img_134

乳輪周りのムダ毛、気になりますよね。
乳輪周りはふだん人目につくことはありませんし、自分自身でも目にするのはお風呂で体を洗うときくらいかもしれません。
それにデリケートな部位なので、最初から脱毛しようと思う人は少ないようです。

でも、気になりますよね!
とくに他のパーツの脱毛をして効果を実感するようになると、まだ脱毛していないところが気になりはじめるものです。

乳輪周りも脱毛できる?痛い?

img_135「乳輪周りってそもそも脱毛できるのかしら?」
「だって脱毛に使われるマシンは、黒色に反応して光を照射するんでしょ?」
「それで毛根にダメージを与えて弱らせるわけだから、真っ黒ではないにせよ色素がある乳輪に照射して大丈夫なの?」
よくそんな質問を受けます。

答えを先にいうと、「乳輪周り」も脱毛することはできます。
確認は必要ですが、エステサロンでもクリニックでもOK。

ただし「乳輪」そのものではなく、「乳輪周り」です。
乳輪じたいは色素が強くて光脱毛やレーザー脱毛のマシンを使うと火傷してしまうため、施術はできません。
どうしても乳輪を脱毛したい場合はニードル(電気針)脱毛になりますが、費用はかなり高くなります。

痛みは強いです。医療脱毛の場合、通常ならエステサロンよりも高い出力でレーザーによる脱毛施術を行いますが、乳輪周りは痛みをやわらげるために出力を弱めることが多いです。
個人差はありますが、脇(わき)やVIOのような太い毛ではなく産毛であることが多いので、施術回数は少なめで済むでしょう。
5回~6回くらいできれいになる人が多いようです。

乳輪周りの脱毛は、どんなコースを組むのがおすすめ?

img_136

「乳輪周り」または「胸」などの名称で単パーツ契約する方法と、「全身脱毛」を契約して他の部位と一緒に施術する方法があります。

a_085乳輪の周囲だけが範囲となる契約の場合は、狭い部位なのでSパーツ料金が適用されます。
胸全体(鎖骨の下からアンダーバストまでをさすことが多い)が施術範囲となる場合は、広範囲のパーツに適用されるLパーツ料金になります。
サロンやクリニックによって対象となる範囲や名称が違うので、どの部分を脱毛してほしいのかを決めて、しっかり確認しましょう。

とくに乳首や乳輪の近くはもともと色素があるパーツなので、その周囲を施術したときに火傷を起こしやすいです。
また、鎖骨のあたりや胸の谷間は皮膚が薄くてデリケートなので、施術時には工夫が必要です。

他の部位とは違う、先の細いマシンに持ちかえて施術されることも多いです。
痛みがあまりに強い場合には我慢せずに、きちんと伝えて出力を調整してもらったほうがよいでしょう。

乳輪周りの脱毛は、妊娠中でもできる?

img_137

脱毛施術に使われるマシンが直接、母体や赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。
しかし乳輪周りに限らず、妊娠中の脱毛は避けたほうがよいでしょう。

実際、妊娠していると施術を断られることが多いです。
妊娠中はホルモンバランスが通常とは違うので、毛が生え変わる周期も通常と異なり、脱毛効果が期待通りにはならないからです。

title_line

img_118

icon_qa_r5_c16乳輪周りの脱毛をしてよかった(していればよかった)と思いますか?それはなぜですか?

img_132

  • よかった! 自己処理を続けていたら、よけいに目立つ毛が生えるようになったので。
  • よかった! けっこう剛毛でコンプレックスだったけど、脱毛してきれいになったら自信が持てるようになった。
  • よかった! エステサロンで脱毛して6年経過したけど、自己処理が必要ないって最高に楽!
  • よかった! 彼が、「きれいになった」と言って一緒に喜んでくれた!
  • していればよかった… 合宿でお風呂に入ったとき友達のムダ毛のない胸が目に入って、うらやましかった。

お腹(ヘソ周り)のムダ毛、気になりませんか?

img_138

お腹はうっすらとした産毛しか生えていないというという人は、そんなに気にすることはないかもしれません。
ただそれでも、おヘソ周りはちょっと濃い毛が生えているという人、いませんか?

水着を着るとき、友達や彼と旅行に行ったとき、それから病院で急にお腹を見せることになったときに恥ずかしい思いをするかも・・・。
どんなシチュエーションでも焦らなくて済むように、脱毛しておいてもいいと思いますよ!

お腹(ヘソ周り)も脱毛できる?痛い?

もちろんお腹も脱毛できます。
ただお腹周りの皮膚は腕などと違ってやわらかいので、痛みを強めに感じる人もいます。
気になる人は、痛みがより強く出やすいとされているクリニックの医療脱毛よりも、エステサロンの光脱毛にしたほうがよいかもしれません。

お腹(ヘソ周り)の脱毛は、どんなコースを組むのがおすすめ?

img_139

基本的には全身脱毛にするのがおすすめ。
お腹だけ脱毛してきれいになると、胸やVIOや腕など、お腹の先につながる部位がどんどん気になりはじめるからです。

「胸もお腹も毛が薄いからそんなに気にならないけど、おヘソの下に太い毛が数本生えているのがイヤ!」という人は、おヘソ周りだけを脱毛してもいいですね。

お腹(ヘソ周り)の脱毛は、妊娠中でもできる?

妊娠しているときに脱毛マシンを照射しても、母体や赤ちゃんに悪影響が直接出るわけではありません。
しかし多くの脱毛サロンなどで、妊娠中の脱毛は断られます。
妊娠中はホルモンバランスが変わっているので毛の生え変わりかたも通常時と異なり、思うような効果が得られない可能性があるからです。

img_118

icon_qa_r5_c16お腹(ヘソ周り)の脱毛をしてよかった(していればよかった)と思いますか?それはなぜですか?

img_133

  • よかった! ビキニでおヘソを出しても恥ずかしくない!
  • よかった! 肌がワントーン明るくなったようで、きれいになって嬉しい。
  • よかった! 普段は見えないところだけど、きれいな肌になっていると気分があがる!
  • していればよかった・・・ 健康診断のとき、うっかりおヘソ周りの剛毛の自己処理を忘れていて、お腹のエコー検査で恥ずかしい思いをした。
  • していればよかった・・・ 妊娠して産婦人科でおなかを診せるようになってから、脱毛しておけばよかったと後悔した。

出産したことでお腹(ヘソ周り)や乳輪周りの毛が濃くなるって本当!?

img_140

出産したことで、というよりも妊娠してホルモンバランスが変わったことが原因で、お腹や乳輪周りの毛が濃くなることはあります。

妊娠中はエストロゲンなどの女性ホルモンが通常よりも多く分泌され、それがメラノサイトを刺激します。
すると全身的に色素沈着が起こります。
乳輪やお腹の皮膚じたいも黒ずんでくることがありますし、ムダ毛の色も濃くなることがあります。
出産後、時間の経過とともにホルモンバランスが通常時に戻ると、濃くなった毛も元に戻ります。

a_085乳輪周りやお腹(ヘソ周り)の脱毛は、妊娠前に済ませておいたほうがいいかもしれません。
妊娠中にホルモンバランスの変化によって毛が濃くなると、それが気になってストレスになるかもしれないからです。

それに、妊娠中は脱毛サロンなどで施術を受けられなくなります。
出産してから再開すればいいわと思っていても、いざとなると育児・家事・仕事で忙しくて再開を断念する人もたくさんいます。