脱毛グッズの一つに、「脱毛テープ」があるのをご存じですか?

脱毛テープは、その名の通りテープのように貼ってはがすことでムダ毛を取り除ける商品です。永久脱毛の効果はありませんが、とても手軽に使えますし、1箱あたり1,000円以下で買えるものがたくさんあります。

でも、肝心なのは「きちんとムダ毛が抜けるのか?」ということですよね!そこで、脱毛テープの実際の効果や、使用に向いている部位とそうでない部位などを、インターネット上にある口コミを参考にリサーチしてみました♪

そもそも「脱毛テープ」ってどんな商品?

脱毛テープは、粘着性のシート状になった脱毛グッズです。「ワックスシート」という名前で売られているものもあります。

使い方はとても簡単で、脱毛したい部位にテープをしっかりと貼り、毛の流れに逆らって一気にはがすだけでOKです。普通のガムテープなどと違い、脱毛テープは「毛に密着しやすいけれど、皮膚にはくっつきにくい性質」のある素材でできていますので、うまく使えれば、肌を傷めずにムダ毛だけをごっそり抜くことができます。

「似ているから」という理由で普通のガムテープを使うと、皮膚が引っ張られて肌に負担をかけてしまうため、必ず脱毛専用のテープを使うことが大切です!

脱毛テープで脱毛できる部位は?顔・ヒゲには使える!?

脱毛テープは、基本的にテープをきれいに貼れる部位であれば、どこにでも使えます

特に腕や脚は、凹凸が少なく面積が広いため、脱毛テープを平らに貼りやすい部位です。また、ワキやビキニライン(Vライン)なども、脱毛テープを使いやすい部位だと思います。

さらに、顔やヒゲにも使用OKです。商品によっては「顔用」としてサイズの小さいものも売られていますし、大きめのテープでも小さくカットして使えます♪

ただし、ヒゲは普通のムダ毛と比べて剛毛ですので、ある程度粘着力が強いものじゃないとうまく処理できません。できればヒゲ専用の脱毛テープを使うことをおすすめします。

逆に、脱毛テープが向かないのは「粘膜に近いところ」や「手が届かないところ」などです。

たとえばVIOは、Vラインであれば問題ありませんが、IラインとOラインは粘膜に近い上、目で見えにくい部位ですので、使うなら慎重に行なう必要があります。脱毛テープには「敏感肌用」のものもあり、粘着力が少し控えめになっていたり、肌に優しい成分が使われていたりするため、デリケートな部位に使う場合はそうしたものを選ぶといいですね。

また、背中も手が届きにくい部分ですので、脱毛テープを使うのにはあまり向いていないかもしれません。

脱毛テープを使った脱毛で人気の部位は?また、脱毛効果を口コミからリサーチ!

実際に脱毛テープを使ってみた人たちの口コミを参考に、人気の部位と、それぞれの脱毛効果を調べてみました!

腕・脚

脱毛テープでもっとも脱毛しやすいという声が多いのが、腕と脚です。

面積が広いため、テープをシワなくまっすぐに貼りやすいのと、広範囲のムダ毛を一気に処理できることが理由となっています。

編集部編集部

脱毛効果も、「慣れればほとんどの毛が一度でなくなる!」「毛が根元から引き抜かれるから、カミソリを使うよりキレイに仕上がる!」など、高く評価する声が多く寄せられています。

一方で、「慣れないうちは抜ける毛と抜けない毛があって、ムラになることがある」という口コミもいくつかみられます。すべての毛をキレイに処理するためには、ある程度のコツが必要のようです。

足・手の指の毛

脱毛テープの人気部位の一つが、手や足の指の毛です。ミニサイズの脱毛テープ、もしくは普通のサイズのものを小さくカットして使います。

日常的に人目に触れる部位ですので、カミソリで処理する人も多いと思いますが、プツプツした跡が残ってしまうのが残念なところですよね。その点、脱毛テープなら跡が残らずキレイに仕上がります。

また、範囲が狭い分、腕や脚よりも比較的失敗しにくいようです。

Vライン

Vライン(鼠径部:そけいぶ)も、目で見えやすく、ラインがまっすぐのため、脱毛テープを使いやすい部位です。商品によっては、VIO専用のものも売られています。

うまく使えれば、プツプツ跡も残らないため、カミソリで処理するよりキレイに仕上げることができます。ただし粘膜に近い部位ですので、慎重に使うことが大切です。

サロンやクリニックと比較した、脱毛テープのメリットとデメリット

脱毛テープは、サロンやクリニックでプロに施術してもらう方法と比べて、どのような違いや特徴があるのでしょうか?

ここでは、脱毛テープのメリットとデメリットを両方ご紹介していきます。

メリット

手軽で簡単に脱毛できる!

脱毛テープは、自宅でいつでも使える点が大きなメリットです。

また、脱毛したい部位にテープを貼りつけて、すぐにはがすだけでムダ毛処理ができるため、時間や手間もかからずに済みます。

特に広範囲の部位(腕や脚など)は、一気にたくさんのムダ毛を処理できますのでとても便利です!

費用が安い!

脱毛テープは、ほかの脱毛グッズと比べても安く、1,000円以下で売られているものがたくさんあります。

また、基本的にテープの粘着がなくなるまで繰り返し使えますので、1シートで複数の部位を脱毛できます。もちろん、シートを小さくカットして使うのもOKです。

コスパがいいので、学生さんにも負担が少ない点がメリットですね。

次の毛が生えてくるまでに時間がかかる!

脱毛テープでは永久脱毛はできませんが、根元から毛を引き抜けるため、カミソリに比べると効果が長く続きます。個人差もありますが、2~3週間はムダ毛が気にならずに済む人が多いようです。

また、「使い続けるうちに毛が細く柔らかくなって、生えてきても目立ちにくくなった」という人もいます。

デメリット

はがす時の痛みがある!

脱毛テープは、ゆっくりはがしてしまうと途中で毛が切れやすいため、一気にベリッと引きはがす必要があります。

普通のテープに比べると肌にくっつきにくい作りにはなっていますが、それでも多少の痛みは避けられません。これは、液体状のワックス(ブラジリアンワックスなど)と同じですね。

特に毛の量が多い部位や、毛が太く濃い部位は痛みが強くなります。そう考えると、男性のヒゲは特に痛みが出やすいと思われます。

肌への負担が大きい

はがす際に痛みがあるということは、肌へのダメージがある、ということでもあります。これもブラジリアンワックスと基本的には同じです。

使い方に慣れて、最小限の回数でサッと終えられればまだいいのですが、慣れないうちは毛と一緒に肌も強く引っ張ってしまうことがあります。すると、当然ながら痛みや炎症が起こりやすく、肌へのダメージ大です。

また、人によっては肌質に合わないこともありますので、初めて使用する前には目立たない部位でパッチテストを行なうことをおすすめします。

慣れるまではキレイに抜けないことがある

脱毛テープをうまく使いこなすためには、ある程度の「慣れ」が必要です。

口コミを見ても、「最初のうちは抜けない毛があって、ムラのある仕上がりになってしまった…」という人がけっこう多いことがわかります。その場合、再びテープを使うと肌へのダメージが大きくなるため、結局はカミソリや毛抜きを使って残った毛を処理することになり、余計に手間がかかってしまうこともあるのです。

一度ですべての毛をしっかり抜くためには、テープの貼り方・引きはがすスピードなどのコツを覚えることが大切ですね!

永久脱毛はできない

脱毛テープはカミソリと違って、毛を根元から引き抜きますので、次の毛が生えるまでには数週間かかります。

ただし、サロンやクリニックでの脱毛のように毛根を弱らせることまではできないため、定期的に処理が必要です。「できればもうお手入れしなくて済むようにしたいな」という方には、サロンやクリニックの脱毛のほうが向いています。

脱毛テープは「抜けない」といううわさがあるけど、それって本当?

インターネット上の口コミやレビューを見ると、「脱毛テープでは毛が抜けない!」という意見もあり、これから使ってみようという方は不安になってしまうと思います。

しかし、脱毛テープはうまく使えればムダ毛は抜くことはできます。実際、うまく処理できている人もいますし、ワックスをシート状にしたものですので、理論的にはブラジリアンワックスと同じということになります。

編集部編集部

しかし、「うまく使えれば」という点が意外と難しいのです。脱毛テープは使い方に慣れてコツをつかまないと、一度に多くの毛をキレイに処理できないことがあります。

また、「脱毛テープを使いやすい部位と、そうでない部位がある」点にも注意が必要です。上でもご説明しましたが、基本的に凹凸の少ない部位でないとテープを平らに貼れない、つまり接着面をぴったり密着させることができません。

以上を踏まえた上で、脱毛テープの上手な使い方のコツをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

毛はある程度伸ばしておく!

カミソリや毛抜きと異なり、脱毛テープはある程度伸びた毛じゃないとうまく絡めとることができません。

あまり長すぎるのも良くないですが、少なくとも5ミリ程度は伸ばした状態で使うようにしましょう。

脱毛する部位を清潔にしておく!

皮膚が不衛生な状態だと、脱毛テープを使った後に毛穴から雑菌が入り込んで炎症を起こしやすくなります。

テープを使う前には、なるべくお風呂やシャワーに入るなどして肌を清潔にしておきましょう。できれば湯船に浸かって毛穴を開かせた後でテープを使ったほうが、毛が抜けやすくなりますし、はがす際の痛みも緩和されます。

ただし、水分が残ったままだとテープの密着が悪くなるため、しっかりふき取ることが大切です。

まっすぐ貼って、一気にひきはがす!

脱毛テープは、シワが寄らないように平らにまっすぐ貼り、ある程度なじませたら時間を置かず一気にはがすことが最大のポイントです。

時間がたってしまうと、肌の温度でテープの粘着力が弱まってしまうことがあります。また、ゆっくりはがしてしまうと途中で毛が切れてしまいますので、ためらわず一気にベリッとはがしましょう!

使い終わった後はアフターケアをする!

脱毛テープを使った後は毛穴が開いた状態になっていますので、冷やして毛穴を閉じるようにします。冷やしタオルやアイスノンなどをしばらくあてましょう。

その後は、保湿ケアをすることも大切です。脱毛テープを使った後の肌は敏感になっているため、なるべく刺激の少ないローションやクリームなどを使いましょう。

また、商品によっては粘着成分が肌に残っていることもあります。そのままにしておくと肌に負担になりますので、必ずふき取るようにしてください。粘着成分が残りやすい脱毛テープには、ふき取り用のオイルが付属しているものもあります。

これは使える!おすすめの脱毛テープ3選!

「うまく抜けない」という口コミもある脱毛テープですが、なるべく評価の高い商品を選んで正しく使えば、多くの場合はムダ毛を処理できるはずです。

ここでは、口コミで評価の高い脱毛テープを3つご紹介していきます♪(各商品の値段は、2017年11月9日時点のものです)。

ヴィート「脱毛ワックスシート(敏感肌用)」

フランスの有名な脱毛ブランド、「ヴィート(Veet)」の脱毛テープ(ワックスシート)です。

敏感肌用」とうたわれているように、保湿成分としてアーモンドオイルが配合されています。また、使用後のためのふき取りシートも付属しています。

うれしいのは、わずか1.5mmの短い毛も抜けることです。効果は最大4週間となっていますので、一度このシートで脱毛すれば約1ヶ月はお手入れしなくてもいい可能性があります。

使用できる部位としては、脚・腕・ワキ・ビキニラインとなっていますが、粘膜でなければほかの部位にも使えると思われます。ちなみに「顔用」も別に販売されていますので、より狭い範囲に使いたい場合は、そちらのほうがおすすめです。

1箱12枚入りで、Amazonでは833 円で販売されています。顔用は、20枚入りで522円です。

クラシエ「エピラット脱毛テープ」

日本のメーカー、Kracie(クラシエ)の脱毛テープです。

普通のサイズとミニサイズの2つがあり、使用部位に応じて選べます。特徴としては、お肌の保護成分として、カモミールエキスと海藻エキスが配合されていることです。

効果はVeetのワックスシートと同じく、最大4週間続きます。

Amazonでの値段は、普通サイズが1箱14枚入りで661円、ミニサイズが22枚入りで538円と、こちらもかなりリーズナブルです。

素数「スムースビューティ ヘアリムーバルワックスシート(LEG & ARM)」

トルコ原産の脱毛テープ(ワックスシート)です。

ワックスとして天然の松ヤニを100%使用しており、ほかの商品と比べても粘着力はかなり高くなっています。効果の持続期間は、上でご紹介した2つと同じく、最大4週間です。

「腕&脚用」ですので、シートのサイズは大きめです。同じシリーズで「指&顔用」も販売されていますので、狭い部位に使いたい方はそちらを選んだほうがいいかもしれません。

Amazonでの値段は、「腕&脚用」 が20組40回分で1,382円、「指&顔用」が8組72回分で700円です。どちらにもふき取り用のオイルが付属しています。

まとめ

意外と知られていない脱毛グッズ、「脱毛テープ(ワックスシート)」についてご紹介しました。

脱毛テープは、ムダ毛の気になる部分に貼ってはがすだけで簡単に使える点がメリットです。またコスパもいいですし、カミソリよりも効果が長く持続します。

ただし、痛みや炎症のリスクがあるため、残念ながらお肌に優しい脱毛方法とはいえません。また、永久脱毛はできませんので、少なくとも月に1度は処理する必要があります。

ムダ毛ケアから完全に解放されたい方は、効果の高いサロンやクリニックでの脱毛のほうがおすすめです。特に毛の量が多い部位は、レーザーや光脱毛で毛根からしっかり処理したほうが確実でしょう。

脱毛テープは、指の毛などのちょっとしたところにサッと使うのに向いているかもしれませんね。