12

脱毛エステとは?

人間であれば誰でも体毛が生えるものですが、最近は男女を問わずにそれに悩んでいる方も少なくありません。しかし、やはり女性であればその悩みはさらに深いようで、定期的にムダ毛の処理を進めていることも多いでしょう。

それでも、自分で定期的に処理して行くとなるとそのモチベーションの維持にも大変気を使うものです。ムダ毛は目に見えるところばかりではありませんし、色んな部分に気を使うことについてお仕事をしている女性は大変疲れを感じます。

このような状況では、脱毛エステサロンを利用してムダ毛処理の負担を減らして行くことをオススメします。

脱毛サロンとは専用の脱毛機器を用いて、長期的にムダ毛が生えにくい体質に変えて行くのです。基本的に脱毛エステサロンでは永久脱毛はできないので、少しでも体毛のサイクルに合わせて発毛しにくくしなければなりません。

しかし、どうしても永久脱毛をしたい女性になりますと、医療機関いわゆる美容外科にて治療を進めて行くことが求められます。一般的に脱毛効果は美容外科の方が脱毛エステサロンよりも高いとされていますので、確実に脱毛効果を実感したい女性は一度お住まいの地域で良い美容外科をチェックして見ると良いでしょう。

脱毛エステと美容外科の施術

脱毛エステと美容外科、現在専門の脱毛施術を行う上で最もメジャーなセレクトになります。しかし、気になるのはこの2つの施設での施術方法になりますが、具体的にどのように違っているのでしょうか?

基本的に、両者とも脱毛機器を使って脱毛することには変わりはありませんが、使用する機器のタイプや出力に違いがありますので長期的に見ると脱毛効果に差が出てくるのは否めません。

また、脱毛エステサロンの機器は上述のように出力が弱めなので、女性の脱毛ニーズによってはかなり長期間に渡って施術することが多くなります。その一方で美容外科になると比較的短期間で脱毛効果を実感できるのです。

それでも、脱毛エステにおける施術とはあまり痛みを伴わないことが多く、美容外科になりますと以前よりも改善されたのですが痛みを感じることも多いでしょう。
これは脱毛エステではフラッシュ脱毛・美容外科ではレーザー脱毛を主に使用するからになります。

両者とも基本的に施術において、事前のヒアリングを綿密に行います。美容外科の場合は医師による診断となりますが、これは脱毛による健康的な悪影響も大いに考えられるからでして、どちらを選ぶにしてもこの部分をしっかり進める施設を選んでください。

コストパフォーマンスの違い

今や男性向けのお店があるほど人気の高い脱毛エステですが、やはり気になるのはそのコストパフォーマンスとなるでしょう。ここでは、脱毛効果が非常に高いと言われる美容外科と比較して行きます。

基本的に脱毛エステサロンでは、安いところになりますと全身脱毛が20万円前後で進められます。しかし、美容外科になると50万円以上かかることも珍しくありません。美容外科での脱毛施術になると、その費用に健康保険も適用できませんので全額自己負担になるでしょう。

それでも、脱毛エステでは永久脱毛ができないこともあって、全身脱毛を行っても生えにくい体にコントロールすることしかできません。つまり、年数が経てば遅かれ早かれ体毛が生えて来てムダ毛処理を再び進めなければならないのです。

一方の美容外科になりますと費用は脱毛エステのものと比べると割高になるものの、永久脱毛ができることから生涯におけるコストパフォーマンスは極めて高くなります。

脱毛エステとはリーズナブルに脱毛を進められる施設でして、痛みの少ないリラクゼーションを兼ねたスペースと言った認識で居ると良いでしょう。美容外科になると施術にも痛みを伴うこともありますので、コストパフォーマンスを各個人が判断して行かなければなりません。

脱毛エステのフラッシュ脱毛って?

多くの女性に気軽に利用されていることも多い脱毛エステですが、その魅力は10代の女性も施術受けられるところでしょう。また、脱毛エステが多くの女性に受入られている理由の1つとして、脱毛時に痛みをあまり感じなくても良い点もあるのです。

実は脱毛エステにおいて使われている脱毛機器とは、そのほとんどでフラッシュ脱毛器が採用されています。フラッシュ脱毛は、広い範囲への照射が可能なこともあって効率的な脱毛が可能でしょう。フラッシュ脱毛において痛みを感じない仕組みは、皮膚ではなくて直接毛根に作用して脱毛を促すからになります。

しかし、一度毛根に作用して脱毛を行っても時間が経つと再生することも多く、そのため複数回のフラッシュ照射を長期的に進めて体毛が生えにくい体にするのです。そのため、全身におけるフラッシュ脱毛照射を進めてから、2か月から3か月経ってから次の照射を進めることが多くなるでしょう。

それでも、フラッシュ脱毛も肌に照射をするのですから、長期的に肌が全く傷まないということではありません。そのため、施術前に予防用のジェルを塗って肌を保護し、施術後には乾燥しないようにトリートメントを進める脱毛エステサロンも多くなります。

施術時間はどう違う?

これから専門施設にて脱毛を進めて行きたい方にとって、気になるのは費用もそうですがやはり治療機関になるでしょう。最近の女性はフルタイムのお仕事や子育てを頑張っている方も多いので、脱毛に割くことができる時間の確保が非常に難しくなっています。

脱毛専門施設になりますと脱毛エステサロンや美容外科になりますが、いずれも個人の育毛サイクルに合わせて脱毛を進めて行きますので完全に治療を終えるには1年以上かかることもあるのです。

しかし、両者における最大の違いとは1回における脱毛効果の違いです。つまり、前回の脱毛施術時から次の施術時までの体毛の生えのスピードが大きくことなるのです。一般的に美容外科の場合は非常にゆっくりでして、脱毛エステの場合は生え変わりも非常に速いでしょう。

また、脱毛エステが一旦脱毛効果を得て脱毛を止めれば複数年経つととまた生えて来る状況があるのに対し、美容外科の場合は永久脱毛できますので脱毛を終えてもずっとその効果が続くメリットがあります。

両者には費用・痛みの違い・効果などで異なるメリットがありますが、どちらが自分のライフスタイルに合っているかをきちんと見極めて施術方法を選んで行ってください。

施術上のトラブルケースは?

現在はムダ毛の脱毛を進める方が多い時代となりまして、その多くは脱毛エステを用いて処理をされています。しかし、脱毛エステサロンも数多く存在していますので、脱毛時における様々なトラブルも発生しているのです。その中で、最も多いのが皮膚の腫れになるでしょう。

脱毛エステではフラッシュ脱毛器をメインに使用して、肌への影響を最低限に抑えていますが、施術者のレベルも非常に大きく関係して来ます。つまり、施術前に肌への保護を十分にしていなかったり、本来ヒアリング時に見抜くべき施術希望者の体調などを考慮できなかったりするミスもあるのです。

また、脱毛施術後に激しい痒みを催すケースも多く、いずれもサロン側が気を付けていれば未然に防げることができたでしょう。もっと酷い症状になりますと火傷を負うこともあって、訴訟沙汰に発展することもあります。サロンによっては対応もいい加減なところもありますので注意しなければなりません。

医療機関である美容外科になりますと、決してトラブルのリスクがないとは言えません。しかし、トラブルにおいては医療訴訟を含めてサロンよりもしっかりと対応してくれるところが多くなります。よって、このようなリスクを想定して脱毛施術に臨むことも必要でしょう。

WS000191

\ 気になる部位をチェック♪ /

zensin waki
senaka vio
kao ude
hiza onaka