ミュゼで襟足脱毛♪この夏の浴衣はアップヘアでうなじをアピール!

脱毛する箇所は、自分からも他人からも見えやすい腕や脚、デリケートな部分のワキやVラインなどが人気です。
でも、知る人ぞ知る隠れた人気部位は・・・うなじなのです!

うなじは襟足部分とも言いますが、髪の毛をアップにした時にあらわになる首筋の毛のこと。
自分で見ることはめったにないと思いますが、この部分が整っていると、髪の毛をアップにした時にすごくきれいに見えるんですよ。
それには、うなじ部分の脱毛がポイント。
うなじ脱毛のメリットや、デザインなどについてご紹介します!

--------------------------------

→ミュゼをもっと知りたいあなたへ♪ミュゼの詳細はこちらから

1カ所100円!?気になるMUSEE(ミュゼ)のキャンペーン詳細や特徴・口コミ

→襟足脱毛と一緒にやりたい背中脱毛♪詳細はこちらから

結婚前にきれいにしたい!背中脱毛にはどれくらいの回数と費用が掛かるの?

--------------------------------

きれいなうなじで女度アップ!

みなさんは、ご自分のうなじって見たことありますか?
髪の毛を下ろしていれば見られることはありませんが、じゃまな時に軽くまとめたり、ポニーテールにしたり、髪の毛をアップにするとほかの人に丸見えの部分です。
髪の毛の一部だからと放っておくと、実は後れ毛や首のムダ毛が背中のムダ毛とつながってボーボーなんてことも・・・?
合わせ鏡でもなかなかうまく見えませんので、携帯やスマホのカメラで撮影して見るのが手っ取り早いですよ。
自分では見えなくてケアしにくい部分だからこそ、プロの手で整えてもらうときれいに仕上がりますし、女子力を高めるのにも効果的です。

きれいなうなじとはどんなもの?

うなじを整えるといってもピンとこないかもしれませんが、もし周りに髪の毛をアップにしている女性がいたら、さりげなく観察してみてください。
まとめきれない髪の毛がボサボサしてたり、首の後ろがムダ毛で黒っぽく見えていたりしませんか?

 

逆に、きれいなうなじは同性でも見とれてしまうほど色気があって、肌が白くてきれいなものです。

数筋の後れ毛は逆に色っぽくみえますが、首の周りにもムダ毛は結構生えています
それが密集していると、本当は白い肌が黒くくすんで見えてしまうのです。
このムダ毛をなくすだけで、本来の肌の白さと髪の毛のコントラストで女っぷりが上がるんですよ。
また、首の後ろの生え際が、すうっと2本のラインを細く長く描いていると、とてもきれいで色っぽくなります。

うなじ部分の脱毛について

●脱毛サロンでうなじ脱毛ができる
うなじ部分のムダ毛はどうすればいいかというと、脱毛サロンで脱毛するのが一番おすすめです。
「うなじ部分を脱毛?」と驚かれるかもしれませんが、美意識の高い女子の間では人気の脱毛部位です。
特に、髪の毛をアップにすることの多い浴衣を着る時には、絶対にやっておいたほうがいいですよ。

うなじの脱毛は、ほとんどの場合全身脱毛に含まれていますし、単独でうなじだけでも脱毛できます。
サロンによっては、「襟足」「首後ろ」などの名称になりますが、脱毛範囲は大体同じです。

脱毛の範囲は、耳の下あたりから背中との境目あたりまでです。
ただ、このうなじ部分だけ脱毛すると、つながって生えている背中のムダ毛との境目がくっきりして目立ってしまう危険性があります。
背中の上部分のムダ毛は、少し首周りの広い服を着ていると見えてしまうことが多いので、うなじの脱毛時に背中上部の脱毛も一緒に行うのがおすすめです。

●髪の毛部分は脱毛できない

うなじの部分は、髪の毛の生え際にあたるので、髪の毛とムダ毛の両方が範囲に含まれています。
脱毛サロンでは、頭に生えている髪の毛は脱毛できません。
その境目はあいまいで、サロンのスタッフさんに髪の毛と判断された部分は脱毛できません。
また、髪の毛の生え際に近いとムダ毛も濃くなって、脱毛器の出力が強くなりがちです。

ほかの部位よりも少し痛みが強い場合もありますので、注意してください。

 

ミュゼの襟足脱毛の詳細

大手の脱毛サロンであるミュゼプラチナムでは、うなじ部分を「襟足」パーツで脱毛できます。
ミュセの襟足脱毛の料金や施術手順、注意事項や口コミなどをご紹介します。

 

*襟足脱毛の手順

1 施術の前日には、フェイス用の電気シェーバーなどで自己処理をしておきます。
自己処理をしていないと、当日脱毛の施術ができないことがあるので、注意してください。
※自分で処理しにくい場合は、スタッフさんにやってもらえることもあります。
2 当日、サロンで専用のガウンやキャミソールに着替えます。
3 お肌の状態をチェックしてもらって、専用ジェルを塗ります。
4 脱毛器で光を照射し、クールダウンします。
5 プラセンタエキス配合のミルクローションでトリートメントして完了。

襟足部分は範囲が狭いので、所要時間は全体で30分くらいです。
首の後ろは日焼けしやすいので、脱毛期間中はなるべく髪の毛を下ろして、日焼けしないようにしましょう。

*脱毛料金(税抜料金)


襟足部分は範囲の狭いSパーツです。もちろん、全身脱毛に組み込むことも可能です。

2回分:8,000円 8回分:24,000円 12回分:36,000円

襟足部分の脱毛は、ワキやVラインほど太いムダ毛ではないので、完全になくすまでそれほど回数を重ねる必要はありません。
ただ、脱毛にムラができたり中途半端にならないように8回分くらいは通ったほうがいいでしょう。
できれば合わせて背中の上部と脱毛するのがおすすめです。

※ミュゼパスポートをダウンロードすると半額に!!

→1カ所100円!?気になるMUSEE(ミュゼ)のキャンペーン詳細や特徴・口コミ

口コミ

・8回通って、うなじの毛量がだいぶ減りました。
・髪の毛をアップにした時のすっきり感が違います。
・脱毛してから髪の毛をアップにしていたら、色っぽいと言われました!
・痛みもほとんどなくすぐに終わったので楽ちんです。

うなじのデザインってどうすればいいの?

うなじの脱毛で気になるのは、どういった形にするのかということですね。
ほかの部位とは違い、デザイン性が問われる部分なのです。
とは言え、やはり自分では見えづらいので、スタッフさんにおまかせする形になるでしょう。

●うなじの形は人それぞれ
うなじは髪の毛の生え際部分ですので、その生え方は人によってそれぞれです。
うなじのデザインは、大きく分けて4つのパターンに分けられます。

・W型
両サイドの生え際が下に長く伸びたWの字に見えるタイプ。
・U字型
まんなかが長めのゆるいアーチを描いたライン。
・山形
まんなが短めで自然な山の形にアーチを描いたライン。
・ストレート型
同じ長さにそろえたまっすぐなライン。

どのデザインにするかは、好みを反映することもできますが、もともとの形に近いデザインが一番自然に仕上がります。
それぞれのデザインには似合う髪型や服装がありますので、自分がどんなヘアスタイルや服装が好きか、自分に似合うのはどのデザインかなど、カウンセリング時によく相談して決めましょう。

浴衣を着る夏前にうなじや襟足脱毛を

うなじの脱毛は、自分では見えないし効果がわかりにくいもの。
だからこそ、他人の目が注がれる時には、きれいな状態でありたいですね。
脱毛サロンでうなじや襟足のケアをする時には、スタッフさんが親身になって相談に乗ってくれて、最適な状態にしてくれます。
ただ、途中経過がわかりにくいと不安になりますので、時々自分でもチェックしながら、希望に沿ったものになるようにしてくださいね。
今年の夏は浴衣を着て髪の毛をアップにして、きれいになったうなじをアピールしちゃいましょう♪