男性・女性ともに気になる「鼻毛」。あなたはどのように処理していますか?

鼻毛の脱毛方法としては、鼻毛用のハサミや電動カッター、ブラジリアンワックスなどが有名ですが、実はレーザーという方法もあります。ほかの方法と違って、永久脱毛ができる点がレーザーのメリットです。

しかし、実は鼻毛のレーザー脱毛は意外とリスクが高いということをご存じでしょうか?そもそも鼻は、「死の三角形」と呼ばれるエリアの一つ。無理な脱毛をすると粘膜に傷がつき、そこから入った細菌が、なんと脳に行ってしまうこともあるのです!

ここでは、そんな「本当は怖い鼻毛のレーザー脱毛」について詳しくご紹介していきます。

鼻毛の「3大脱毛法」、それぞれのメリットとデメリットとは?

多くの人が気になる鼻毛ですが、眉やヒゲと違って奥まったところに生えているため、脱毛方法は限られてきます。

現在、主に行われている鼻毛の脱毛方法は以下の3種類です。

*気になる毛を自分でカット!「鼻毛用ハサミ」


もっともシンプルなのは、鼻毛用のハサミでカットすることです。

鼻毛用ハサミは普通のハサミと違って刃先が丸くなっているため、鼻の粘膜が傷つきにくくなっています。

あくまで鼻の入り口部分の毛を短くカットすることしかできませんし、やや時間もかかりますが、もっとも低コストで簡単な方法です。

*電動で一気にカット!「鼻毛カッター」


ハサミよりも手間をかけずに鼻毛をカットできる商品が、電動の鼻毛カッターです。

鼻の中に突っ込んでスイッチオンすると、刃がモーターで回転し、一気に鼻毛をカットしてくれます。自分で操作する必要がなく便利ですし、ハサミよりも時間がかからない点がメリットです。

 

以前は男性用の鼻毛カッターが主流でしたが、最近は多くのブランドが女性用の商品も販売しています。サイズもコンパクトですので、持ち運びも可能です。

*鼻毛を根こそぎ引き抜く!「ブラジリアンワックス」


「短くカットするだけじゃなく、もっと根こそぎ鼻毛を取ってしまいたい!」という方に人気なのが、ブラジリアンワックスです。

ブラジリアンワックスは、もともとアンダーヘアの脱毛グッズとして開発されました。脱毛したい部位に温めたワックスを塗り、それが冷えてから一気に引きはがすことで脱毛します。

引きはがす際の痛みはありますが、広範囲の毛を一度に脱毛できますし、毛根から抜き取ることができるため、効果が長く続く点がメリットです。

さらに最近では、そんなブラジリアンワックスを鼻毛に応用した商品が登場しています。粒状になった固形ワックスを溶かして、専用のスティックに付けて鼻に入れ、固まってから引き抜くというものです。

引き抜く際に多少の痛みはありますが、一気に鼻毛を脱毛することができ、その快感にハマってしまう人も続出しているのだとか。

毛根から引き抜いてしまうため、大体1ヵ月ほどは効果が持続するようです。

 

------------------------------------

→鼻毛をブラジリアンワックスしてみた口コミ!見てみる?

旦那の鼻毛をKING’s NOSE WAXで脱毛!使い方・効果・痛みは?

------------------------------------

*永久に鼻毛とおさらばできる!?「レーザー脱毛」


「いっそ、鼻毛を永久脱毛してしまいたい!」という方に人気なのが、医療用のレーザー脱毛です。

レーザー脱毛では、脱毛したい部位の表面からレーザー光を照射して毛根を焼きます。エステサロンでは扱えないため、おもに美容クリニックで行われており、ありとあらゆる部位の脱毛が可能です。

ただし、鼻となると照射ヘッドがごく小さいサイズでなければいけない上、粘膜で覆われている鼻の中はリスクが高いことから、鼻毛のレーザー脱毛を実施しているクリニックはごく一部に限られます。

手順としては、鼻専用の小さな照射ヘッドを鼻の中に入れ、1周させながら何ショットか照射します。その後は冷やすのですが、ほかの部位と違って冷却パッドを当てることができないため、冷却ガスを注入して冷やすことが一般的です。その際ガスを吸い込まないように、医師の指示にしたがって呼吸をします。

この施術を何度か繰り返すことで、しだいに毛根が破壊され、鼻毛の永久脱毛ができるのです。

 

------------------------------------

→自己処理に関する口コミ見てみる?

実は危険…?セルフ脱毛での自己処理トラブル集。毛膿炎・埋没毛…

------------------------------------

レーザーによる鼻毛脱毛には死のリスクもあり!?

鼻毛の脱毛法の中でも、レーザー脱毛はもっとも威力が強く、現時点では唯一永久脱毛できる可能性がある方法ですが、実はメリットだけではありません。

むしろ、鼻毛のレーザー脱毛を行っていないクリニックのほうが多いことからも、その安全性にはやや不安があると考えたほうがいいでしょう。

特に怖いのは、細菌感染による脳への影響です。

*鼻は、脳につながる「死の三角形」の一部だった!


私たちの顔には、「死の三角形」と呼ばれる部位があります。それは、鼻の両脇から下くちびるの下までを結んだエリアです。

「死の三角形」を通っている血管は脳とつながっているため、細菌が侵入すると、それが脳にまわって思わぬ事態を引き起こすリスクがあります。実際、副鼻腔炎が悪化して細菌が脳に行き、脳膜炎につながるケースがあることからもそれはわかります。

そう考えると、無理な脱毛をして鼻粘膜に傷つくことは、かなりハイリスクです。傷口から入った菌が、万が一脳へと広がっていった場合、頭痛や発熱のほか、最悪の場合は失明や死に至る可能性もゼロではありません。

特にレーザー脱毛は出力が強いこともあって、鼻粘膜に与えるダメージは決して小さいものではないのです。

また、鼻粘膜を傷つけるという点では、ブラジリアンワックスでの根こそぎ脱毛もリスクが高いといえるでしょう。

*鼻毛を脱毛しすぎると、思わぬ健康被害も!


さらに、鼻毛脱毛のリスクは細菌感染以外にもおよびます。それは、「鼻毛というフィルターがなくなることで、体が異物にさらされやすくなる」ということです。

そもそも鼻毛は、外から侵入してくるホコリや細菌、ウイルスなどを絡めとって、体の中に入れないようにするという、重要なフィルターの役割を果たしています。

ですから鼻毛をあまりキレイに根こそぎ取ってしまうと、異物が入り放題となり、たとえば花粉症などのアレルギーが悪化したり、風邪をひきやすくなったりする危険性があるのです。

鼻毛の脱毛は、「ほどほどにとどめる」ことも大切なんですね。

まとめ

鼻毛脱毛には、意外とリスクがあることをお分かりいただけたでしょうか?

鼻毛は、どうしても日常的に人の目に触れるということもあって、できればレーザーで永久脱毛してしまいたくなりますが、それで健康を損なってしまっては元も子もありませんよね。

ですから、顔をいろいろな角度から至近距離で撮られるモデルさんではない限り、無理のかかる脱毛はしないほうが無難です。

 

 

また、鼻毛のフィルター機能を生かすためにも、あまり根こそぎ脱毛しないように気を付けましょう。基本的には、鼻の穴の入り口近くの毛だけを、専用のハサミやカッターなどで処理するのが安全でオススメです。