確実に早く脱毛を終わりたい!

そんな人におすすめなのが医療脱毛です。どちらかといえば脱毛サロンを選んでしまう人が多いのですが、通う間隔や回数が短いクリニックは最短ルートで脱毛が完了できます。

本当にサロンよりいいのか、どこのクリニックも早く確実な効果が得られるのか、これから詳しくお伝えします。

医療脱毛は使用する機器によって通う間隔や回数が違う!

まず、医療脱毛の通う間隔や回数で知ってほしいことが「扱う脱毛器によって違う」ということ。医療レーザーの種類によって、特徴がいくつか異なります。

クリニックではどこも同じ機種を使っているとは限りません。そのため、選ぶクリニックによって脱毛完了までの通う間隔や回数が長い場合もあります。

医療レーザー脱毛器にはどんな種類があるのか、特徴などを見てみましょう。※通う間隔や回数は個人差により異なります。

ダイオードレーザー

機器 ライトシェアデュエット、メディオスターNeXT、ソプラノなど

毛の成長期にレーザーを毛根や毛包幹細胞へ照射することで、毛の細胞組織を破壊します。ほかの医療レーザー脱毛器と比べると出力が高いため、産毛や細い毛質にも効果を発揮します。

もちろん、高出力ですが照射時に冷却や吸引装置により痛みをおさえるシステムがあるので安心です。日焼けやシミなどの色素沈着には反応しないレーザーのため、肌トラブルの心配がほとんどありません。

脱毛回数

ダイオードレーザーは毛の成長期に照射します。一般的に通う間隔は2カ月おきです。早ければ1回だけの照射で効果を実感できますが、多くの人は3回ほどで自己処理が不要などを体験しています。

約5回の施術が終わったあたりで脱毛がすべて終わります。ダイオードレーザーは産毛や細毛にも有効なため、ほかの機種よりも早く効果が実感できます。

アレキサンドライトレーザー

機器 ジェントルレーズ、アリオンなど

医療レーザーを照射することで、毛根や毛乳頭に含まれる黒い色素(メラニン)が反応・吸収し破壊します。ダイオードレーザーと同じく、日本の医療脱毛で多く使用されている脱毛器です。

アレキサンドライトレーザーは黒い色素(メラニン)にもっとも反応するため、日焼けやシミが多い肌だと過剰反応しヤケドなどの心配があります。

また、産毛や細い毛は色素が薄いため医療レーザー熱の反応が弱く、施術部位によっては効果まで時間がかかります。

 

脱毛回数

アレキサンドライトレーザーは毛の成長期にあわせて施術します。脱毛する部位によって毛周期のサイクルが違うのですが、約1~2カ月おきに通います。自己処理が不要になるまで約3回、脱毛完了まで約6回が目安です。

ヤグレーザー

機器 ジェントルヤグ、ジェネシスなど

医療レーザーの中で波長が一番長く皮膚の奥底(皮下組織)まで熱エネルギーが届くため、深い場所から生えている毛もしっかり脱毛します。メラニン色素にレーザーが反応し、毛根周辺の組織を破壊します。

ほかの医療レーザーと違い、皮膚の浅い部分にメラニン色素が発生する日焼けやシミのある肌でも、ヤケドの心配なく脱毛できます。

 

脱毛回数

通う間隔は部位によりますが顔なら約1カ月ごと、体なら約2カ月ごとが一般的なペースです。脱毛がすべて完了するまで約5回と、比較的早い段階で効果が実感できます。

医療脱毛と脱毛サロンどっちがいい?通う間隔と回数を比較してみた!

永久脱毛ができるクリニックは魅力的だけど、やっぱり料金やサービスのいい脱毛サロンをついつい選んでしまう。そんな人が多いと思います。

医療脱毛と脱毛サロンは、一体どちらが早く終わるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを比較してみました。

医療脱毛の通う間隔や回数

通う間隔 約1~2カ月おき
完了までの回数 平均5回

医療レーザー脱毛は、脱毛効果がもっとも高いといわれる毛の成長期にあわせて照射します。施術部位や毛質によって毛周期のサイクルは異なるため、すべての人が同じ通う間隔ではありません。

一般的にクリニックでは約2カ月おきに予約します。すべて脱毛が終わるまで平均5回と短いため、約1年でツルツルに肌へ整えられます。

脱毛サロンの通う間隔や回数

通う間隔 最短2週間おき
完了までの回数 平均15回

脱毛サロンによって通う間隔が違いますが、早ければ2週間おきの間隔で通えます。

たとえば、全国にサロン展開する脱毛ラボでは、抑毛成分が配合されたジェルと光エネルギーによる相乗効果を利用したS.S.C方式で施術します。最短2週間に1回の間隔で照射するため、ほかの脱毛サロンより2~4倍の早さで通えます。

安くて確実に脱毛をしたいなら絶対に医療脱毛がおすすめ!

クリニックは使用する脱毛器によって、通う間隔や回数が多少違うことがわかりました。最短2週間おきに通える脱毛サロンがあるなら医療脱毛をわざわざ選ばなくても・・・、と思われている人が多いと思います。

医療脱毛と脱毛サロンの最大の違いをご存じですか?

脱毛をするうえで一番気になるのが“効果”です!日本で永久脱毛ができるのはクリニックだけ。永久脱毛は医療行為になるため、無資格の脱毛サロンは減毛脱毛しかできません。

【永久脱毛とは】
メラニン色素に吸収されるレーザー熱を照射し、毛の細胞組織を放熱によって破壊します。毛の再成率をおさえ永久脱毛をします。
⇒ 参考サイト:http://www.epi.gr.jp/qa/qa_ind.html

 

【減毛脱毛とは】
メラニン色素に吸収される光エネルギーを照射し、毛の細胞組織を放熱によってダメージを与えます。毛の再生機能を弱らせ、除毛・減毛をします。
⇒ 参考サイト:http://www.jsa-cpe.org/press/mechanism_laser/

しかし、いくらクリニックなら永久脱毛ができるとはいえ、料金が高いデメリットは一番気がかりなぶぶんですよね。ですが、完了までの回数を脱毛サロンと比較すると約3分の1。トータルコストで計算すると、実は脱毛サロンと料金はほとんど変わらないんです!

初期費用が高く医療脱毛は負担が大きく感じる人は、月額制を受け付けているクリニックを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

医療脱毛は使用する機種によって、通う間隔や回数が少し前後することがわかりました。VIOなど毛深い部位ならヤグレーザー、日焼けやシミの多い肌ならダイオードレーザーを使用するクリニックがおすすめです。