小さい頃から二の腕にあるブツブツ。見た目や肌触りも悪く、腕の出る服は気持ちよく着ることができません!そう悩んでいる人いませんか?一体何が原因でどうすれば治るのか?何をしても治らず、吹き出物とは違うみたいだし…。と対処の方法すら分からず、悩み続けている人も少なくありません。

実はそれ、「毛孔性苔癬:もうこうせいたいせん」または「毛孔角化症:もうこうかくかしょう」という皮膚疾患のひとつです。この記事では、原因・症状・対処法を中心に、どういった人がなりやすいのかなどを解説したいと思います。

悩まされている人が少しでも改善に向かう手助けになればと思います。それに、知らない人も多いようですが、毛孔性苔癬の最大の治療方法は脱毛なんですよ!その点についても説明しましょう!

毛孔性苔癬って何?


あまり聞きなれない病名ですよね。実際は一般的によくある皮膚疾患で、子供の頃から発症します。小学生の高学年では2割の子が患っているとも。年齢と共に改善し、30代には多くが自然消滅するといわれていますが、改善しない人もいます。

いまいち一貫性に欠けますが、誰にでも発症する可能性はあり、長い付き合いになる皮膚病だといえるでしょう。どちらかというと女性に多い皮膚疾患ですが、男性でも発症の可能性は十分あります。

【こんな症状】

発症場所は二の腕が多く、肩・太もも・背中などです。
毛穴が詰まることで丘疹(きゅうしん)というブツブツが発生し、ざらついた肌触りになります。
ブツブツ自体は普通の肌色のことも多く、薄い赤や茶色っぽい色をしているため、中には目立たないけど触るとわかるという場合も。
自覚症状はほとんどなく、まれに軽いかゆみを感じる人がいる程度です。

【原因はこれ】

実は、はっきりとした原因は解明されていません!ただ、遺伝的な要素が大きいとか。100年以上も前から研究されているらしいのですが、今なお解明には至っていません。医師なら誰でも知っているくらい有名な皮膚疾患なのに、原因がずっと解明できないなんて厄介な病気です。

毛孔性苔癬の改善方法って?


治療方法はいろいろあります。治療方法別にいくつか紹介しましょう。

【保険適用の治療方法】

・保湿剤を処方される
・角質を除去する塗り薬を使う
わかりやすくいうならサリチル酸などが配合されたピーリング効果のあるクリームや軟膏が処方されます。尿素を含むクリームも多く使用され、角質溶解作用がある軟膏で対処します。
・漢方薬の服用
ヨクイニンの処方が一般的です。ハトムギ(ヨクイニン)は角化症に効果があり、ニキビなどにも処方される漢方薬です。

【保険適用外の治療方法】

・ケミカルピーリング
酸性の薬剤を使って、皮膚の表面を溶かし角栓を除去する方法です。グリコール酸・サリチル酸・リンゴ酸・乳酸などが使われます。

・ダーマローラ
皮膚に目に見えないくらい小さな穴を開けて、自然に傷が治ろうとする治癒力を利用して肌再生を促す方法。

・レーザー治療
アレキサンドライトレーザーやフラクセルなど、レーザー照射によって毛穴トラブルと肌再生を促します。

【民間療法や豆知識】

・オロナインやニノキュアを塗る
・保湿クリームなどスキンケアを念入りにする
・市販のピーリング石鹸で洗う(泡パックも効果的らしい)
毛穴トラブルのひとつですから、「保湿」がメインの治療になります。尿素が入ったクリームを使うと効果的です。

【やってはいけないタブー】

・気になるからといってニキビのように潰して中の角栓を出す。
・保湿をせずに乾燥状態にしておく。
・体を洗うナイロンタオルなどでゴシゴシこする。

以上のことは絶対にNGです。気になると思いますが、潰したりすることでニキビ跡のように色素沈着になってしまうかもしれません。ひどい場合クレーターが残り一生消えない傷跡のようになってしまいますよ。

乾燥も角化を悪化させるため、保湿は怠らないように気をつけましょう。

私はこうして治りました!実際の口コミ紹介

・いろいろ試してみましたが、治らず。結局30歳を過ぎた頃から勝手に治りました。親も同じで子供の頃から毛孔性苔癬があり、30代くらいで治ったそうです。遺伝でしょうか。
・病院で処方された薬を飲み続けていたら治りました。
・毎日の水分補給をハトムギ茶に変えて、ヨクイニンのサプリも飲み続けていたら改善した!
・何もしてなかったけど、ある日乾燥がきになって全身のボディーローションを使うようになったら治りました。
・顔のニキビ用にかったピーリング石鹸で洗うようにしたら、少しずつ薄くなって1年くらいで気にならないくらいになりました。

毛孔性苔癬でも脱毛ってできるの?


ムダ毛を気にして自己処理している人は、絶対に脱毛しておいたほうがいいでしょう。皮膚の表面がブツブツの状態でカミソリを使えば、ムダ毛はうまく処理できない上にカミソリ負けを起こしやすくなります。ブツブツをそぎとってしまう状況も考えられ、傷になってしまっては大変です。

上記で保険適用外の治療方法の中に「レーザー治療」とありましたね。実は、アレキサンドライトレーザーが脱毛レーザーにあたります。「毛孔性苔癬だと脱毛を断られるのでは?」と思っている人も多いみたいですが、その逆で脱毛をおすすめしたいくらいです。しかし、あくまでもおすすめするのは医療レーザーによる脱毛に限ります。

【脱毛サロンの場合】

脱毛サロンなどの場合は、肌トラブルがある場合施術NGとなることが多いようです。毛孔性苔癬の場合もそれにあたります。なぜ施術ができないのかというと、「脱毛施術によって皮膚トラブルが悪化する」もしくは「トラブルに対して適切な処置ができない」ことにあります。

「硬毛症」って聞いたことありませんか?脱毛サロンに通っていたら、逆に毛が太く硬くなったという現象です。これは、サロンの光エネルギーに関係しています。
照射レベルというのがあり、サロンの場合は安全面を考えて20以下で施術を行います。それに対して、極端に細い毛や太い毛に確実な効果をだすためには20以上の強さが必要とされています。
弱い光で脱毛すると、効果も弱くなります。毛根にダメージを与えて脱毛するつもりが、適度な刺激によって細胞活性化につながると毛が濃く太くなってしまうのです。

【医療脱毛(医療レーザー)の場合】

医療用の脱毛マシン「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」などは、60もの出力が可能なため、確実に脱毛し硬毛症になる心配はほぼないといえるでしょう。
毛孔性苔癬は、毛穴の中に角質や角栓と一緒にムダ毛も埋まっている状態です。医療レーザーを照射することで、ムダ毛が抜け落ちると同時に角質なども毛穴から処理できます。
回数を重ねるごとに、毛穴の詰まりも改善し、結果的に「毛孔性苔癬と脱毛が一緒に治療できてしまう」というメリットがあります。毛孔性苔癬を治すためにもっとも効果的な治療が脱毛!いろんなクリニックでも推奨していますよ。

硬毛症は毛孔性苔癬を悪化させる原因なので、サロンでの脱毛の場合はカウンセリングの際にきちんと相談してからにしましょう。医療脱毛の場合は、医師がすぐに対応できることもあり、その点は安心かなと思います。

毛孔性苔癬でも大丈夫!おすすめの医療脱毛クリニック♪

【美容皮膚科のリゼ】


リゼ公式サイトのQ&Aに回答があります!
Q.毛孔性苔癬でも脱毛できますか?また、脱毛することで治りますか?
A.脱毛は可能です。ただし、脱毛で治るかというとそれはザラつきの原因により異なります。
とのこと。毛孔性苔癬でも脱毛の施術は問題ないみたいですね。カミソリなどの自己処理の頻度が少なくなることで、肌の状態がよくなることもあると記載されているので、脱毛によって少なからず改善に向かいそうな気がします!
リゼなら、カウンセリング料・再診料・処置料・キャンセル料・剃毛料・打ち漏れによる再照射が0円です。もし肌トラブルが発生した場合でも、治療代とお薬代は完全無料保証!まずは、カウンセリングだけでも行ってみる価値がありますよ。

毛孔性苔癬リゼ

【美容皮膚科 新宿マリアクリニック(Maria Clinic)】


こちらも公式サイトのQ&Aに回答がありました。
毛孔性苔癬でも、医療脱毛なら可能です。エステの場合は万が一の対処ができないため断られますが、クリニックなら大丈夫!また、レーザー脱毛で改善する見込みもありますが、絶対に治るとは言い切れません。毛孔性苔癬に悩んでいて脱毛もしたいという人は、試してみるといいでしょう。とのこと。
実際に利用した人の満足度が高いマリアクリニック。一人一人の状態に合わせたオーダーメイド脱毛で、調整しながら施術してくれます。最新のメディオスターNeXT PROが導入され、痛みも肌ダメージのリスクも大幅に軽減されました。色黒でも硬毛化した毛にも対応していますよ!

毛孔性苔癬マリア

【湘南美容外科クリニック】


湘南美容外科は、医療脱毛はもちろんのこと、毛孔性苔癬のレーザー治療も受けれるクリニックです。ダーマローラーやケミカルピーリングなど。となると、当然脱毛の施術も安心して任せることができますね。
エステサロンからの乗り換えプランもあるので、より気軽に医療脱毛に切り替えることが可能!使用しているレーザー機種は、「アレキサンドライト」「メディオスターNeXT PRO」の2種類から選択可能!どちらも毛孔性苔癬に効果的だといわれていますし、期待が高まりますね。

毛孔性苔癬湘南

【アリシアクリニック(ALETHEIA)】


毛孔性苔癬の人に人気のクリニックです。VIOを含め全身20箇所にレーザー照射が可能なので、毛孔性苔癬がある二の腕はもちろんのこと、背中やお尻などの発症しやすい部位をすべてカバー。
脱毛完了までのスピードが早いことも人気の理由です。早く完了することで費用も安く抑えることが可能。まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!キャンセル料・解約手数料・初診料・再診料・テスト照射・お薬代はすべて0円です。途中で満足したら余った回数分は返金!クリニックなのにエステサロン並の待遇が受けれますよ。

毛孔性苔癬アリシア

毛孔性苔癬だけど脱毛しました!経験者の声を紹介します

【脱毛しない方がよかった!】

・医療知識のないサロン脱毛の場合、悪化しても施術を中止して様子見するだけでした。結局皮膚科にかかることになり脱毛は断念。
・硬毛症になってしまいました。脱毛するつもりが毛が太くなるってどういうこと?そんな説明なかったんですけど!
・大丈夫といわれて脱毛契約したのに、実際は肌の調子を見てからとなかなか施術が始めてもらえなかった。最初の2ヶ月くらい予約すら取らせてもらえずにもったいなかった。


【脱毛してよかった!】

・特に大きなトラブルもなく脱毛が完了しました。脱毛の施術が進むにつれて、二の腕のブツブツも改善していったように思います。完了する頃にはブツブツもほとんどなくなりました!
・うずを巻くような濃い毛と二の腕の赤いブツブツ、そのどちらもなくなって脱毛して本当に良かった!これで夏の露出も怖くありません。
・医療脱毛なら安心できると思って相談しました。結果は無理なく安全に脱毛が完了しました。やっぱり医師がいるって大切だと感じました。

同じ毛孔性苔癬の人でも、結果はそれぞれですね。
やってみないとわからないというと無責任ですが、効果がありトラブルがないという保証はありません。最終的には自己責任となるのでご注意を。カウンセリングで大丈夫っていわれたから絶対ではありませんよ。

まとめ

いかがでしたか?毛孔性苔癬というのはれっきとした皮膚疾患で、改善の方法はあるものの原因がはっきりしていない厄介な病気です。毛孔性苔癬を確実に改善に向かわせようと思うなら、医療レーザーによる脱毛がベストでしょう。医師の立会があることも安心です。ムダ毛の処理をしながらブツブツまで治るなら、一石二鳥ですよね!見た目も悪くファッションも楽しめない、そんな悩みから解放されるかもしれません。毛孔性苔癬に悩まされているなら、一度美容皮膚科などの医療脱毛を取り扱っている医院に相談してみましょう。放っておいても勝手に治るものではありません。人生の中で一番見た目を気にしオシャレを楽しみたい年代の時に治らず、年をとってから徐々に治るのでは遅すぎます。まずはできることから始めてみましょう!