img_156

脱毛にはじめてトライする人の多くは、脇(わき)からスタートするといわれます。
これは、さまざまなアンケート結果や脱毛経験者の口コミなどをみるとわかります。

ムダ毛は顔から足のつま先までどこにでも生えてきますが、確かにそのなかでも脇(わき)のムダ毛はとくに気になるもの。
暑い季節は、ちょっと手をあげれば脇(わき)が見えるような服を着ていることが多いですからね。

寒い季節なら脇(わき)はたいてい服で完全に隠れていますが、だからこそ汗と湿気で蒸れて匂いが発生することがあります。
季節をとわず、多くの女性にとって見た目と衛生面の両面から一番気になる部位が、脇(わき)なのですね。
実際に脇(わき)の脱毛を完了すると、一年中欠かすことができなかった脇(わき)毛処理から解放されるので本当に嬉しくなります。

img_157

でもそれで安心してしまったら、いまどきの女性としては甘いかも!?
他人の目って、思っているよりずっとキビシイのです。
とくに世の男性たちはどういうわけか、女性はムダ毛が生えない生き物だとでも思っているようで・・・。

全身脱毛を終えている人も再チェックしてみて!ほんとうに完璧ですか?

意外と見られている部位の代表は「手」かも!

たとえば手の甲や指のムダ毛は、よく見られている部位のひとつです。

「指輪をプレゼントしようと思って彼女の手をよく見たら、指に毛が生えていてちょっと幻滅した」
「女性も手の甲にけっこう毛が生えるんだね」
男同士で集まると、こんなことを平気で話していたりします。

指輪や時計の広告などで、完璧にケア(修正?)された手タレの美しい手を目にすることも多いですから、それが当たり前の状態だと勘違いしているのかもしれませんね。

img_158

ただし手のムダ毛は、女性同士でもけっこう気になるもの。
意外と、他人の手に視線が向くシーンって多いのかもしれません。

とくに接客業の人は、手を見られる機会が多いことは容易に想像がつきます。
オフィスワークの人でも仕事中に書類などを手渡すときや、パソコンを使って同僚に何かを説明するときなどは、手に視線が向けられることが多くなります。

このことをすでに意識している女性たちのなかには、ほとんど毎日カミソリや電気シェーバーで手の甲や指の毛を剃っている人もいると思います。
また、毛抜きでこまめに抜いたり、脱毛クリームで自己処理している人もいるでしょうね。

でも自己処理を頻繁に繰り返しているうちに肌あれがひどくなったり、毛が皮膚のなかにとどまったまま成長してしまう埋没毛などの肌トラブルにみまわれることもあります。

よく見られる部位であるだけでなく、一年中ほとんど隠れることがない部位でもあるのが、手です。
このような部位こそ、脇(わき)と同じく脱毛サロンやクリニックの医療脱毛で脱毛することをお勧めします。

img_159

多くの脱毛サロンやクリニックの医療脱毛で、手の甲・指がセットになった脱毛コースが用意されていますよ。
ほかにも脱毛したい部位がいくつかあるのなら、思いきって全身脱毛コースを契約したほうがお得なケースも多いです。

ただ、手の脱毛施術は痛みが強くなりやすい部位なので、覚悟して!
クリニックで医療脱毛をする場合はとくに、痛みが強くなります。
それでも、わずらわしい手のムダ毛処理から解放されると思えば、脱毛しておいて損はないですよ!

脱毛したら保湿ケアもしっかりしましょう

img_160

ただし、脱毛してもそれだけでは、すべすべのきれいな手にはなりません。

手は毎日よく使う部位ですし、顔と同じように季節に関係なく紫外線にさらされています。
顔のスキンケアを念入りにするのと同じように、手もしっかりケアしなければ、あっという間に生活感を感じさせる「おばさんハンド」になってしまうのです。

ムダ毛の処理はもちろんのこと、仕事中でもできるだけハンドクリームをこまめに塗って保湿ケアをしましょう。
トイレ休憩の後などは、必ず塗りなおしましょうね。

意外にも見られている部位は、まだあります

口の周り

img_161
人と近い距離で話すとき、基本的には目を見ますね。
けれどずっと目ばかりを見ているのも不自然なので、自然な感じで少し目線をそらすことがあります。

そんなときに目に入るのが、口周り。
同僚と話しているときに、意外にもボーボーに生えている口の周りのムダ毛が見て、内心びっくりしたことがあるという人もいるのでは?

うなじ

img_162

最近人気の大人のボブスタイル。
女性らしくウェーブをかけたふんわりボブや、カッコいいストレートボブの女性たちが増えています。
長さも以前より少し短くなって、リップラインでカットしている女性をよく見かけるようになったと感じます。

リップラインボブにすると自然と人の視線を集めることになるのが、うなじ。
「すてきなヘアスタイルだなあ」と思っていたら、近くに寄ったときに、びっしりと産毛が生えたうなじを目にしてガッカリなんていうことも。
反対にきれいにムダ毛処理されたうなじだと、色気を感じて女性同士でもドキドキします。

美容室でシャンプーの後に髪にタオルを巻かれて席に戻ってきたときや、久しぶりにショートスタイルにしてもらったときにも、ムダ毛びっしりの残念なうなじをさらしてしまうかも。
大人の女性としては、恥ずかしさを覚えるシチュエーションですね。
花火大会やお祭りの日に、アップスタイルで浴衣を着たときも、見られていますよ!

背中

img_163

「背中が人目に触れるシーンといえば、海やプールで水着姿になるときか、彼氏と仲良くするときだけでしょう?」
そんなふうに思っている人は、まだまだ甘いかも!?

自分では意識していなくても、よく考えてみたら、うなじから背中にかけて大きめにカットされた服を着ていることがありませんか?
美容室で「目のやり場にこまるわ~」と言われて、はじめて気づいたという経験談も聞きます。

暑い季節に信号待ちをしているときやホームで電車が来るのを並んで待っているときに、後ろから見られているかもしれません。
「けっこうオシャレな人なのに、背中はムダ毛がびっしりなんて残念だな・・・」
そんなふうに思われているかも。

足の甲や指

img_164

靴を履いていれば足の指は隠れているので、人目にはつきにくいでしょう。
でも、宴会の席や急に上司・同僚に誘われて行くことになった飲み会で、通された個室が靴を脱いで入るお座敷だったなんていうことも。
さっと座ってしまえば大丈夫だろうと思うかもしれませんが、そんなときに限って、なぜかみんなの視線が自分に集中していて見られてしまったという失敗談も聞きます。
「急に時間が空いたのでリフレクソロジーの施術を受けたかったけれど、足のムダ毛処理をしていなかったので諦めた」
そんな残念な話を聞いたこともあります。

もちろん、生足でサンダルを履いているのに足の指や甲にムダ毛があった、なんていうのは言語道断!恥ずかしいですよね。
「ドン引きした~」なんて陰で言われないように、きちんと処理しておきたいものです。

意外と見られている部位におすすめの脱毛方法は、脱毛サロンか医療脱毛!

img_165

やはり一番おすすめしたいのは、脱毛エステサロンかクリニックで受けられる脱毛施術です。

見られやすい部位のムダ毛をきちんと処理しようとすると、どうしても自己処理の回数が増えますよね。
カミソリで頻繁に剃ると、肌が傷ついてしまいます。
電気シェーバーなら肌への負担は少なくなるのですが、そのかわり深く剃れないので毎日のように処理しなければなりません。

毛抜きによる自己処理は続けると肌へのダメージが大きく、きれいな肌づくりには向きません。
脱毛ワックスや脱毛テープも同様です。

除毛クリームや脱色剤などの薬剤による自己処理も、やはり肌への負担が大きいです。
除毛クリームはとくに、ツルツルになるので好んで使い続ける人もいますが、毛を溶かすくらいの効果があるのですから肌に負担がかかるのは理解できますよね。
また、これらの自己処理はどれも、「もうムダ毛処理なんでどうでもいいや」と放棄でもしない限り、定期的にずっと続けなければなりません。

こうして考えてみると、やはりお勧めなのは脱毛エステサロンか、クリニックの医療脱毛ということになるのです。
背中のように自分で処理できない部位はもちろん、他の部位も長い目でみれば、脱毛施術のほうがメリットが大きいといえます。

部位別で選ぶ・おすすめサロンランキングをチェックしてみる!