数週間前、レイビス心斎橋店へ脱毛体験に挑んだ私。

しかし、予防接種を打った後は2週間待たなければならないと知り

泣く泣く延期に…( ;∀;)

その時の記事はこちら⇒RAYVIS(レイビス)心斎橋店の脱毛体験1回目!想定外の事態で延期に?

今日は待ちに待った再予約の日!果たして私は今度こそ無事脱毛体験ができるのでしょうか…?

 

RAYVIS(レイビス)までの道のり※おさらいです

地下鉄を使う方が圧倒的に多いと思いますので、一番わかりやすい道順で前回より一層詳しくご説明しますね。

地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線の心斎橋の2番出口を目指してください。

地下街のクリスタ長堀へ出ます。

2番出口を出て長堀橋方面に進むと、しばらくして左手にスタバがあります。

スタバを通り過ぎる頃に、「東急ハンズはこちら」の表示が。

レイビスのあるビルは東急ハンズの真横なので、東急ハンズの看板に従って移動するのが一番確実。

指示通り曲がると、次はこの表示。「北7出口」です。

これを出ると本当にすぐ目の前にビルが見えます。

この出口は階段なので、上るのが面倒という方はこの左側にエレベーターもありますよ!

上がるとすぐに出光のマークが見えますね!

この写真手前の建物にRAYVIS(レイビス)はあります。

再び確認。うん!「エステティック RAYVIS(レイビス)」ありますね!

 出光ナガホリビルの入り口を、いざ!入ります。

まっすぐ進んでいくとこのように突き当りになりますので、ここで右折。

またまっすぐ進むと低い階段になっていますので、ここも右に。

 

すると、エレベーターホールがありますのでここから10階へ上がります。

10階で降りると、RAYVIS(レイビス)さんの看板が出ています。

この矢印の方へ進むとすぐにお店が見えます。

明るく清潔感のあるエントランス。

 

受付の横のロッカーで靴を履き替え、ロッカーのカギは受付の方に渡します。

ここが受付です。

受付を挟んで靴ロッカーの反対側にはこんなソファのコーナーも。

こちらがカウンセリングルーム。

先日お世話になった真柴さんが再び担当してくださいました。

きちんと前回のいきさつを知っている方が引き続き担当してくださると

こちらも話がスムーズに進み、安心です!

このあたりが顧客満足度の高いRAYVIS(レイビス)さんならではの気配りですね!

今日は本格的にいろいろお話をお聞きするので、ノートもばっちり用意してスタンバイ!

前回の続きから、実際に施術するにあたっての踏み込んだカウンセリングに入っていきます。

 

 

薬の服用の有無や、アレルギーについてなど前回と多少かぶる質問もありますが、

その他今までの手術歴についても聞かれ、私が数年前に体験した鼻の手術の話題で

大笑い。(内容はヒミツ)

和やかにカウンセリングが進んでいきました。

 

そしてここからいよいよ、脱毛についての説明。まず、使用する機械についてです。

 

使用する脱毛器はどんなもの?

RAYVIS(レイビス)さんでは現在3台の脱毛器を使用されています。

つい最近、一番古い型の機械の使用を完全に止め、最新機を導入されました。

とても取材に寛大なレイビスさんですが、脱毛の機械だけは撮影NGということで画像はありません。

その分、徹底的に解説いたしますよ~!

1.最新機種

2016年秋から導入された最新機種。

パワー設定はもちろん、そこにプラス太い毛、細い毛などの細かい設定が可能。

お客様一人一人に合わせたRAYVIS(レイビス)仕様のオーダーメイド脱毛が自慢。

システムのバージョンアップにより従来よりも光がより一層、効率的に毛に働きかける。

(効率的ということは、毛の抜けも非常に良いということ。)

そのため、毛の抜けも非常に良い。

もちろん冷却機能で痛みは軽減されている。

2.ひとつ前のモデル

1.の最新機種より一つ前の機種。

-5℃~-10℃で照射しながら同時冷却。

痛くない・熱くない施術が可能。

美肌にしながら脱毛できる。

3.顔専用小型機種

純国産の機械で日本人の肌質に合わせて開発された。産毛(うぶ毛)などの細く薄い毛にも対応できる。

照射面が小さく照射範囲が狭いので主に顔用として使われる。

凸凹のある顔でも細かいところまで照射可能。

※顔だけでなく身体にも使用できるので、個人経営などの規模の小さいサロンでは複数機械導入が難しいため

これ一台で顔から全身まで使用するところもある。しかし、照射面が小さい分施術に時間がかかりすぎるので

大手ではほとんど身体には使用しない。

 

医療脱毛とはどう違う?

こちらRAYVIS(レイビス)さんで行っているのは一般的な脱毛エステの方法。

医療脱毛はレーザーの光。脱毛エステはレーザーではなくルニクス光です。

 

医療脱毛(レーザー)  単一の波長。照射面積は狭く、光は平行で一点集中型。

その分奥深くまで光を直撃させることができる。

 

脱毛エステ(ルニクス) 複数の波長。面積広く、光は拡散される。その分、ほくろの近くの毛も

周囲から攻めていくことによって発毛する力を弱めていくことができる。

 

 

医療脱毛は1点集中型のため非常に脱毛効果が高いですが、その分痛みも伴いやすいのです。

そのため麻酔を使用することもあり、施術後には赤みやかゆみがでることもあるため薬が処方されます。

その為にも施術の現場に医師が必要なのです。

 

毛が抜ける仕組みとは?

毛は、皮膚の奥にある「毛乳頭」というところで作られます。

「毛乳頭」は、いわば毛の工場のようなところ。

毛細血管から栄養分をもらい、その栄養分をエサとして毛は育ちます。

 

 

そもそも毛は、その成分のほとんどがタンパク質です。

タンパク質は加熱することによって固まるという性質を持っています。

タンパク質といえば卵が代表格でしょうか。

卵を例にとってご説明すると、卵に熱を加えるとゆで卵になりますね。

 

脱毛器の光は黒いもの(毛)に集中しますので、脱毛することができるのです。

 

 

コレが毛の抜ける仕組み!!

 

栄養をもらえない毛はどんどん栄養不足で痩せ細っていく

毛が瘦せていくと、その分毛穴も小さく引き締まる

これにより毛が皮膚下から押し出されていく

施術から2~3週間後、照射された毛穴から伸びてきた毛は

自然と抜け落ちる!!

 

これを繰り返すことによって次第に毛が薄くなっていきます。

 

 

毛周期って何?毛のしくみについてもっと理解しよう

ところで、今生えている毛が自分の全てだと思っていらっしゃいませんか?

じつは表面に見えている毛は、体全体の毛の約1/3しかありません。

のこりの2/3は、皮膚内部で生え伸びるのを待機しているか休止しているのです。

 

成長期~退行期~休止期の三つの期間によって毛周期は成り立っています。

 

つまり、一度の施術では全体の1/3の毛にしか対応できないのです。

その時にやっつけることのできなかった毛を、また次の施術で照射します。

 

だからこそ、一度の施術ですべて脱毛することは不可能で

数年間、複数回にわたってサロン通いが必要になってくるというわけです。

では、この毛周期のうち、施術に最も効果的なのはいつでしょうか?

もちろん、毛に一番勢いのある成長期です。

 

 

ところで脱毛効果が良く出る毛質と、そうでない毛質はあるのでしょうか?

 

やはり、黒く太いしっかりした毛質の方が効果が出やすいといえます。

黒ければ黒いほど光が反応しやすく、効果的です。

毛の色素が薄かったり毛自体が細いと、光エネルギーを吸収しにくく、

完全に脱毛するまでには黒い毛よりも長いスパンで考える必要があります。

 

えっ!!まさか…本当は怖い家庭での自己処理

脱毛をするにあたって、もう一つ重要なことがあります。

それは、今までの自己処理の方法や回数です。

 

サロンに通い始めるまで、自分がどのように処理をしてきたかが

スムーズな脱毛プランを考える上での重要なポイントになってきます。

 

    • カミソリで剃る
    • ワックスで脱毛
    • 毛抜きで抜く
    • 家庭用脱毛器で処理する

 

など、お手入れの仕方は様々。

 

しかし、今まで良かれと思ってやってきたその自己処理のせいで

サロン脱毛に大きな影響があるかもしれないと言われたら…?

 

驚愕ですよね!

 

皮膚はそもそも、外部からの刺激から身を守ろうとして

何か刺激がある度に固く固く、ヨロイを身にまとっていきます。

 

だからこそ、ひじ・ひざ・足のかかとなどはとっても硬いんですね!

 

トラブルを招く自己処理~カミソリの場合~

カミソリで何度も何度も剃っていると、お肌ごと一緒に削り取っているのと同じ。

その繰り返しでお肌は自分を守ろうとして毛を生やそうとします。

…しかもよりによって丈夫な太い黒々とした毛を!( ゚Д゚)

 

カミソリで剃ったら毛深くなる、というのは迷信でも都市伝説でもなかったんです!

 

また、カミソリ負けによる皮膚トラブルを起こすことも。

皮膚にトラブルを抱えた状態で施術をすることはできません。

 

いざサロン通いをしようと思っても、まずお肌を健康な状態に戻してからでないと

脱毛できないのです。

 

トラブルを招く自己処理~毛抜きの場合~

じゃあ、毛抜きで抜く方がいいんですか?と質問すると、

またまた恐ろしい答えが。

 

剃るよりも毛抜きで抜く方がタチが悪いんだそうです。

 

何度も抜くことにより、抜くときの摩擦で毛穴周辺の皮膚はどうなるでしょう?

角質が厚く厚くなっていくんです。

 

一番元気な太い毛根を引っこ抜く訳ですから、その毛穴にかかる圧たるや相当なもの。

肌を護ろうとして角質が厚くなり、皮膚で毛穴をふさいでしまう「埋もれ毛」になってしまいます。

 

脇(わき)では確認しにくいと思いますので、膝(ひざ)をいちど注意深くご覧になってください。

皮膚内部で埋もれている毛が発見できると思います。

 

「埋もれ毛」になると、まず皮膚を剥がすか傷つけてからでないと

毛を取り出すこともできません。

 

埋もれ毛と同じく面倒なのが、何回も抜くことによる毛穴自体の隆起。

私も実は若い時にひたすら脇(わき)を毛抜きで処理していたせいで、毛穴がポッコリ突き出てしまっています。

 

今は面倒なのでカミソリで剃っているのですが、たまにその突き出た毛穴に刃が当たって

血が出ることがあります。

本当に厄介なやつです…。

 

トラブルを招く自己処理~家庭用脱毛器の場合~

そして、自宅で抜くことのデメリットはまだあります。

 

抜くときの摩擦は角質を育てるだけではありません。

その摩擦で皮膚にメラニン色素が発生し、ボツボツと黒い毛穴シミになって残ってしまうのです。

 

たまにいますよね、鳥肌みたいな人…。

 

というか、身近でいたような!

某有名家電メーカーの脱毛器で脱毛している知人の肌は、年々ポツポツが目立ってきているのです。

 

「あの、家庭用脱毛器はどうでしょう???」

 

気になって、急いで確認した私。

 

「それは…あまりおすすめできません」

 

エエェ~~~~!!!

 

だって、カミソリや毛抜きより高いよ?あの機械。

何千円もするよ?

でも、それを使うなら生やしておいた方がましですとのこと!

 

なんとまあ…無知とは恐ろしいものです。

一刻も早く教えてあげなければ!!

 

※ご参考までに、こちらの図は一つの毛穴にしか見えないのですが

皮膚奥では毛根が三つ存在する多孔毛というもの。もとは別々の毛穴だったのが自己処理のし過ぎで発生するといわれています。

このような毛穴は完全に脱毛するには通常より更に時間がかかるといわれています。

 

自己処理とはまた別の話ですが

 

日焼けしている人は施術できません。

機械が黒いものに反応して照射するので、当然といえば当然ですね。

なので、日焼けしている人はまず、元の白い状態に戻してから

サロンに行かれることをおすすめします。

 

脱毛にかかる期間は結局どのくらい?目安はある?

というわけで、まずここまでの情報をまとめてみますと。

 

脱毛にかかる期間は人それぞれ。

 

  1. その人の元々の毛量
  2. 自己処理の仕方
  3. ホルモンバランス
  4. 肌質
  5. 日焼けの具合

 

これらの要素が複雑に絡み合い、脱毛の効果が異なります。

人によっては完全につるつるにしようと8年通った人もいるそうです。

 

ただ、やはりだいたいの目安というものはあります。

 

2~3か月に1回のサロン通いというペースで平均2年。

脇(わき)は完璧な状態を求められるので4年くらい通われる方も多いそうです。

 

いよいよ施術!!その時が来た…

では、お待たせしました!いよいよここから施術に入ります。

 

受付横のソファからここまではこんな感じ。

 

 

各施術室が並んでいます。とても静かで落ち着いた雰囲気。

 

 

施術室の近くにはこんなパウダールームも!ちょっとしたメイク直しに良いですね。

 

 

私が施術していただく部屋はこちら。

 

 

部屋の奥から撮ったところ。

部屋の入り口から撮ったところ。 

 

こちらがロッカー。脱いだ服をここに入れます。

正面を向けているのが施術の際に着るものです。腕から上を出します。

脇(わき)のみの場合はシャツ類までを脱いで、下は着たままでOK。

ブラジャーも着用したままで大丈夫ですよ。

 

着替えたらベッドに仰向けに横たわります。

照射の光が目を傷めるといけないのでサングラスを渡されました。

 

ちょいワルな感じです(笑)

 

 

では!いよいよ照射!!

毛量や毛質をチェックするため、何も手入れせず伸ばしておいてくださいと

事前に言われていた通り、脇(わき)は生やし放題の無法地帯でございます( ;∀;)

バンザイするの恥ずかしい~~(/ω\)

 

パパッと目視のチェックが早々と終わり、

(私は脇(わき)限定なのでほんの数秒で終わりましたが、全身脱毛の場合はうつ伏せから始まり、

頭のてっぺんからつま先まで見るそうです。その後、また今度は仰向けで全身チェックされます。)

 

次は剃毛。

毛量さえ見れば脇(わき)毛さんに用はないので、速やかに事前処理をします。

伸ばしっぱなしでは照射の効率が下がるのです。

 

毛が長く伸びていると表に出ているところにばかり光が反応し、

施術の効率が極端に下がります。

 

剃毛は小型の電動シェーバーで手早く行われます。

剃った都度、ガムテープで肌表面から除去していきます。

毛が貼り付いたガムテープは、顧客情報としてカルテと一緒に保存、

その後の毛量の減りの経過観察のためのデータとして使われることもあるそうです。

 

私が施術していただく機械は、最新のもの。

本体はかなり小型化されています。

大きさでいえば、少し大きめのオーブントースターくらい。

ワゴンに乗るようなサイズです。

 

 

ジェルを塗り、いよいよ照射。

サングラス越しにも眩しい光が分かります。

確かに裸眼ではヤバそうです…。

 

等間隔に数秒ごとに場所を移動しながら照射していきます。

しかし、まったく痛みがありません。

 

なんだか肩透かしをくらった感じです。

しかし、たまに「バキッ」と大きな音をたてて光る場合もあり

このような時には衝撃と共に多少の痛みも感じます。

でも、やはりそんなに目くじら立てて「痛い!!!」というようなものではありません。

 

担当者の方曰く、衝撃が強い時ほど太く黒い毛なのだそうです。

その分、毛が光を多く吸収するので衝撃も強いのだそう。

 

だから、もし施術の際に「痛っ」と思うことがあったら

その時は照射器さんが頑張って良い仕事をしてくれている、ということなんですよ!

 

照射器の肌に当たる部分がキンキンに冷やされたクリスタルなので

光が当たっても熱いと思う暇もなく冷やされていきます。

 

照射は両脇でもほんの3~5分くらいで終わったと思います。

とにかくあっという間。痛みもない。

終了後は保冷剤(冷やしてあるだけ。凍ったものではありません)

を両脇に挟んでクールダウン。

 

もともと熱いと感じていないので、ただただ寒いだけです!(笑)

でも、熱い感覚はなくても皮膚の奥深くを熱しているわけなので

必ず冷却する時間が必要です。挟んだまま5分ほどじっとします。

 

クールダウンが終わった後、保冷剤を見せていただきましたが

スーパーでもらえるような何の変哲もない保冷剤でした(^^;)

 

脱毛の機械は撮影NGだったのですが、見るだけならOKということで、

照射する部分を施術後見せていただきました。

 

肌に当たるパーツは1×5cmほどの透明ガラス製。

透き通っていて水晶みたいに綺麗でした。

 

施術後のバンザイも撮っていただきました。

さあ…いよいよお見せしましょうか。

公開するのは勇気がいりましたのでだいぶ隠しておりますが(^^;)

中年おばさんの肉肉しいところをカバーするのに苦労いたしました。

 

なにはともあれ、脇(わき)はピッカピカでございます!

これから2~3週間後に伸びてきたところを爪でつまんだだけで

スポスポ抜けるというのですから、今から楽しみで仕方ありません!

 

施術後の当日の過ごし方は何に気を付ければ良い?

 

  • 入浴は避けてシャワーのみにする
  • 照射した部分にスプレー剤やボディクリームは使用しない
  • お酒・運動は控える
  • 風通しの良い服を身に着ける
  • スキニージーンズ・サポートストッキング・圧着タイプの靴下は避ける
  • ペットとの接触は避ける
  • レースの下着・サテンのキャミソールは避ける
  • 常に日焼けはしないこと
  • 施術後の部位を掻いたりむやみに触らない
  • シャンプー剤・ボディソープ等が肌に残らないよう、よくすすぐ

 

※ポイントは熱がこもらないように「締め付け」と「摩擦」に注意し、

皮膚トラブルを防ぐため「清潔に保つ」ということ!

 

ちなみに脱毛前に気を付けておくポイントは…?前回も書きましたがもう一度おさらい。

 

施術前日までに気を付けておきたいこと

  • 1週間前から服薬は避ける
  • インフルエンザなど予防接種を打ってしまった場合2週間は施術できない
  • 照射する部位にボディクリームやボディファンデーションは塗らない
  • 繊維が皮膚に付着しやすい黒い服は着てこないこと(肌に残った黒い繊維に光が反応しトラブルのもとに)

 

RAYVIS(レイビス)心斎橋店イチオシのコースは?

いろいろおすすめプランはありますが、RAYVIS(レイビス)全店、ホームページでも大々的におすすめしているのが
やはりお得な月額プラン。

全身35か所からセレクトするのですが、

 

月額プラン4カ所コース   月額 2980円

月額プラン10か所コース  月額 6980円

月額プラン35か所コース  月額 9800円

 

の3種類あります。

しかも、これらの月額プランをお申し込みのお客様にはもれなく特典が!

なんと1か月分が無料なんです!!

※この他にキャッシュバックキャンペーンというものがあり非常に好評だったのですが、2017年1月19日に終了しています。

一番人気は最もお得感がある「月額プラン35か所コース」だそうです。

 

どうせなら体中隅々まで脱毛して綺麗になりたい!と考える方が多いからなんですね!
しかも、このプランをお友達にも紹介していただき、その方が契約されると
ご紹介者のお客様にもキャッシュバックがあるのです!
これは見逃せません…

 

 

月額プランで知っておいてほしいこと

月額プランの注意点として、初回の毛量チェックの時以外は来店前に剃毛してくること。
剃毛はオプションで別料金になります。(1カ所500円)

ただ、全身プランの場合は背中などの自分で見えない部分について
止むを得ず剃毛をお願いしないといけない場合があるそうですので
月額とは別で剃毛料金が発生することは覚悟しておいた方が無難ですね。

※2016年12月現在・心斎橋店の場合

 

 

耳寄り情報!脇(わき)限定お友達からの紹介ワンコインプラン

ここで気になったのが、前回私がお聞きした脇(わき)限定500円ワンコインプラン。
じつは、ホームページのどこを探してもそのようなプランは記載されておらず
困惑していました。
そのことについて尋ねてみると、じつは心斎橋店に通うお客様からご紹介いただいた方限定の
超お得目玉プランだったのです!

 

カウンセリングコーナーに無造作に置かれていたこのカードが

500円のワンコイン脱毛を可能にする魔法のカードです( *´艸`)

これを見せると、500円で12回、2年間有効で脇(わき)脱毛に限り

施術していただけるのです!

※心斎橋店のみ・2016年12月現在

 

一度来店したお客様はこれをGETできるので、担当者の名前とご自分の名前を書いて

お友達に渡してあげると良いですよ~

 

私は友達にあげるようにちゃっかり3枚いただいてきました!(*’▽’)

 

施術後の過ごし方は?もし何かあったらどうしたらいい?

最後に、もし施術後に何か体調に変化があった場合にも対応できるよう、

エステ店はどこも必ず皮膚科と提携しているそうです。

 

RAYVIS(レイビス)さんも、もちろん提携皮膚科があります。

心斎橋店からすぐ近くの佐々木診療所というところ。

(取材で提携皮膚科の名前まで聞かれたのは初めてです、と言われました ^^;)

 

但し、施術当日はまずサロンからの注意に従い、正しく過ごすことを心がけましょう。

例えば施術部位が赤くなった、腫れた、痛みが出てきたといっても、

脱毛当日に大酒を飲んだり、サウナに入った、何キロも走ったなんてことでは

対応されかねることもあります。

 

まず、注意事項を良く守り体調の変化に十分気を付けましょう。

そして熱を持つなどの症状が出てきたら、まず濡れタオルを当てて冷やし、様子を見てください。

それでも症状が改善されず続くようでしたら、お店に電話してくださいね!

 

 

 

ひょんなことから2度もお邪魔することになったRAYVIS(レイビス)心斎橋店さん。

2度ともとても親切に説明してくださって、脱毛初心者の私でも脱毛の仕組みや

気を付けなければいけない自己処理方法など、いろんな知識が付きました。

 

担当の真柴さん、本当にありがとうございました。

 

皆さんも顧客満足度・リピート率共に高いRAYVIS(レイビス)さんに

ぜひ行ってみてくださいね!

 

※ご紹介したキャンペーン及び、料金やプランは取材時の2016年12月現在のものです。

その時によって変動する場合がございます事ので了承下さい。 今回の取材は心斎橋店ですので、

他のRAYVIS(レイビス)各店舗では多少対応の違いがあるかも知れません。