

アトピー性皮膚炎とは、一般にもよく知られたアレルギー性疾患の1つです。かゆみや湿疹がおもな症状で、多くは5歳までに発症します。 アトピーの人の肌は、もともとセラミドが少なく、肌のバリア機能が弱い状態です。そのため、すこしの刺激でアレルギー症状が出やすいと考えられています。 アトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多い、根気よく付き合わなければいけない病気です。そんなアトピーの方にとって、ムダ毛の処理は大いに悩むところだと思います。 中には、ムダ毛を隠すために年じゅう長袖を着ている人もいるほどですが、それなら思いきってサロンやクリニックで脱毛を受けてみてはいかがでしょうか?ほとんどのサロンやクリニックでは、「アトピーだからNG」というような単純な決め事はしていません。症状が落ち着いている時なら、普通に受けてOKなのです! そもそも、光やレーザーを使った脱毛は「メラニン色素」をターゲットとすることで、毛根に選択的に熱ダメージを与えますので、それ以外の場所に大きな影響はありません。ですから、アトピー肌や敏感肌の人でも安心して受けられますよ♪

アトピー肌だからこそ脱毛!自己処理しないで

サロンやクリニックでの脱毛は、むしろアトピーの方こそ受けるメリットは大きいです。 というのも、脱毛を受ければ自己処理から解放されるから。とくにカミソリや除毛クリームなどを使ったセルフケアは、アトピー肌の方にとって大変危険です! ●カミソリ 手軽にムダ毛を処理できるカミソリですが、刃が直接肌にあたるため、アトピー肌や敏感肌の方には負担の大きい方法です。 ただでさえお肌のバリア機能が弱まっているところに、肌表面をジョリジョリとカミソリで剃ってしまうと、どうなるかは想像がつくと思います。 お肌を傷めつけないためにも、カミソリでの処理は今すぐストップしましょう! ●除毛クリーム 塗るだけであっというまにムダ毛がなくなる除毛クリームも、刺激の強い脱毛法です。 そもそも毛を溶かす成分が含まれている時点で、お肌には負担大。とくにアトピー肌の方は、絶対に避けたいアイテムです。 ほかにも、毛抜きやワックスなどさまざまな自己処理法がありますが、いずれもお肌や毛穴に負担をかけてしまうため、基本的にはおすすめできません。 お肌にやさしく、かつ高い効果を期待するなら、プロの手で受ける脱毛がもっとも確実&安全です!
毎日のように自己処理を続けるより、脱毛した方が肌の負担を減らせますよ。

アトピーで脱毛するなら事前に確認しておきたいポイント

アトピーの方が脱毛サロンやクリニックに通う場合は、ぜひ事前に確認しておきたいポイントがあります。

ポイント1.アトピーが悪化した場合の対処について!

アトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返す病気のため、脱毛に通っている途中で症状が悪化する可能性も考えられます。 その場合、しばらく通えなくなってしまいますので、コースの有効期限や休会制度があるかどうか、薬を使用中でも施術を受けられるかどうか、またペナルティなしで当日キャンセルできるかどうか、などは確認しておきたいポイントです。 参考に、主要サロン&クリニックの対応をまとめてみました。
脱毛サロン 当日キャンセル 有効期限 休会(延長) 薬を使用中
ミュゼ
キレイモ
脱毛ラボ
銀座カラー
ディオーネ

クリニック 当日キャンセル 有効期限 休会(延長) 薬を使用中
リゼクリニック
湘南美容外科
アリシアクリニック
トイトイトイクリニック
当日キャンセルを無料でできるサロン・クリニックは限られています。多くは1回分消化、もしくは1,000円~3,000円のキャンセル料がかかりますので注意しましょう。 休会は、有効期限の延長という形で対応するサロンやクリニックが多いです。なるべく余裕をもって、マイペースに通えるところを選んでみてください。

ポイント2.脱毛に使用するジェルや保湿について

多くのサロンやクリニックでは、施術中にジェルやローションを使用します。お肌を熱から守るための冷却ジェルや、脱毛の仕上げとして使う保湿ローションなどが代表的です。 しかし、アトピー性皮膚炎の方はこれらの化粧品に肌が敏感に反応してしまう可能性があります。そこで、お肌との相性を確かめるためにも、初回カウンセリング時にパッチテストをお願いすると安心です。 また、クリニックでは施術後の炎症をふせぐためにステロイド剤が処方されることもありますが、抵抗のある方はムリに塗らなくてもいい場合がほとんどです。

アトピーでステロイドなどの薬を使っているけど大丈夫?

上でもご紹介したとおり、薬の使用中に施術を受けられるかどうかはサロン・クリニックによって違います。 とくに注意が必要なのは、光線過敏症の副作用がある薬です。光に対してお肌が過敏になってしまうため、脱毛を受けるとやけどを起こすリスクが高くなります。 基本的に、クリニックでは医師の診察を受けられますので、そこで相談してOKが出れば問題ありません。 一方、サロンは医療機関ではないため、何かトラブルが起きても対処できないことから、薬を使っている人の施術はすべてNGとするところが多くみられます。ただし、同意書を書いたり、医師の許可を受けたりすればOKのところもありますので、初回のカウンセリング時にかならず確認しておきましょう。
クリニックは医療機関なので、悩んだらクリニックを選択すると安心ですね。

アトピーだけど脱毛したよ!口コミレビューをチェック

実際に脱毛にチャレンジした(もしくはカウンセリングを受けた)アトピー性皮膚炎の方の口コミを、SNSから拾い集めました!

アトピーだけど脱毛してよかった!

アトピーだから脱毛が大変・・・

SNSで調べてみますと、とくに脱毛サロンの場合、アトピーの方は施術を断られることも多いようです。かといって、カミソリでの自己処理はやはりお肌に負担がかかっている現状も見てとれます。 一方、アトピーでも脱毛できた方からは喜びの声が圧倒的に多いです。自己処理から解放されて、保湿ケアなどにも力を入れた結果、症状自体が良くなったという方もいます。 サロンで断られた方は、ぜひクリニックのドアもたたいてみてください。医師の診察を受けられますので、症状があまりにひどくなければOKが出る可能性は十分にありますよ♪

アトピー肌でも脱毛可能なサロン&クリニック

基本的に、「アトピーだから絶対ダメ」というサロンやクリニックはほとんど見られず、多くは「症状の程度による」というスタンスをとっています。 その中でも、とくにアトピーの方が通いやすいサロン・クリニックをピックアップしてご紹介します!

アトピーだけど脱毛OK!通いやすいサロン3選

ミュゼ ●ミュゼ ミュゼプラチナムでは、「肌状態が安定していればお手入れ可能」となっています。当日キャンセルをしてもペナルティがない点も魅力です。 コースの有効期限は3年間ですが、申請すれば最長5年まで延長できます。また、ワキとVラインの脱毛を回数無制限で受けられる「美容脱毛完了コース」なら、期限はありません。 ただし、お薬を塗っている場合はお手入れできない点に注意が必要です。 キレイモ ●キレイモ 全身脱毛専門のキレイモでも、アトピーの方の脱毛可能となっています。赤みのある部分などを避けて施術するとのことです。 キレイモの有効期限は、契約しているコースによって異なります。月額定額プランは支払っている限り有効のため、とくに期限はありませんが、回数パックプランは契約回数に応じて2~5年の期限がもうけられています。ただし、申請すれば最長2年の延長が可能です。 薬を使っている場合は、規定の日数(3日~1週間)使用をやめるか、もしくは医師の同意書をもらう必要があります。 ディオーネ ●ディオーネ ディオーネは、子どもでも受けられるほど痛くない「ハイパースキン脱毛」をおこなっているため、お肌の敏感なアトピーの方にも安心です。 有効期限は、6回コース1年間、12回コース3年間となっていますが、事情がある場合は期間を延長できます。 ただし、通院中の方は医師の許可が必要です。

アトピーだからこそ脱毛!安心なクリニック3選

リゼクリニック ●リゼクリニック リゼクリニックでは、アトピーの方でも基本的に施術可能となっています。 脱毛後の赤みを落ち着かせるため、ステロイドが処方されますが、体質に合わない方は塗らなくてもOKとのことです。 キャンセル料や、万が一のトラブルの際の治療費などは一切かからないため安心して通えます。有効期限も5年と長めです。 湘南美容外科 ●湘南美容外科 全国に多数の院を展開する湘南美容外科は、コースの有効期限をもうけていないため、自分のペースでゆったり通えるクリニックです。 もちろんアトピーの方でも、医師のカウンセリングを受けてOKが出れば問題なく施術を受けられます。 ただし、キャンセルがすこし厳しく、予約日の前々日の23時までに連絡を入れないと、3,000円のキャンセル料がかかる点に注意してください。 アリシアクリニック ●アリシアクリニック アトピーの方でも、状態が悪くなければ施術可能です。 炎症防止のため、施術後にステロイドが処方されますが、リゼクリニックと同じく絶対に塗らなければいけないわけではありません。 有効期限は原則2年ですが、申請すれば最長5年まで延長できます(8回の場合)。当日キャンセルをしてもペナルティがない点も良心的です。

アトピー肌だけじゃなく、敏感肌の人なども注意。必要なのは正しい知識

サロンでもクリニックでも、基本的に脱毛は「体調がよく、肌状態が安定している方」が対象となっています。 ですから、アトピー性皮膚炎以外でも敏感肌の方や、持病がある方、妊娠中・授乳中などでホルモンバランスが変化している方などは注意が必要です。 また、上のほうでも触れたように、光に過敏になる「光線過敏症」の副作用がある薬を使っている方も脱毛は受けられません。光線過敏症の副作用は、肩こり用の湿布や抗うつ剤など、さまざまな薬で報告されていますので、「市販薬だから大丈夫」と決めつけるのはNGです。 いずれにしても、大切なのは初回のカウンセリング時にきちんと正しい情報を伝えること。アトピーの方は、お肌の状態を見せるとともに、通院や治療の状況をわかりやすく説明しましょう。「おくすり手帳」などを持参すると◎です。 もしサロンで難色をしめされた場合は、ぜひ医師のいるクリニックでも相談してみてください。炎症の程度が強すぎなければ、施術を受けられるところはかならず見つかるはずです!
自分の体のことなので、不安なことや気になることは初回カウンセリング時に解決しておきましょう!

アトピー肌の脱毛に関するまとめ

アトピー性皮膚炎と脱毛について、くわしくご紹介しました。 「私アトピーだから脱毛はムリだわ…」と思い込んでいる方も多いのですが、実際はそんなことはありません。以前どこかで断られたことがある方でも、症状の経過によっては受けられるようになっている可能性は十分ありますし、サロンではダメでもクリニックならOKということもあります。まずは、カウンセリングに申し込んでみましょう! アトピーの方の場合、カミソリで自己処理するよりも、脱毛を受けたほうがお肌への負担を大きく減らせていいことだらけです。 なるべく自分のペースで通えるよう、有効期限やキャンセル料についても事前に確認した上でサロン選びをしてくださいね♪

姉妹サイトのご紹介 女性を応援するメディア作りをしています⇒オールインワンジェルのサイト オールインワンラブ

WEBサイト作成における参考サイト