くるくる脱毛紹介

あなたの腕や脚のムダ毛。実はみんなに見られている?

平日会社帰りに急に誘われたデート。いい感じのムードになり、彼から腕を触れられたときの一言。

「あれ?なんかチクチクする…」

やっと家事を終えてソファで雑誌を読んでいるところに、駆け寄ってきたお子さんが脚を触って一言。

「あー!ママの脚、毛ボーボー!」

あなたはこんなこと言われた経験ありませんか?

女性の本心はやっぱり…ムダ毛なんていらない!

体毛はカラダを守るために生えているものだから生えているのが自然なんだ、とか、最近は一部のハリウッド女優があえてムダ毛処理をしないブームが起きている!なんて聞いても、わたしたち日本人女性は思います。

「でも、やっぱりムダ毛はないほうがいい!」

最近は夏だけでなく、冬でもノースリーブを着たり生足でミニスカートを履く機会も増えているため、夏だけ脱毛していればなんとかなる時代ではなくなっています。

脱毛しなきゃいけないのはわかる。でもめんどくさいしお金がかかる。

それが女性たちの本心だと思います!

めんどくさくなくて、お金がかからない脱毛方法は?

手軽な脱毛方法
なるべくめんどくさくなく、お金もかからずてっとり早く脱毛したい、と考えたときにあなたはどんな方法を思いつきますか?

やっぱり脱毛サロンで施術してもらう?確かに数年〜数十年前とくらべると脱毛サロンの数が圧倒的に増え、低料金で脱毛できるサロンも増えました。

施術中は寝ているだけで楽な脱毛サロンも、1回行って終わり!ではありませんよね。予約に合わせて休日や仕事終わりに時間をかけて何度も通う必要があります。

低料金の脱毛サロンは他のお客さんの予約が殺到して、なかなか次回の予約が取れないという話もよく聞きます。

そして低料金といっても、それは「昔とくらべたら」の話であって、トータルで数万円〜数十万円かかります。

もっと安く予約が必要なく手軽に脱毛する方法はないか…となると「家庭でセルフ脱毛する」が良さそうに思えますね!

家庭でできる、簡単な脱毛方法といえば?

ざっと思いつくものを挙げると、「カミソリ」「脱毛/除毛クリーム」「ブラジリアンワックス」「家庭用脱毛器」でしょうか。

ただ各方法ともに、デメリットもあります。

  • カミソリ→時々、肌まで切ってしまい傷になる。関節などゴツゴツしたところの処理がやりにくい。肌の角質もかなり削ってしまうので、肌トラブルやシミの原因になる。
  • 除毛クリーム/脱毛クリーム→かなり強い臭いがするものが多いので、ちいさなお子さんがいる近くではやりにくい。肌に合わないとかぶれたり、かゆくなったりする可能性が高い。
  • セルフブラジリアンワックス→かなり痛い。材料の準備が少しめんどくさく、コツをつかむのに時間がかかる。
  • 家庭用脱毛器→初期投資が高い。慣れるまで少し時間がかかる。ある程度集中することが必要なので、テレビを見ながらのような「ながら脱毛」がしにくい。

ざっと思いつくだけでも、上記のようなデメリットがありますよね。

ズボラさんにぴったり? 家庭でできる、最近人気の【くるくる脱毛】

くるくる脱毛が人気の理由

メジャーな家庭用脱毛方法にありがちな、デメリットがないんです!

カミソリや除毛/脱毛クリーム、ブラジリアンワックス、家庭用脱毛器にはそれぞれデメリットがありましたよね。

これらのデメリットがなく、かつ脱毛サロンのような費用もかからないということで、最近人気の家庭用脱毛グッズがあるんです。それが【くるくる脱毛】です!

かわいい名前! くるくる脱毛ってなに?

くるくる脱毛の基本的な原理は「研磨(けんま)シートのついたパッド/パフを手に持ち、肌に軽くあててクルクルこするだけで、摩擦(まさつ)でムダ毛が絡め取られる」というものです。

くるくる脱毛のうれしいポイントとしては、カミソリで剃ったときとは違い、ムダ毛の毛先を丸くカットするため肌に触れたときにチクチク感がありません。

さらにくるくるするときに肌の古い角質も一緒に取り除くので、脱毛と同時にお肌がもちもちツルスベになっちゃうんです。

他の家庭用脱毛方法とは、ここが違う!

    • カミソリだと時々、肌まで切ってしまい傷になる。関節などゴツゴツしたところの処理がやりにくい。

 →くるくる脱毛なら「パフなので、誤って肌を切ってしまう可能性ゼロ!」

    • 除毛/脱毛クリームだと、かなり強い臭いがするものが多いので、ちいさなお子さんがいる近くではやりにくい。

 →くるくる脱毛なら「臭いの出る薬剤を使わないので、ちいさなお子さんの近くでも問題なし!」

    • ブラジリアンワックスだと、材料の準備が少しめんどくさくコツをつかむのに時間がかかる。

 →くるくる脱毛なら「すでにセットされたパッド/パフを腕や脚に当ててくるくるするだけ!準備の時間ゼロ!」

    • 家庭用脱毛器だと、初期投資が高い。ある程度集中することが必要なので、テレビを見ながらのような「ながら脱毛」がしにくい。

 →くるくる脱毛なら「安いものだと100均で買えちゃう!しかもテレビを見ながらも脱毛できちゃう!」

くるくる脱毛は、ほかの家庭用脱毛方法にありがちなデメリットを一挙に解決しちゃいましたね!

くるくる脱毛、どんな商品があるの?

あまりに人気のため(ズボラ女子が多い証拠?!)、各社からさまざまな【くるくる脱毛グッズ】が販売されています。

値段が安いものから順番に、使用者が多くレビューの多い代表的な商品をご紹介します。

ダイソー smoothskin(スムーススキン)

さすがダイソー!100均にもくるくる脱毛グッズが販売されています!

手のひらサイズの丸い形。使い捨てではなく洗って使えるので経済的です。(約6回使用可能)

「くるくる脱毛って効果あるのかな?高いグッズ買って失敗したくないなあ」と思う方は、まずこのスムーススキンを試してみてもいいかもしれませんね!

なんといっても税抜100円!

バイソン kenassy(ケナッシー)

ケナッシー
どこかのゆるキャラに似たかわいらしい名前の商品ですが、こちらは除毛パフのくるくる脱毛グッズとして超ロングセラー商品なんです!

Amazonではワンコイン(500円)以下で買えちゃうので、女子小学生や中学生から、大人の女性まで幅広い年齢層に人気のくるくる脱毛グッズです。

ニッセン ビューティスキンパッド(くるくる除毛)

ニッセン ビューティースキンパッド
あのニッセンからもくるくる脱毛グッズが販売されています。

他のくるくる脱毛グッズがピンク色で女性向けを意識しているのに対して、このビューティスキンパッドのデザインはモノトーンなので男性でも抵抗なく使用できるようになっています!

ニッセンの通販で購入すると価格は900円(税抜き)です。

レイナチュ ゲルマニウム除毛パッド

レイナチュ ゲルマニウム除毛パッド
商品説明に「99.999%有機ゲルマニウム粉末使用!国産マイクロ微粒子研磨紙の除毛シートが、ムダ毛や角質を優しくケア」とあるように、この除毛パッドでくるくるすると脱毛するついでに、お肌もツルスベになります。

さらにはちょっと強い研磨紙のため、足の裏の角質(ヒールダコ)やかかとのケアにも使えちゃうんです!
レイナチュ ゲルマニウム除毛パッドはお店によって価格が異なりますが、1,500〜2,000円で購入できます。

痛くない!ムダ毛パッド 「スムースアウェイ」

スムースアウェイ
全米で大ヒットした商品で、販売実績2,100万個以上!くるくる除毛業界でもっとも有名な商品です。

そしてズボラ女子にとってうれしいのが、これ1つで顔も全身も脱毛OK!という点。

こするだけで手足はもちろん、顔のウブ毛からデリケートゾーンまであらゆるムダ毛をケアできちゃうんです。

全国のロフトやAmazonなどで1,000〜1,500円で購入できます。

くるくる脱毛、こんな方に向いています!

くるくる脱毛を使用してみたけど効果が感じられなかった、というレビューもたまに見かけます。

剛毛すぎて脱毛できなかった、うぶ毛が残ってしまう、摩擦(まさつ)で肌が荒れてしまった、など。

効果の出方には個人差がありますが、肌をぬらさず脱毛ができるので、外出先でもムダ毛が気になったときや、カミソリを使うほどでもない/使いたくない方(ムダ毛が気になりだしたお子さまにも!)にぜひ一度使ってみてほしいと思います!

まとめ

家庭用脱毛方法の中でも、特にお金がかからない、めんどくさがり女子にぴったりな【くるくる脱毛】のご紹介をしました。

くるくる脱毛後には、ボディクリームやオイルでの保湿をお忘れなく!

忙しい毎日ですが、テレビや映画を観ながらスキマ時間にくるくるして、毎日ツルスベ肌をキープしちゃいましょう!