img_166

脱毛サロンやクリニックの医療脱毛は一般的に、春から夏にかけて申込みをする人が増えます。
「肌の露出が多くなる夏に向けて脱毛しなくちゃ!」
そう思って駆けこむ人が多くなるので、それ以前から通っている人は「最近なんとなく予約がとりにくいなあ」と感じる時期です。

でも夏に向けて脱毛するなら、春を過ぎてからスタートするのでは、ちょっと遅いです。
もちろん「物事は思いたったら始めどき」といいますから、春過ぎや初夏になってからスタートしても悪くはありません。
けれど夏本番にムダ毛のないきれいなお肌で夏服や水着を着たいのなら、その前の秋冬から準備を始めるのが最適です。

その理由を解説しましょう。

理由その1 脱毛は毛周期に合わせて何度も施術しないと完了しない

脱毛は、1ヶ月や2か月で完了するものではありません。
ひとつの部位の脱毛をおえるには、脱毛サロンの場合でだいたい2年、クリニックの医療脱毛でも1年ほどかかります。
その理由は、毛周期に合わせて何度もマシンで光を照射する必要があるからです。

毛周期って?

毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのこと。
毛が生えはじめてから抜けるまでには、1.成長期、2,退行期、3,休止期の3つの期間があります。

  1. 成長期・・・毛根から毛が誕生して成長し、皮膚上に出て伸びる時期
  2. 退行期・・・毛が伸びきって成長がとまり、抜け落ちるのを待つ時期
  3. 休止期・・・毛が抜け落ち、再び新しい毛が誕生するのを待つ時期

img_165

脱毛施術が有効なのは成長期のムダ毛だけ

img_168

脱毛サロンのフラッシュ(光)脱毛も、クリニックの医療レーザー脱毛も、黒い色に反応する光やレーザーをマシンで照射します。
脱毛サロンとクリニックの脱毛マシン施術の違いは、その出力。
クリニックの医療脱毛のほうがパワーが強く、そのぶん効果も強くなります。
医療脱毛の場合は、照射した部分のムダ毛はほぼ永久的に生えなくなります。

どちらにしても、照射した部位のムダ毛はダメージを受けるのですが、もしそれだけなら毛抜きで自己処理した場合と同じで、すぐにまた生えてきてしまいます。

脱毛施術を受けると半永久または永久的にムダ毛が生えてこないようになるのは、毛だけでなく、毛の生産工場ともいうべき毛乳頭にまでダメージを与えているから。

そして毛乳頭にまでマシンの光が届いてダメージを与えられるのは、施術のときに成長期の状態にある毛だけなのです。
逆にいえば、脱毛施術を受けたときに退行期や休止期の状態にある毛には、まったく効いていないことになります。
ひとつの部位にあるムダ毛のうち、成長期にあるのは多くても20%程度といわれています。

だから、時間がたって退行期や休止期だった毛が成長期に入ったの頃に、次の照射をするのですね。
そうして何度も施術を繰り返していくと、やがてその部位のすべての毛の毛乳頭が弱ったり再生不能になって、脱毛が完了するというわけです。

毛周期は部位によって違う

img_167

たとえば頭髪の毛周期は2年~6年です。
顔のムダ毛の毛周期は6ヵ月~1年6ヵ月、脇(わき)は1年~2年6ヵ月、デリケートゾーン(VIOライン)は1年~2年。
このように、部位によって毛周期は異なります。もちろん個人差もあります。

毛周期を考えながらも早くきれいな肌を実感するために、脱毛施術は1.5~3か月ごとにおこなうもの

img_169脱毛サロンやクリニックに通いはじめると、「次の施術予約は2ヵ月後くらいの日にしてください」などと案内されます。
これは毛周期を考慮した脱毛効果と、通いやすさ、そして脱毛完了までの間も少しでも早くその効果を実感してもらえるようにという考えから編み出された施術サイクルです。
確かにまだその部位の脱毛が完了しなくても、通いつづけるうちに、だんだんムダ毛が少なくなっていくのを見ると嬉しくなりますよ!

脱毛効果を実感しはじめるのは5回目以降?だから秋冬から始めないと!

img_170脱毛サロンで脱毛をはじめた人が、「確かに毛が減ってきた」と効果を実感するのは5回目の施術を受けたあとぐらいからといわれます。
個人差や部位による違いもあるのですが、平均的には5回目くらいからなのです。

2か月おきに通っている場合なら、脱毛スタートから10ヶ月後ということに。
だから、夏に向けてムダ毛が目立たないきれいなお肌になりたければ春から脱毛を始めるのでは遅くて、秋冬が最適というわけです。

繝帙z繧、繝ウ繝・point光脱毛やレーザー脱毛は照射したからと言って、その場でむだ毛がなくなるわけではありません。
照射後10日前後から、むだ毛が抜け始めます。個人差もありますが、初めの1~2回は、抜けてきれいになった!と思っても、すぐに次のむだ毛が生えてきます。
残念ながら、束の間のツルツル状態でしかありません。こんなんでホントにキレイになるの?と不安になるかも知れません。

しかし回を重ねるごとに、次のむだ毛が生えてくるまで時間がかかるようになり、お手入れも楽に!嬉しいことに、この頃から毛穴も目立ちにくくなってきます。
これが平均すると、5回目くらいなんですよ。

クリニックの医療脱毛ではマシンの主力パワーが脱毛サロンより強いので、痛みも少し強いのですが、脱毛効果も強く早くでます。
それでも春になってからスタートして1回か2回の施術を受けただけでは、まだまだムダ毛が気にならないレベルにはならないでしょう。

理由その2  みんながスタートする時期は予約がなかなか取れない!

img_171

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通っている人から、「予約がなかなかとれなくて通いづらい」という話を聞くことがあります。
とくに春を過ぎたあたりから、そんな傾向があります。

春になると、「薄着になる夏に向けて脱毛しよう!」と考える人が、増えるからでしょう。
たくさんの人が一斉にスタートしたら、予約が取りづらくなるのは当たり前ですよね。

ただでさえ効果を感じはじめるまでに時間がかかるのに、なかなか施術を受けられなかったら、せっかくの夏に向けた楽しみが1年先に延びてしまう・・・。
そう考えると、やはり秋冬に脱毛を始めるのが最適ですね。

繝帙z繧、繝ウ繝・point脱毛サロンやクリニックによって、予約の取りやすさが異なります。
最近では、オンラインで24時間予約が取れるところも増えてきて、以前に比べると予約しやすくなってきいてはいます。
脱毛サロン側も回転がスムーズにいくように、脱毛機器を改良し1度にかかる時間が少なくなるようにしています。
が…!それでも混むときは混むんですよね…。複数店舗があっても、決められた店舗にしか通えないところや、首都圏では複数店舗があっても地方になると、その地域に1店舗しかないサロンもあります。

人気の脱毛サロンは、予約が取りにくい傾向にありますから、口コミなどを参考にこうした点も考慮して、どこで脱毛するのかを決めるのが、スムーズに脱毛を終わらせるポイントのひとつです。

理由その3  紫外線によるダメージが少ない秋冬のほうが、肌トラブルのリスクが減る

img_172

脱毛サロンでもクリニックでも、カウンセリングのときや施術前に肌の状態をチェックしてくれます。
照射できないような肌状態ならば、施術の延期や治療を進められることもあります。

たとえば、うっかり日焼けしてしまったときは、その程度によってはすぐに施術してもらえなかったり、マシンのパワーを落として照射されたりするのです。
日焼けした肌はダメージを受けているわけで、そこに脱毛マシンの光を照射したら、さらに深刻な肌トラブルを起こすかもしれませんから。

紫外線は一年中ふりそそいでいますが、秋冬なら光線も弱いし、衣服で肌が隠れているので、脱毛によって肌トラブルを起こすリスクは少なくなります。

繝帙z繧、繝ウ繝・pointここまで「脱毛するなら秋冬が最適」ということについて説明してきましたが、脱毛をいつ始めるにしても、お肌の保湿ケアはきちんとしておきましょう!
強い熱を照射した脱毛後のお肌は、少なからず傷んでいるもの。
紫外線や乾燥からお肌を守れるように、保湿ケアは絶対に必要です。
秋冬はとくに乾燥しやすい季節なので、ローションやクリームをたっぷり塗ってケアしてくださいね。