まるで肌にカビが生えたように見えてしまう埋没毛。カミソリ処理などが原因だって知っていましたか?

一度できてしまった埋もれ毛を、無理やりピンセットなどを使って取り出すのは大変危険です!出血したり、色素沈着でシミになる場合もあるんです。かといって、このまま埋もれ毛を放置していると肌トラブルのもと・・・。

埋没毛を治すにはエステやクリニックが良いといわれていますが、本当なのでしょうか。自宅では治せないのか、どうしたら安全に治療できるのか調べてみました。

セルフ脱毛は埋もれ毛ができやすい!自宅で埋没毛は治るのか?

埋没毛ができる原因は、毛穴が傷つき角質が厚くなってしまい、毛が皮膚の表面に出てこれなくなったからです。

いつもは毛穴から毛が伸びるために、皮膚に空間があります。カミソリや毛抜きを使って脱毛すると、毛と一緒に角質を削ってしまったり、毛穴に傷をつけてしまいます。

その結果、角質は分厚くなり埋没毛ができるのです。

埋没毛を治すには、この厚くなった角質を薄くしなくてはいけません。毛穴をふさぐフタを取り除いてあげることで、肌の内部で成長している毛が外部へ出てこれます。

自宅で埋没毛を治すなら、カミソリや毛抜きによる自己処理をやめること。そして、分厚くなった角質をたっぷりの保湿で皮膚をやわらかくしてあげましょう。

固くなってしまった角質はピーリングなどで落とすこともできますが、摩擦によって肌は乾燥しやすいので、最終的に保湿が必要です。

保湿成分が配合した化粧水やボディクリームなど、肌にあったスキンケアを使いましょう。刺激の強い化粧品は、皮膚が傷ついて逆効果となってしまう場合があります。

また、まちがっても皮膚の表面を少し削ったり、ピンセットで埋もれ毛を引っ張ったりしないようにしましょう。肌の中に埋もれた毛がすぐに取り出せますが、埋没毛を再発させる可能性が高いんです

埋没毛は保湿をすることで角質がやわらかくなりますが、即効性はありません。時間をかけてケアし続けることで、少しずつ埋もれ毛が改善されるので、今すぐの効果を求めている人には不向きです。

 

-------------------------------------------

→自己処理の危険性を知りたい方はコチラへ

実は危険…?セルフ脱毛での自己処理トラブル集。毛膿炎・埋没毛…

-------------------------------------------

脱毛エステなら今すぐ埋没毛が治る?でも埋もれ毛はNGなことも・・・

残念ながら脱毛エステでは、今ある埋没毛は治せません!それどころか、施術する部位に埋もれ毛があると、その部分以外を脱毛したり断られることが多いです。

断られる理由は、埋没毛ができると色素沈着や炎症がすでにおこっている可能性があるからです。脱毛エステでは、メラニン色素に反応する特殊な光を照射します。色素が多いとヤケドなどの心配もあり、とても危険なのです。

でも、脱毛エステの施術は自己処理とはちがい、皮膚にダメージをあたえません。毛の根本に熱を加え処理する脱毛法なので、肌ダメージを軽減した施術がおこなえます。脱毛中に埋没毛も発生しづらいので、自己処理よりも安心してムダ毛処理ができます。

→脱毛サロン情報はコチラから♪埋もれ毛でもOKのサロンがあるかも・・・

今ある埋もれ毛も治る!埋没毛ならクリニックがおすすめ

今ある埋没毛を治したいなら、適切な治療と環境が必要です。クリニックの脱毛は、脱毛エステよりも出力の高い医療レーザーを扱うので、埋没毛を治すのに最適です。

医療レーザーは毛の黒い色素であるメラニンへ、強い熱エネルギーを照射します。脱毛エステで使う脱毛機よりも出力が高く、集中して照射するため、皮膚の下で成長してしまった埋もれ毛も一緒に施術できる場合があります。

カウンセリングや施術では、肌を知りつくした医師が立ち会うので安心してお願いできます。ただし、クリニックならどこでも埋没毛の治療がおこなえるとは限りません!

かならず施術前のカウンセリングで、埋没毛も治せるか確認しましょう。クリニックによって、脱毛エステのように埋没毛があるとお断りされるケースもあります。

→クリニック情報はコチラから♪あなたにあったクリニックみつけてね!

埋もれ毛をこのまま放置したら危険?脱毛事前処理はどうするべきか

埋もれ毛があるけど今のところ問題ないし、放置したって大丈夫!って思いますよね?それに、わざわざ脱毛エステやクリニックに通うのは“面倒くさい”と感じてしまう人も多いと思います。

でも、毛は肌の表面に出てきていませんが、皮膚の中で今も伸び続けています。場合によっては、伸びた毛先によって皮膚が刺激され、炎症や赤みが出てしまうときがあります。

ひどい状態になると毛嚢炎(もうのうえん)といって、ニキビのような炎症がおこり膿や血がたまってしまうこともあります。埋没毛をムリに抜いたりするほうが危険ですが、放置しているのも危険であることを覚えておきましょう。

もし、これからクリニックや脱毛エステで脱毛を考えているなら、カミソリではなく電気シェーバーで事前処理をしましょう。電気シェーバーはカミソリの刃が直接肌に触れない構造になっているので、肌に負担のかからない自己処理ができます。

まとめ

女性の多くが自己処理を経験し、そして半数以上の人が埋没毛に悩んでいます。カミソリなどでの処理は低コストで手軽ですが、肌ダメージが強く埋もれ毛ができると治療費で高くついてしまう人もいます。

クリニックの医療レーザー脱毛は永久脱毛の効果もあり、埋没毛が出来づらい処理がおこなえます。肌にやさしい脱毛をはじめませんか。