最近は男性もムダ毛を気にする時代。特にVIO(デリケートゾーン)の毛を処理する男性は年々増えているといわれます。

VIOのムダ毛は見苦しいばかりではなく、汗や排泄物が付着して不衛生になりやすい点もネックです。実際、クリニックやサロンでおこなわれているVIO脱毛は、別名「ハイジニーナ(衛生)脱毛」とも呼ばれています。

ところで、最近の男性はどのようにVIOの毛を処理しているのでしょうか?短くカットするほうがいいのか、それとも思い切ってプロの手で脱毛してもらうべきかを悩んでいる方のために、男性のVIO最新事情をリサーチしてみました!

海外ではもはや常識!?男性のVIO脱毛

外国人が日本の温泉や銭湯に入ると、ひそかに驚くことがあるといいます…そう、それはアンダーヘアのこと。

「えっ、誰も処理してない!」とビックリする外国人が実は多いのだそうです。

 

ということは、海外ではすでにアンダーヘアの処理が当たり前になっているということでもあります。特に欧米の男性たちは、日本男性が毎日ヒゲをそるのと同じような感覚でアンダーヘアの手入れをしているとのこと。ちょっと驚きですよね。

しかし実際、海外で活躍するスポーツ選手たちがそんなVIO事情についてテレビで語っていたりします。たとえばドイツのドルトムントでサッカーをプレーする香川真司選手は、バラエティ番組に出演した際に「ほかの選手たちに合わせて、下の毛を処理するようになった」と告白していました。

同じくオランダで活躍していたことのある安田理大選手にいたっては、チームメイトから「アンダーヘアを処理していないのは不衛生だから、一緒にシャワーに入りたくない」とまで言われてしまったそうです!

そして、そんなサッカー選手たちのエピソードを聞いた日本男子たちも、少しずつVIOケアへの意識が高まってきたようです。

男性がVIOの毛を処理するメリット

ちなみに、男性がアンダーヘアを処理することにはさまざまなメリットがあります。

・見た目が見苦しくない
・汗や排泄物が付着しないため衛生的
・ムレない、におわない
・肌触りがいい

見た目のさわやかさはもちろんですが、意外と大きいのが「衛生的である」ということ。特に毛の量が多い男性の場合、自分でも知らないうちにムレていて強烈なにおいを放ってしまっている可能性もありますので、ぜひ一度チェックしてみる必要がありそうです!

男性のVIO処理には、体毛カット製品が人気!?

アンダーヘアの処理方法というと、ハサミ・カミソリ・除毛クリーム・ブラジリアンワックス…などを思いつく方が多いと思います。

また、費用はかかりますが美容クリニックや脱毛サロンで本格的に脱毛する、という手もありますよね。

そんな中、最近男性たちから熱い注目を集めている美容家電があります。それはパナソニックが2017年5月に発売した、男性専用ボディトリマー「ER-GK60」です!

これまでにも、毛を処理するための美容家電はたくさんありましたが、ER-GK60は男性の全身の毛を処理できる点が大きな特徴となっています。腕や脚はもちろんのこと、外陰部や肛門周辺の毛まで処理することができ、しかもわずか0.1mmという短さにカットできるんです!

そんなER-GK60は、若い世代を中心に人気が爆発しており、一時は入手困難になったほど。それぐらい、日本男性の間でも脱毛の意識が高まっているということですね。

ER-GK60のようなボディトリマーは、ムダ毛を根っこから引き抜くわけではないため、こまめに処理をする必要がありますが、一度購入すれば長く使えますのでコスパがいいのがメリットです。

また、最近のトリマーは肌にやさしい作りになっているため、皮膚を傷めずに処理することができます。

クリニックやサロンで本格的に脱毛する人も!

脱毛意識の高い男性の中には、「自己処理じゃダメだ!プロの手でしっかり脱毛してもらわないと!」という人もいます。

プロによるVIO脱毛は、大きく分けて「クリニックの医療レーザー脱毛」と「サロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)」の2つです。どちらも光を照射して毛根にダメージを与えますが、医療レーザー脱毛のほうが出力を高く設定できます。

照射する際にゴムではじかれたような痛みを感じることが多いのですが、毛根にアプローチできますので、何度か通ううちにだんだん毛が細くなっていくのが最大のメリットです。特にパワーの強い医療レーザー脱毛なら、数回通えばほぼ永久に毛が生えてこなくなる可能性があります!

ただし、ボディの中でも特にVIOはデリケートな部分ですので、しっかりとした技術のあるところで受けることが大切です。実際、国民生活センターには、クリニックやサロンで脱毛をした一部の人から「やけどや色素沈着などの被害を受けた」という相談が寄せられています。

 

選ぶならどっち?「体毛カット対VIO脱毛」を徹底比較!

「自分もアンダーヘアを処理したいけれど、いったい何を選べばいいのやら…」と悩んでいる男性のために、体毛カット(ボディトリマー・シェーバーなど)と、プロの手によるVIO脱毛を比較・検証してみたいと思います。

ここでは料金の参考として、体毛カットはパナソニックの「ER-GK60」、クリニックのVIO脱毛は「メンズリゼ」、サロンのVIO脱毛は「リンクス」のものをご紹介しています。

体毛カット クリニックのVIO脱毛 サロンのVIO脱毛
脱毛の方法 トリミング(カット) 医療レーザー脱毛 光脱毛
料金 約9,000円 98,800円※1 60,000円※2
痛み なし あり ややあり
安全性
永久脱毛 ×
回数 定期的に処理が必要 多くて10回程度 10回以上かかることも

※1メンズリゼ「デリケートゾーンセット(5回プラン)」の場合
※2リンクス「陰部スッキリ脱毛(8回保証パス)」の場合

3つのうちもっとも料金がリーズナブルなのは、体毛カットです。大きな出費は最初の本体代のみで、あとは交換用替刃を時々購入するだけで済みます。たとえばパナソニックのER-GK60の場合、刃は3年に1回程度の交換で1個2,300円、刃に注油するための専用オイルは1個700円となっていますので、ランニングコストもほとんどかかりません。

一方、クリニックやサロンではある程度の費用がかかります。最近はどちらもかなり安くなっていますが、クリニックでは5回のセットで約10万円、サロンではクリニックよりは安い料金が設定されていることが一般的です。

痛みについては、体毛カットでは毛を短く刈るだけですのでほとんどありませんが、クリニックやサロンではほぼ避けられません。特に出力の強い医療レーザー脱毛のほうが痛みは強めです。

ただしクリニックは医療機関であり、医師が常駐していますので、万が一の肌トラブルがあった際に医療的な対処を受けられるのが大きなメリットです。必要があれば軟膏などの薬も処方してもらえます。一方、サロンは出力が弱めですが医療処置は受けられません。

また脱毛の効果については、一番高いのがクリニックの医療脱毛、次にサロンの光脱毛となります。体毛カットはそもそも脱毛ではなく毛を短くカットするだけですので、伸びてきたらまた処理が必要です。

まとめ

最近の男性のVIO事情や、アンダーヘアの処理方法などについてご紹介しました。

特に暑くなる季節は、陰部の不快なムレやにおいを防ぐためにも、なんらかの方法で処理するのがおすすめです!どの方法を選ぶかはそれぞれの考え方にもよりますが、以下のような基準で選んでみるといいかもしれません。

体毛カット

・費用を安く抑えたい人
・ツルツルにするのは嫌な人
・他人に脱毛してもらうのは抵抗がある人

クリニックの医療レーザー脱毛

・とにかく効果の高い脱毛をしたい人
・医師の管理のもと、安全に脱毛を受けたい人
・短期間で脱毛を終えたい人

サロンの光脱毛

・なるべく低料金でプロの脱毛を受けたい人
・レーザー脱毛は痛くて続けられない人
・自己処理をラクにしたい人

自分に一番合った方法を選んで、ぜひVIOをスッキリさせてみてくださいね!

 

関連記事→注目※VIO脱毛ができるメンズエステはここだ!メンズシュシュの価格や評判とは

関連記事→メンズ脱毛に関する記事はこちらから♪