最近、日本女性にもすっかり定着しつつあるVIO脱毛。見た目が整うだけではなく、アンダーヘアが少なくなることで陰部を清潔に保てる点が大きなメリットです。

しかし場所が場所なだけに、「サロンやクリニックで施術を受けるのが恥ずかしい…」と感じる方もきっと多いと思います。

特にVIOラインの黒ずみが気になる方は、それを見られるのがイヤで脱毛に行くのをためらってしまうかもしれませんね。

それなら、美白効果のあるクリームでVIOの黒ずみを改善してから脱毛に行ってみてはいかがでしょうか?

意外と知られていない、デリケートゾーン専用の美白商品についてご紹介したいと思います♪

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみ・色素沈着が発生してしまう原因とは?

VIOラインは、もともと色素沈着を起こしやすい部位です。

そこには、顔のシミと同じく「メラニン」が関わっています。デリケートゾーンは紫外線を受けることはあまりないものの、皮膚が薄いため、わりと簡単に黒ずんでしまうのです。

VIOにメラニンが沈着する原因としては、おもに以下の2つが挙げられます。

刺激や摩擦

VIOラインは、下着やナプキンなどで常に摩擦が起こりやすい部位です。また、アンダーヘアも摩擦の一因となります。

さらに、カミソリなどを使って自己流で毛の処理をすることも大きな刺激となり、肌はみずからを守るためにメラニンを生成してしまうのです。

ホルモンバランスの変化

VIOラインは、ホルモンバランスによっても黒ずむことがあります。

特に、女性ホルモンの分泌が増える思春期は黒ずみが進行しやすい時期です。同じく妊娠中もホルモンバランスが大きく変化するため、乳首やデリケートゾーンが黒ずみやすくなります。

これらは自然な現象ですので、あまり気にすることはありませんが、不規則な生活や食事の乱れによってもホルモンバランスは乱れてしまうため、規則正しい生活を送ることが大切です!

VIOの中でも特にIゾーンは色素沈着しやすい?

デリケートゾーンの色素沈着はどこにでも発生しますが、特に顕著といわれるのがIライン(陰部の両側)です。

ここは常に下着と接触する部位ですし、生理中はナプキンと密着するところでもあります。

また、アンダーヘアとの摩擦も起こりやすいため、VIOの中でも特に黒ずみやすいラインだといえそうです。

水着になった時に見えるVラインと違い、普段あまり人の目に触れない部位ではありますが、恋人や旦那さんがいる場合はやはり気になってしまいますよね。

VIOの脱毛をすることで、デリケートゾーン(VIO)の黒ずみはひどくなる?マシになる?

VIOラインの黒ずみは、VIO脱毛を受けることで改善が期待できます!

上でご説明したように、アンダーヘアによる摩擦もVIOラインの黒ずみの一因ですので、余分な毛をきれいに処理することでお肌への刺激を減らすことができるんです。

また、サロンやクリニックでプロに脱毛してもらうことで、自己処理をしなくて済むようにもなります。自分でVIOラインにカミソリをあてるのは、出血や炎症のリスクがあり危険ですし、肌も色素沈着しやすくなるため悪いことだらけです。

ちなみにインターネットの口コミなどを調べると、「VIO脱毛をしてから黒ずみが気になるようになった」という声も見かけます。しかし、これは「脱毛したことで今までよりもVIOラインの肌が露出するようになり、もともとの色素沈着が目立つようになったから」という原因が考えられるでしょう。

ただし、脱毛後の肌は乾燥しやすく、刺激に弱くなるのも確かです。VIOに限りませんが、脱毛を受けた後はいつも以上に保湿に力を入れ、お肌をケアしてあげることが大切です!

VIOの黒ずみを美肌に変える美白商品ランキング

最近はVIOの黒ずみを気にする女性が増えたことで、国内でも質の高い美白商品がいろいろと登場しています。

「VIO脱毛を受けに行く前に、まずはこの黒ずみをなんとかしたい!」という方は、事前にセルフケアしてみましょう♪

デリケートゾーンに使える美白クリームの中でも、今大人気の商品を2つピックアップしてご紹介しますね。

1位:「薬用イビサクリーム」

デリケートゾーン専用クリームの中でも、現在人気ナンバーワンといわれるのが「薬用イビサクリーム」です。

脱毛サロンが開発したクリームで、数々の女性誌や美容情報誌でも紹介されています。

2つの有効成分で、VIOの黒ずみを徹底ケア!

薬用イビサクリームには、メラニンの生成を抑えて黒ずみをケアする「トラネキサム酸」と、肌荒れを防止してお肌の調子を整える「グリチルリチン酸2K」という2つの有効成分が含まれています。

トラネキサム酸は「抗プラスミン薬」と呼ばれ、医療では止血剤や抗炎症剤として用いられているものです。また、皮膚の色素沈着を抑える効果もあることから、皮膚科や美容外科ではシミや黒ずみの治療薬としても処方されています。つまり、医学的に効果が認められている成分ということですね!

もう一つの「グリチルリチン酸2K」は、漢方で知られる「甘草(カンゾウ)」の根に含まれる成分で、アレルギーや肝臓の病気などの治療薬として用いられています。また、すぐれた抗炎症作用がありながら肌への刺激が少ないため、さまざまなスキンケア製品にも使われているほか、強い甘みを持つことから甘味料としても使用される安全性の高い成分です。

これら2つの有効成分で、黒ずみを改善しつつ、デリケートゾーンの皮膚をすこやかに保つ効果が期待できます♪

メラニンの生成を抑える4つの植物性成分&8つの保湿成分も配合!

薬用イビサクリームには、黒ずみを起こすメラニンを分解する4種類の植物性成分(サクラ葉抽出液・カモミラエキス・ダイズエキス・オウゴンエキス)も配合されています。

さらに、デリケートゾーンにうるおいを与える保湿成分も、なんと8種類も配合(ヒアルロン酸ナトリウム・シロキクラゲ多糖体・BG・1,2-ペンタンジオール・乳酸ナトリウム液・ローズ水・グリセリン・1,2-ヘキサンジオール)。

乾燥はお肌のありとあらゆるトラブルの元凶となるため、保湿ケアはとても重要です!

赤ちゃんでも使える安心の処方

粘膜に近いデリケートゾーンに使用するだけに、クリームの安全性は気になるところ。その点、薬用イビサクリームは5つの添加物(合成香料・着色料・パラベン・鉱物油・アルコール)を一切使用していませんので、赤ちゃんにも使えるほど低刺激です。

また、国内の工場で製造されている点も安心ですね!

使い方

薬用イビサクリームの使い方は、朝晩に1回ずつデリケートゾーンに塗るだけ。ほんの1円玉程度の大きさを手にとって、やさしく塗り込みます。

ちなみに、デリケートゾーン以外でもバストトップ(乳首)やワキ、ヒザなど、色素沈着が気になる部位に幅広く使用可能です。

 

2位:「ホワイトラグジュアリー」

ホワイトラグジュアリーは、おもにバストトップ(乳首)の美白クリームとして有名な商品ですが、粘膜を避ければ全身に使うことができます。もちろんVIOラインもOKです!

2016年・2017年の2年連続で「モンドセレクション」を受賞しているほど、美白クリームとして高い評価を受けています。

メラニン生成を効果的に抑える、独自の「スーパーVCT」処方

ホワイトラグジュアリーがほかの美白クリームと異なっているのは、お肌の基底層にまで有効成分を浸透させる「スーパーVCT」という技術が採用されている点です。

私たちのお肌はいくつかの層で成り立っているのですが、黒ずみの原因となるメラニンを生み出す色素細胞(メラノサイト)が存在するのは、表面からだいぶ下にある「基底層」というところになります。ですから、そこまで有効成分を届けなければ本当に効果のある美白は難しい、ということですね。

そこで、ホワイトラグジュアリーでは3種類のビタミンC(アスコルビル酸Na・リン酸アスコスビルMg・テトラヘキシルデカン酸アスコスビル)を独自に処方し、基底層にまで浸透させることに成功しました。もっとも表面にある角質層までしか浸透できない美白クリームも多い中、ホワイトラグジュアリーでは一歩進んだ技術を取り入れているのです。

さらにホワイトラグジュアリーは、美白だけではなくお肌のターンオーバー(新陳代謝)も正常にします。メラニンを含んだ古い角質は、お肌のターンオーバーによってはがれ落ちますので、そのサイクルを正常にしてこそ白い肌を保つことができるのです!

余計な添加物は一切なし!

ホワイトラグジュアリーは、香料・着色料・パラベン・鉱物油・アルコール・石油系界面活性剤がいずれもフリーとなっていますので、デリケートな部分にも安心して使用できます。

使い方

ホワイトラグジュアリーの使い方は、毎日朝晩、シャワーやお風呂の後などに塗り込むだけです。

バストトップ(乳首)やVIOラインのほか、ワキやヒジ、ヒザ、顔にも使用できます。

まとめ

VIOが黒ずむメカニズムや、改善するための人気美白クリームについてご紹介しました。

本来、VIO脱毛は黒ずみに悩む人にこそオススメなのですが、黒ずみが気になって脱毛に行く勇気が出ないという方は、まずクリームでセルフケアしてから行くと安心ですね♪

また、脱毛後のケアをおこたると色素沈着が起こりやすくなりますので、脱毛後もしっかりと保湿するようにしましょう!