デリケートな部位であるVIOは、脱毛の際ほかよりも痛みを感じやすいのが特長です。脱毛サロンで脱毛するほうが楽だと思われがちですが、最近は医療脱毛でも痛み対策がきちんと行われているので安心。効果の実感がはやく、サロン並みのサービスが提供されている医療脱毛について、光脱毛との違いやVIO脱毛の内容、口コミ情報をご紹介していきましょう!

医療脱毛と光脱毛の違いについて

脱毛方法

医療脱毛も光脱毛も、どちらも毛の黒色(メラニン色素)に反応させて毛根にある毛乳頭へダメージを与えることは一緒。ただ、医療脱毛は脱毛機器の威力が強いので、肌へのダメージは大きいものの、効果を実感するのが早く確実に脱毛できるのが魅力です。

医療脱毛は、「医療行為」として位置づけられています。つまり、美容外科クリニック・美容皮膚科・医療脱毛専門のクリニックなど、医療機関でしか受けられない方法。医療脱毛は機械の出力が強いので、施術後のトラブル(肌荒れ・色素沈着・増毛化)が起こる可能性が光脱毛よりも高いのだとか。

もちろん、トラブルが起きないように事前にきちんと対策をしていますが、万が一の場合にそなえてクリニックでは処置・処方が可能。肌トラブル用の塗り薬・飲み薬などがもらえるので安心です。また、もともとはシミの治療に使われていたレーザーを使用しているので、肌の色が明るくなる・綺麗になる・キメが整うなどの美容効果も期待できます。

一方、光脱毛は「美容のための施術」として位置づけられていて、医療レーザー脱毛のような永久脱毛ではなく不再生脱毛といわれています。施術を行う人は、医師免許などの国家資格を持っていなくても良く、美容や脱毛に関する知識があればOK。特別な技術は必要ですが、脱毛サロンに就職したと同時にいろいろな研修を受けるので身に付けることが可能です。

ただ、医療機関ではないため薬を処方するなどの医療行為はできません。つまり、万が一施術後に肌トラブルが生じても、処置・処方ができないということ。脱毛機器の威力が弱い理由の1つに、そういった危険を極力避けることがあげられます。

VIOの痛み・回数

VIOは、ほかの部位よりも皮膚が薄く敏感なので、色素沈着やかぶれなどが生じやすいところです。また、比較的毛が太くて黒いので、照射の光がダイレクトに毛根へと届いて強い痛みを感じます。

脱毛機器の威力が強いということは、痛みや肌へのダメージが強いということ。つまり、医療脱毛のほうが強い痛みを感じやすいですが、機械の出力を下げたり麻酔ができたりするので、光脱毛と変わらないくらい痛みが弱い場合もあります。

威力が強いため、効果が早いのが医療脱毛の良いところ。1~2回ほどで効果が実感できて、完了までに5~6回(2~3ヶ月ペースで約1年)で済みます。毛が薄くなってくることが目に見えてわかるので、続けやすいですよ。

一方光脱毛は威力が弱いので痛みも弱いですが、それと同時に効果があらわれるのが遅いです。完了までに8~12回ほど(2~3ヶ月ペースで1年半~3年)かかり、それでも満足できないこともあるとか。効果が実感できるまでに半年~1年かかるので、途中でリタイアする人もいます。

医療脱毛でできるVIO脱毛は?

VIO脱毛を医療脱毛でするメリット

デリケートゾーンは、腕や足などとは違って常に下着に触れているところ。毛が無くなることで蒸れなくなり、嫌なニオイやかゆみなどが防げます。また、はみ毛を防げるので好きな水着・下着を身に付けることが可能。ファッションも楽しめますよ。

蒸れやはみ毛を防ぐために、デリケートゾーンを自己処理する人がいます。カミソリやシェーバーを購入するお金だけですむので家計的には助かりますが、敏感なデリケートゾーンは肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

処理をしたての頃はツルツルになれるかもしれませんが、徐々に生えてくるとチクチクして赤いブツブツなどができるおそれがあるので、自己処理は危険。つまり、デリケートゾーンのムダ毛をなんとかしたい人は、医療脱毛や光脱毛へ行くのがおすすめなのです。

日本のVIO脱毛では、毛を少し残しておくのが一般的。医療脱毛では、毛を完璧になくすだけでなく、いろいろな種類の脱毛に対応しています。脱毛サロンではひとまとめにされていることが多いですが、医療脱毛では料金プラン自体が分けられていることがあるので、求めている完成度に対してムダにお金を使うことがありません。

ハイジニーナ脱毛

ハイジニーナとは、「hygine(ハイジーン):衛生的」という意味から作られた造語です。つまり、毛をすべてなくしてデリケートな部位を衛生的にする目的があります。

医療脱毛の場合、効果のあらわれが早いのですぐに自己処理不要になるところがうれしいです。また、脱毛期間が終了しても毛の生えてくる確率が低い医療脱毛でハイジニーナをすれば、ムダ毛に困ることがほぼなくなります。

デザイン脱毛

デリケートゾーンの毛をゼロにしてしまうのに抵抗がある人が多いことから、デザイン脱毛や以下でご紹介するエチケット脱毛が可能になりました。主に、Vラインの毛をデザインするのが一般的で、施術中に照射してくれるスタッフと相談しながら好きなかたちに毛を整えられます。

一番人気のデザインは「逆三角形」。次に、逆三角形の角を丸くした「ナチュラル」、楕円形で丸くてかわいい雰囲気の「タマゴ型」などがあります。長方形で海外の女性に人気なのは「I型」で、ハート形・星形などにもできます。

デザイン脱毛は、慎重にかたちを決めるのが重要なポイント。毛はいったんなくすとなかなか生えてこないので、1~2回目は毛の抜け方・減り方を見て、ある程度かたちができてからデザインすると良いでしょう。クリニックでは、流行りや人気のかたちをアドバイスしてもらえます。将来歳をとってからも後悔しないようなかたちにするのがおすすめです。

エチケット脱毛

VIOの毛が特に邪魔だと感じていなくても、伸びっぱなしで見た目が良くないので適度な量で整えておきたいという人は、エチケットとして脱毛をしておく方法もあり。施術の回数や間隔を調節しながら、全体的に毛を薄くできます。

ハイジニーナ脱毛やデザイン脱毛は、脱毛をした!というくらい明らかにその部分だけキレイになってしまうことが多く、不自然です。すると、へそ周りや太ももの毛も同時に照射する必要が出てくることも。エチケットとして脱毛すると、へそ周り・太ももに生えている毛との境目がクッキリ別れないので、とても自然ですよ。
  サロンでのVIO脱毛が知りたい方はこの記事を→VIO脱毛おすすめのエステサロンは?価格・痛み・効果徹底比較!

医療脱毛でのVIO脱毛はどうだった?~口コミ~

脱毛サロンではなく医療脱毛を選んだ人は、実際どのように感じているのでしょうか?良い口コミと悪い口コミを見ていきましょう。

良い口コミ

★★★★★
デリケートな部分だから絶対に失敗したくないと思い医療脱毛を選んだ。痛みはあったが、脱毛へ通っている期間中は特に肌トラブルもなく、すぐに毛が減っていった。効果が早いおかげか、痛いと思ったのは最初の3回まで。今はツルツルになってくれたので好きな下着をつけられてうれしい。
★★★★★
毎年、水着を着る夏になると自分でVライン・Iラインの毛を処理していたが、黒いツブツブが気になってあまり自信が持てないでいた。就職してお金に余裕が出てきたので思い切って医療脱毛へ。通い始めたのが3月だったので夏までに間に合わないかもと心配していたが、さすが医療脱毛。効果が早かったので、水着をキレイに着こなせた気がする。
★★★★★
以前、脱毛サロンで3年間保証の回数無制限でVIO脱毛をしていた。途中、妊娠や出産があって間が空いてしまったからか、完璧に毛をなくすことができなくて中途半端に。それでも気になっていたので、今度は短期間で確実に脱毛できる医療脱毛を選んだ。費用は少し高めだが、それ以上に待遇が良くて満足している。

悪い口コミ

★★★★
医療脱毛は光脱毛よりも痛いと聞いていたが、早く終わらせたかったので近くのクリニックへ。脱毛ははじめてで、みんなどれくらい痛みを感じているのかな?と不安だった。カウンセリングでVIOの痛さの程度を聞いたら、最近の医療脱毛は光脱毛と同じくらいだからどこへ行っても変わらないと教えてくれた。しかし、実際の施術は飛び上がるほど痛かったので次の施術がとてもゆううつ。
★★★★
VIOの照射前に、我慢ができないほど痛かったら教えてくださいと言われ、はじめの1発で痛かったので「痛すぎる」と伝えた。機械の出力を下げてもう1度照射。それでも痛かったので麻酔クリームを塗ってから照射。麻酔が効いてくるまで30分待つことに。とても時間がかかったので次の予定がずれ込んでしまった。次回も麻酔をしてもらうつもりだが、追加料金がかかるので最初から脱毛サロンのほうへ行っておけばよかったと後悔している。
★★★★
クリニックはサロンと比べて店舗数が少なく、契約したが自宅から遠いので通いづらい。また、全国的に見て価格競争が緩やかだからか、驚くほど低価格なキャンペーンがないのも難点。脱毛効果は確実だったが、料金は高いし通いづらかったなと感じている。

口コミでわかったこと

確実に脱毛が完了できる安心感が得られたという声があるなか、費用が高い・痛いなどの声もありました。効果をすぐに感じてVIOの痛みを早くなくしたい人、ダラダラと何年も通うのではなく、1年ほどでスパッと終わらせたい人は医療脱毛が向いています。

また、VIOはデリケートなので、肌トラブルが起きると常に気になる場所。クリニックでは、赤み・かゆみなどが出てきたときにきちんと何かしらの対処をしてもらえるので安心ですね。

脱毛サロンは、費用が安くて痛みが弱いところが魅力。ただ、VIOについてはムダ毛の減り具合が満足するまでに何年もかかり、はじめに契約した回数をすべて消費してしまって追加料金がかかってしまう場合もあります。効果の出方や痛みの感じ方は個人差がありますが、痛くて途中で断念するかもしれないと不安な人は、サロンの方が良いかもしれませんね。

まとめ

最近は、将来寝たきりになって介護をしてもらう場合に備えて、VIOを脱毛する中高年の人が多くなってきているとか。ハイジニーナだけでなく、好みのかたちに整えられたり全体を薄くしたりできる医療脱毛は、効果の満足度が高いのが魅力。院内はアロマを置くなどして、サロンのような雰囲気でリラックスできるクリニックが多くなっています。デリケートなところだからこそ、医療脱毛で大切に扱ってあげましょう。