女性なら誰もが気になるムダ毛。それは、妊婦さんであっても同じだと思います。

特に妊娠中は、ホルモンの変化でいつも以上に体毛が濃くなる人が多いため、ますます「脱毛したーい!」と思ってしまうかもしれませんね。

しかし、妊娠中の脱毛には慎重になる必要があります。やはりいつもとは違う体ですので、できる脱毛とできない脱毛があるのです。特にサロンやクリニックでの脱毛は、妊婦さんはほぼ必ず断られてしまいます

ここでは、毛に悩める妊婦さんのための正しい脱毛方法を中心にご紹介していきます!

妊娠中に脱毛したい女性は、意外と多い!?

ムダ毛は、ある以上いつでも気になってしまうものですが、中には「普段はそうでもなかったのに、妊娠してから急に気になるようになった!」という女性も多いようです。

その原因は、妊娠によるホルモンバランスの変化。妊娠中は、私たちの知らないところでホルモンによるいろいろな体の変化が起こりますが、その一つに「体毛の増加」があるんです!

特につわりが落ち着いて安定期に入ると、おなかの毛が急に濃くなる妊婦さんが多いといわれます。これは、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の増加が原因と考えられていますが、くわしい理由はよくわかっていません。

もともと体毛は、大切な場所を守るために生えることが多いため、もしかしたら赤ちゃんを守ろうとしておなかの毛が濃くなるのかもしれませんね。

おなかのほかにも、人によっては腕や脚、乳首まわりなどの毛が増えることもあります。これらはあくまで一時的なもので、出産が終わってしばらくたてば元に戻るのですが、特に初めての妊娠の場合は「何これー!?」とショックを受けてしまうこともあると思います。

また、妊娠中は産婦人科で何度も診察を受けることになるため、「どうせなら妊娠する前にVIO脱毛を済ませておけばよかったー!!」と後悔する人もいるようです。

そんなわけで、ひそかに脱毛に興味を抱く妊婦さんが多いのですが、妊娠中は何かと体が敏感になっているため、脱毛方法は慎重に選ぶ必要があります。妊娠中は、とにかく赤ちゃん第一です!

市販の脱毛グッズも、普段と同じように気軽に使うのではなく、必ず説明書を読んで「妊娠中でも問題ないかどうか」を確認しましょう。わからない場合は、念のため担当医に聞いたほうが安心です。

中には、「どうせ脱毛するなら、サロンやクリニックでしっかりやってもらいたい!」と思う人もいるかもしれませんが、残念ながら妊娠中はどこのサロンやクリニックでも断られることが多いです。

その理由を、次でくわしくご説明しますね。

光脱毛もレーザーもダメ!?妊娠中に脱毛施術を断られる理由

サロンやクリニックのホームページを調べてみるとわかるのですが、ほぼすべての店舗で「妊娠中(および授乳中)はNG」とされています。

「光脱毛なら、医療レーザー脱毛より出力が弱いから大丈夫じゃないの?」と思われるかもしれませんが、残念ながらどちらもダメです。

とはいっても、光やレーザーそのものが赤ちゃんに影響を与えるわけではありません。そもそも、光やレーザーは毛根部分のメラニン色素だけに反応するため、それ以外の部位にはたらきかけることはないのです。

それなのに妊娠中の施術がNGとなっているのは、おもに以下のような理由からだと考えられます。

妊娠中は肌がいつもより敏感だから

妊娠中は、いろいろなところが普段より敏感になります。たとえば、嗅覚や味覚が鋭くなる人も多いのではないでしょうか?

同じく、皮膚も妊娠中はいつもより敏感になる人が増えます。こういった変化も、おそらく「外部の刺激から赤ちゃんを守るため」のものなのでしょうね。

そのため、妊娠中はいつも以上に刺激に弱くなり、痛みを感じやすくなります。ただでさえ、光やレーザーを使った脱毛は多少の痛みをともないますから、特に妊婦さんともなればより強い痛みを感じてしまうリスクが高いです。

それだけでも大変なのですが、さらに危険なのは、その痛みが体にとってストレスになることです。最悪の場合、痛みのストレスがきっかけで早産や流産を引き起こしてしまうかもしれません。

同じ態勢を長時間続けるのは負担になるから

痛みを感じやすいほかにも、妊婦さんにとって脱毛は「姿勢的につらい」という難点があります。

脱毛する部位にもよりますが、施術中は一定の時間、動かずに同じ体勢のままじっとしている必要があります。これが、妊婦さんにとってはあまり良くないのです。

激しく動き回るのもいけませんが、長時間同じ姿勢でいるのもむくみや腰痛、おなかのハリなどにつながります。特におなかが大きくなる妊娠中期以降は気を付けたいところです。

妊娠中は脱毛の効果が低くなることがあるから

もう一つ、妊婦さんが脱毛を断られる大きな理由に「脱毛効果の低さ」が挙げられます。

上でご説明したように、妊娠中はホルモンの関係で体毛が濃くなりやすくなっています。その状態で脱毛をしても、普段と同じような効果は得られにくい可能性があるのです。

せっかくお金を出してプロの施術を受けるなら、効果を期待するのは当然のことですよね。それならば、わざわざ効果の出にくい妊娠中に受けるのはもったいない、ということになります。

サロンやクリニックで脱毛を受けられるようになる時期は?

それでは、いつから施術を受けられるようになるのか気になる妊婦さんも多いと思います。

各サロンやクリニックによってルールが異なりますが、たとえばミュゼプラチナムでは、「出産・授乳を終え、生理が2~3回以上きてから」を目安にしています。つまり、ホルモンバランスが完全に普段通りにもどってから、ということですね。

またリゼクリニックでも、「授乳期間を終え、ホルモンバランスの状態が安定してから」と説明されています。

ちなみに、すでに通っている途中で妊娠した場合、多くのサロンやクリニックでは「休会」扱いになります。中には、有効期限のあるコースやプランもありますが、妊娠中は本人が望む・望まないにかかわらず施術を受けられないため、通常は期限に関係なく休会できるようになっているはずです。

ただし、サロンやクリニックによっては休会できる期間が決まっている場合もあります。授乳の終わる時期や、生理が再開する時期には個人差があるため、いつ復帰できるかわからない場合は、いったん中途解約したほうがいいかもしれません。

その場合、残り回数分の返金を受けられるのか、解約手数料はかかるのか、などをしっかり確認しておきましょう。

逆に毛が減る!?妊娠中の脱毛症トラブルについて

妊娠中は、ホルモンバランスの関係で体毛が濃くなる人が多い、と書きましたが、中には逆に体毛が薄くなる人もいます。ホルモンによる変化は、とにかく個人差が大きいようです。

毛が薄くなる場合、特に多いといわれるのは髪の抜け毛や円形脱毛症です。また、髪の毛以外の体毛が薄くなってしまう人もいます。

こうした脱毛症トラブルは、それはそれで悩みの種になるものです。体毛が濃くなるのも困るけれど、薄くなるのも不安ですよね。

ちなみに妊娠中の脱毛症は、ホルモンバランスの変化のほかに「ストレス」や「つわりによる栄養失調」なども関係することがあります。特に初めての妊娠でナーバスになっている人や、ひどいつわりで思うように栄養がとれない人などは要注意です。

食事で十分な栄養がとれない場合、赤ちゃんへの栄養が最優先されるため、髪の毛のような末端組織は意外とあっさり後回しにされて、抜け毛が増えてしまうことがあります。

とはいえ、脱毛症もあくまで一時的なものですので、心配のしすぎは無用です。逆に心配しすぎると、またそれがストレスになって悪循環を招きますから、なるべくゆったりと構えるようにしましょう。

あまりに心配な場合は、担当医に相談してみてくださいね。

妊娠中にできる安全なムダ毛ケアは?

妊娠中は、さまざまな理由からサロンやクリニックでの脱毛を断られる、ということをご説明しました。

それでは、どんなムダ毛ケアなら妊娠中でも安全なのでしょうか?ここでは、一般的に「妊婦さんでもOK」な脱毛方法をご紹介します。

カミソリ

もっともクラシカルでシンプルな、カミソリによる処理は、肌を傷めないように気を付ければ妊娠中でも大丈夫です。

ただし、いつもより肌が敏感になっていますので、専用のジェルやクリームをつけた上で優しくなぞるようにシェービングすることがポイントです。

毛抜き

ちょっと手間はかかりますが、昔ながらの毛抜きも比較的肌には負担の少ない脱毛方法です。

ただし妊娠中は普段より刺激に弱いため、無理は禁物です。特に濃く太い毛の場合は、無理やり引っこ抜くより、カミソリで優しくそったほうがいいでしょう。

除毛(抑毛)クリーム

ムダ毛の気になる部分に塗ってしばらく放置するだけで、毛が溶けてしまう除毛クリームは、刃をあてないという点ではカミソリより肌に優しいといえます。

ただし、成分に注意が必要です。除毛クリームを使ったことのある人の中には、肌へのピリピリした刺激を感じた経験のある人もいると思いますが、妊娠中はいつも以上に肌が敏感ですから、なるべく低刺激のものを選ぶ必要があります。

特に刺激をもたらすのは、多くの除毛クリームに使われている「チオグリコール酸カルシウム」という成分です。毛のタンパク質を溶かす成分なのですが、妊娠中はなるべくこれが含まれていない商品を選ぶことをおすすめします。除毛効果は弱まる可能性がありますが、妊娠中はできるだけマイルドなもののほうが安心です。

以前は特にピリピリしなかったという人でも、妊娠中は別ですので、必ず使用前に目立たないところでパッチテストを行ないましょう。また、除毛クリームの中には妊婦さんへの使用がNGとなっているものもあるため、必ず説明書きを確認してください。

妊娠中におすすめの脱毛商品(クリーム・脱毛器など)を紹介!

基本的に、妊娠中の使用を「まったく問題ない」としている脱毛商品は少ないのが現状です。どのメーカーも、万が一のトラブルが起きた時に責任をとれないため、安全のために妊婦さんへの使用は推奨していないことが多いのです。

その中でも、成分的に比較的安全性が高いと思われる商品や、実際に「妊娠中でも問題なく使えた」という口コミが多い商品を中心にご紹介していきます。ただし、結局は自己責任ということになりますので、必ず様子をみながら慎重に使うようにしてくださいね。

鈴木ハーブ研究所「パイナップル豆乳ローション」

パイナップル豆乳ローションは、厳密には除毛クリームではなく、「抑毛ローション」になります。

同じ鈴木ハーブ研究所から出ている「パイナップル豆乳除毛クリーム」は、低刺激性の除毛クリームとして人気ですが、やはり主成分に「チオグリコール酸カルシウム」が使われているため、妊婦さんに大手を振っておすすめはできません。

一方、パイナップル豆乳ローションのほうは「チオグリコール酸カルシウム」が使われておらず、よりマイルドな処方となっています。1日1回、お風呂上がりに化粧水のように塗るだけで、毛穴の開きや黒ずみが改善される上、使うほどにムダ毛処理の頻度が減っていくと評判です。

こちらは、公式に「妊婦さんでもOK」となっています。ただし心配な方や、ほかの化粧水でトラブルがあった方は、念のためパッチテストを行なってから使ってください。

「ノイス(NOISU)イノセンスクリアセラム」

ノイス(NOISU)は、女性のヒゲ専用に開発された抑毛クリームです。

こちらも「チオグリコール酸カルシウム」不使用で、代わりにタンパク質を分解する酵素や、大豆成分が使われています。

その分、除毛力は弱めですが、顔の産毛のような細く柔らかい毛であれば、これくらいのもので十分かもしれません。

ちなみに妊娠中や授乳中の女性は、念のため専門医に相談してから使用を検討してください、とされています。

「女性の無痛毛リムーバーレディース電気シェーバー」

妊娠中のムダ毛ケアには、電気シェーバーもおすすめです。

カミソリと違い、刃が直接肌にあたらない構造になっていますので、よりお肌には負担が少なく済みます。

最近は低価格でさまざまな電気シェーバーが販売されていますが、こちらの「女性の無痛毛リムーバーレディース電気シェーバー(英語での正式名称は、Portable Women’s Painless Hair Remover – Painlessly Electric Ladies Hair Shaver – Removes Facial,Lip,Chin and Cheek Hair)は、特に低刺激で痛みがないとして人気です。説明書きによると、鼻・耳・眉毛・顔・陰毛・脚・Vラインなどを整えることができます。

Amazonではセール価格で1,288円と、値段もリーズナブルです!

できれば妊娠前にやっておきたい脱毛箇所

妊娠中は選べる脱毛法が限られてくるため、できれば脱毛は妊娠前に済ませておくのがベストです。

可能なら全身脱毛をしておきたいところですが、お金も時間もかかりますので、特にやっておきたい部位を2ヵ所ご紹介します!

VIO

妊娠すると、産婦人科でイヤでも人目に触れてしまうVIOラインは、ぜひ妊娠前に脱毛を済ませておきたい場所ナンバーワンです。

粘膜に近くデリケートな部分ですので、できることならサロンやクリニックで、プロの手で丁寧に処理してもらうことをおすすめします。

ヒザ下

ヒザ下の、いわゆる「すね毛」は、女性でもけっこう気になる箇所ですよね。しかも、妊娠してお腹が大きくなると見えにくく、脱毛しにくい場所でもあるのです。

ヒジ下と合わせてお得に脱毛できるサロンやクリニックもありますので、ぜひ妊娠前にキレイにしておきましょう!

ちなみに妊活中の脱毛は、特に問題ありません。薬と違い、受精卵に影響を与えることはないため、妊娠がはっきりするまでは基本的に問題なく行なえます。

ただし、妊娠が分かった時点で必ず一時休止するようにしましょう!

妊娠中に脇やVIOのムダ毛ケアしてくれるサロンはある?

これまでご説明してきたように、ほとんどのサロンやクリニックでは妊娠中の施術を断られてしまうのですが、例外的に行なってくれるサロンも一部あります。

ただし、それは光やレーザーを使った脱毛ではなく、「ブラジリアンワックス」などのアナログな方法に限られます。ワックスは、自分で行なうとうまく毛が抜けなかったり、はがす際にかなり刺激があったりするのですが、プロのもとで受ければ意外と痛みが少なく、毛もキレイに抜けるのです!

ここでは、特に「妊婦さんOK」とうたっているワックス専門のサロンを2つご紹介しましょう。

中目黒「Brasilia」

東京・中目黒駅から徒歩3分のところにある、ブラジリアンワックスの専門店です。脱毛サロンと同じく、光美容脱毛も取り入れています。

妊婦さんOK、子連れOKの女性に優しいお店です。ただし安定期に入っていてトラブルがなく、20分くらい仰向けになっていても大丈夫な場合のみ予約できます。

VIOをはじめ、全身のいたるところをワックスしてもらうことが可能です。好きな部位を選べるほか、お得なセットプランもありますので、ぜひ相談してみてください。

世田谷区北沢「MORENA」

MORENAは、日本初の「ボディシュガーリング」という脱毛を専門に行なうサロンです。

ボディシュガーリングとは、ブラジリアンワックスのワックスの代わりにシュガーペーストを使った方法になります。なんと、古代エジプトのころから行なわれている歴史ある脱毛法とのことですが、最近になってその安全性や効果の高さが見直され、欧米を中心にじわじわと人気が広がっているそうです。

シュガーリングは、普通のワックスに比べて痛みが少ない上、仕上がりがキレイなのが特徴です。また、お砂糖という食べられる素材でできているのも、妊婦さんには安心ですね。

こちらのサロンも、妊婦さん、子連れOKです。妊娠初期から出産直前まで施術を受けることができ、Vラインやおなかの毛を処理してもらえます。さらに、妊娠線予防のオイルマッサージつきです♪

まとめ

妊娠中の脱毛について、くわしくご紹介してきました。

妊娠中は、サロンやクリニックでの光脱毛やレーザー脱毛は断られてしまうため、脱毛したいなら基本的には自宅でのセルフケアを行なうことになります。ただし、いつもより肌が敏感になっていますので、なるべく刺激の少ない脱毛グッズを選ぶことが大切です。

また一部のサロンでは、妊婦さんでもワックスを使った脱毛を受けられますので、興味のある方は近くにそういうお店があるかどうか調べてみてくださいね。

とにもかくにも、妊娠中はお腹の赤ちゃんが最優先です!確かに妊娠中は体毛が濃くなることがありますが、一時的なものですから、気にしすぎも良くありません。

また、まだ妊活中の人であれば、早めにサロンやクリニックで脱毛を済ませてしまうのがベストです!できるだけムダ毛を処理した状態で、妊婦生活に入りたいですね♪