「脱毛エステは効果がない!」って話、聞いたことありません?

脱毛エステは“光脱毛”という方法で施術するのですが、産毛など細い毛は効果が少ないといわれています。原因は、毛の色素がほかの毛と比べると少ないことが関係しています。

顔や腕などに生える産毛、脱毛しても効果が本当にないのでしょうか。光脱毛の仕組みや効果高める方法を、徹底的に調べてみました!

光脱毛ってどんな仕組みで施術してるの?

光脱毛は複数の波長をもつ光(フラッシュ)の熱エネルギーを、広範囲に照射します。この熱エネルギーは“黒い色”に反応する働きがあります。

黒い毛をつくるメラニン色素が熱エネルギーを吸収し、熱によって毛根や毛母細胞がダメージを受けます。毛が生える成長期に光脱毛をすることで、毛周期を乱して毛の量を減らしていきます。毛周期は2~3ヶ月おきなので、一般的にはそれにあわせて光脱毛をおこないます。

効果が高いといわれるクリニックの医療レーザー脱毛は、単一の波長を集中して照射します。熱エネルギーの吸収率がいいため、産毛への効果も高くなります。しかし、痛みやヤケドなどの肌トラブルがおこりやすいんです。

それに比べ脱毛エステは、複数の波長を広範囲に照射。熱エネルギーの吸収率が低いですが、痛みや肌トラブルがほとんどなくおこなえます。

やっぱり産毛は脱毛効果がない?

脱毛エステで使われる脱毛機は、安全性を考え出力が低いんです。そのため、毛の黒い色であるメラニン色素が薄い産毛だと、光脱毛の吸収率が弱いのです。

色素の濃い脇(わき)毛やアンダーヘアなどは早い段階で効果があります。ですが産毛の場合、効果を実感するまで施術回数を重ねなくてはいけません。

でも、脱毛エステによって使っている脱毛機の種類がちがいます。産毛もしっかり脱毛したいなら、脱毛機の特徴を少し覚えておくと効果が高まりますよ!

産毛脱毛の効果は機種で違う!

脱毛エステでよく使われている、代表的な脱毛機の種類を紹介します

◆S.S.C脱毛(波長:550-1400nm)

→脱毛ラボ、ミュゼプラチナム

S.S.C脱毛は「スムース・スキン・コントロール方式」の略。

抑毛成分のカプセルが含まれたジェルと、施術前に塗布します。その後、クリプトンライトにより熱エネルギーをあたえ、抑毛ジェルを肌へ浸透させます。光とジェルの相乗効果で、肌にやさしい脱毛をおこないます。

有効成分が抑毛させるため、産毛への効果も期待できます。

 

◆IPL脱毛(波長:500~1200nm)

→銀座カラー、シースリーなど

光の熱エネルギーをメラニン色素に照射させ、細胞組織へダメージをあたえます。特殊なフィルターを通して熱エネルギーは照射されるため、機種によって出力に違いがあります。

もともと、シミなどの治療にも使われているため、脱毛と同時に美肌効果も期待できます波長が低い機種だと、メラニンへ反応させる働きが低く、産毛の脱毛効果は弱めです。

シースリーやキレイモで使われる脱毛機は名前がちがいますが、IPL脱毛を基準に作られた機種です。

 

◆HSK脱毛

→ディオーネなど

HSK脱毛は「ハイパースキンカレン」の略。

これまでの光脱毛は、強い光や熱を毛乳頭へ反応させ脱毛効果をあたえていました。この方法だと熱さに我慢したり、毛周期にあわせて施術をしなくてはいけませんでした。また、産毛への効果が弱いデメリットもありました。

HSK脱毛は、毛乳頭ではなく「毛を作りなさい!」と促す物質(バジル)へ熱エネルギーをあたえます。毛を育てる根本に弱い光でダメージをあたえるため、ヤケドや色素沈着のトラブルなく脱毛できます。

毛のメラニン色素ではなく毛の種に反応させるので、産毛への効果も期待できます。

産毛脱毛に効果を感じない人には3つの共通点があった!

実は、エステで産毛脱毛をした人を調べると「効果があった人・なかった人」がいました。同じエステなのに、効果にちがいがあるのはナゼなのか、その差を比較してみました。

すると「光脱毛は効果がない・・・」と感じた人たちには、3つの共通点があることがわかりました。そのポイントがこちらです。

◆1.脱毛を1回しかしていない

産毛の効果が感じられないと、1回で脱毛を辞めてしまう人がたくさんいました。

光脱毛の効果は、1回だけだとほとんど実感できません。濃くてしっかりした毛でも、何度か回数を重ねなくてはいけません。最低でも4~5回は通って毛にダメージをあたえましょう。

◆2.痛みをおさえて脱毛してもらっている

弱い出力で脱毛すると痛みが和らぎます。しかし、光の熱エネルギーも低くなってしまうので、脱毛効果も一緒に弱まります。産毛を早く脱毛したいなら、出力調整に気をつけましょう。

肌が乾燥していたりすると痛みを強く感じやすいので、日頃から保湿をして肌のコンディションを整えておきましょう。

◆3.脱毛エステの選び方がまちがっている

先ほど、脱毛エステで使われる脱毛機はさまざまあると説明しました。機種によって美肌に力を入れていたり、産毛もしっかり脱毛したり、それぞれ特徴がちがいます。通う前に、どんな脱毛機が使われているのか確認しておきましょう。

まとめ

光脱毛は安全面から、一定の出力で照射します。そのため、産毛への効果が弱いのですが、メラニン色素とは関係ない脱毛機もあります。

これまで脱毛エステに通って「効果がない・・・」と経験ある人は、脱毛機の種類に注目してみてはいかがでしょうか。