最近の脱毛サロンは本当に料金が安くて、ちゃんと利益が上がっているのが心配になるほどです。
料金が安いということは、その分サービスも低下しているのかも・・・と心配になっちゃいますよね。
それとも、売上げが高いから料金を安くしてもしっかり利益が出ているのかもしれません。
もしや、良いサロン選びのカギは売上げに関係しているのかも?
そう思い立った私は、脱毛サロンの売上げとサービス内容について調べてみました!

脱毛サロンの売上げランキング

株式会社美容経済新聞社による、主要エステティックチェーンの経営動向調査の結果、2014年度のランキングが公開されています。
エステサロンの経営情報は、あまり公開されることがないので、とても参考になります。
エステサロンの総合ランキングなので、脱毛のみに焦点を当てたものではありませんが、脱毛による売上げが高いと思われるサロンを抜き出してみました。

ミュゼ・プラチナム(319億5,200万円)

なんと、 並み居るトータルエステサロンを抑えて1位に輝いたのは、脱毛サロンのミュゼ・プラチナムです。
脱毛サロンメインで、売上げトップに立つのはすごいですね。
店舗数180店舗、会員数304万人(2017年2月時点)と、とにかく圧倒的な利用者数の多さに支えられているようです。

 

エステティックTBC(300億円)

トータルエステの代名詞とも言えるTBCも強いですね。
この調査の前年までは、TBCがトップを独走していたそうです。
脱毛のコースもありますが、女性用のほかにメンズTBCなどのサロンもあることから、トータルエステでの売上げが高いのでしょう。

 

ほかにも、ミスパリたかの友梨ビューティクリニックエルセーヌなどのエステサロンが上位に入っています。
脱毛コースよりも、フェイシャルや痩身などのエステが主流なので、そちらでの売上げが高いのだと思われます。

また、10位にはジェイエステティックがランクインしています。
ジェイエステティックもトータルエステですが、脱毛にも力を入れており、売上げに貢献しているのでしょう。

銀座カラー(55億円)

脱毛専門サロンである銀座カラーも、12位にランクインして健闘しています。
銀座カラーの店舗数は51店舗(2018年9月時点)で、ミュゼの三分の一以下ですが、着実に売上げを伸ばしています。

 

単価の安い脱毛サロンが増えてきている

同調査の、従業員一人あたりの売上げ高を見ると、ミスパリやたかの友梨ビューティクリニック、エルセーヌなどが上位に来ています。

これは、トータルエステの単価が高く、一度の施術で高額な費用がかかっているということでもあるので、いかに脱毛サロンの単価が安いかということがわかります。
痩身やフェイシャルのエステは継続的に通うことが多いですが、脱毛は全身に施術しても2年か3年で終わりますし、一度脱毛すれば何度も通う必要もなくなります。

ミュゼの脱毛は、キャンペーンなどで数百円で施術できたり、全身脱毛でもかなり安く済ませられます。
そのような安い単価でも、売上高がトップになるということは、それだけ多くの人が利用しているということですね。

売上げの高い脱毛サロンはサービスに比例する?

さて、売上げの高いサロンがわかりましたので、実際にサービスやコストパフォーマンスなどが比例するのかどうか検証してみましょう。

集客力の高いミュゼ

ミュゼの特徴は、数百円でもしっかり脱毛できるキャンペーン。
1、2回のお試しでは効果が感じられないこともありますが、ワキやVラインなどが数百円で通い放題というのはとっても魅力的です。
脱毛が始めての人でも、気軽に行ってみようと思わせる料金設定で、たくさんのお客さんを呼び込んでいるんですね。

そして、全身脱毛でも使える、アプリダウンロードで半額になるキャンペーンが強いです。
顔以外の全身脱毛6回分で、252,000円(税抜)なのですが、キャンペーンで半額になると126,000円(税抜)という低価格。
6回分の料金で12回分施術できるので、しっかりムダ毛をなくせます。
予約が取りにくい、対応が悪いなどのサービス内容については賛否両論ですが、予約システムの改良などを行い、通いやすさを改善してくれています。
まずは、ワンコインのお試しをしてみてから、自分に合っているかどうかを判断してみるのがいいでしょう。

効果はあるけど料金が高くサービスの悪いTBC

TBCの脱毛技術は高いのですが、料金もほかの脱毛サロンに比べてキャンペーンやお得なコースが少なくて高めになっています。
全身脱毛の場合、全30部位のうち24部位を選んで、1回70,000円(税抜)、8回なら単価は安くなって合計229,800円(税抜)ですが、ミュゼならキャンペーン併用で全身12回分施術できます。

大手で老舗のエステですが、なによりサービスや対応がいいとは言えないのが残念なところです。
私も体験コースに行ったことがありますが、まず受付に誰もいなくて10分くらい待ち、アンケートを書き終わってから20分以上待たされ、高いコースをすすめられて断ると冷たい対応をされました。
また、ホームページに載っていた体験コースのオプションは省かれて、サロンも事務所のようでとても落ち着けませんでした。
口コミでも、施術のたびに必ず待たされる、スタッフさんの対応が悪いなどの低評価が多いです。
トータルエステでは大きな利益を上げているようですが、脱毛サロンとしては通いたいとは思えないですね・・・。

お客様満足度が高い銀座カラー

銀座カラーは、通いやすさや信頼できるサロンなどで人気が高く、リーズナブルなサロンです。
顔も含めた全身脱毛コースが1回60分ででき、12回分で295,000円(税抜)と、ミュゼのキャンペーン価格に迫る低価格。
しかも、顔全体の脱毛もついているので、コストパフォーマンスはもっとも高いと言えます。
口コミを見ると、スタッフさんの技術や対応には少々不安がありますが、清潔でリッチな内装で落ち着けそうです。

急成長している脱毛サロンの今後に注目!

以上の検証により、必ずしも売上げの高さがサロンの質の高さに比例するとは限らないことがわかりました。
売上げが高かったとしても、人件費や経費を減らしてサービスの質を落としている可能性もあります。
それに、料金が高ければサービスがいいとも限りません

しかし、脱毛サロンの数は急速に増えてきて、売上げ高も伸ばしてきていますので、脱毛サロンを選ぶ際の目安にはなるでしょう。
脱毛メインで売り上げを伸ばしているサロンは、それだけ企業努力をしているということでもあります。
歴史の浅いサロンや小規模でやっているサロンは、今後ランクインしてくる可能性も高いです。
これからの脱毛サロンの経済動向に注目して、サービスと経営力のバランスの良いサロンを見つけましょう。