妊娠・挙式とうれしいことがダブルで続くマタニティウエディング。最近はおめでた婚とも呼ばれ、幅広い年代から受け入れられています。

お腹に赤ちゃんがいる状態での挙式は本当に大変です。式をおこなう最適な時期や準備をこれから紹介します。計画をしっかりして最高の挙式にしませんか?

マタニティウエディングとは?

マタニティウエディングとは、妊娠中に結婚式をおこなうことをいいます。出産後、落ち着いてから挙式となると準備時間やお金の問題からなかなかおこなえず、断念してしまうケースが多いんです。

お腹の赤ちゃんがいる今だからこそ、これから幸せな家庭を誓いあって思い出にしてはどうでしょうか。

マタニティウエディングに最適な時期

マタニティウエディングを行う最適な時期は、安定期(妊娠5〜7ヶ月頃)に入った頃がベストです。妊娠初期はつわりや切迫流産などトラブルがおこりやすく、妊娠後期になるにつれてお腹が大きくなるためドレス選びや長時間、挙式で立ちっぱなしの姿勢はつらくなります。

安定期と呼ばれる妊娠5カ月頃からが目安ですが、つわりは出産するまで続く人もいます。マタニティウエディングを行う前に、医師と相談しておくことをおすすめします。

マタニティウエディングのメリット・デメリット

マタニティウエディングをおこなうと、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。これから挙式を控えるママはぜひ参考にしてください。

マタニティウエディングのメリット

・妊娠中の挙式は一生に一度の思い出
・お腹の赤ちゃんと一緒に愛を誓える
・産後に挙式するより時間に余裕を持って準備ができる

 

育児中は本当に時間に余裕がありません。出産後より妊娠中の方が時間に余裕があるため、マタニティウエディングはメリットが大きいです。

マタニティウエディングのデメリット

・つわりなど体調が悪いと大変
・妊娠中なので少し妥協が必要
・お酒を飲んだりできない

 

妊娠中の体調は個人差があるため、安定期に入ったからといっても気分がいいとは限りません。また、マタニティ用のウエディングドレスや挙式内容を、妊娠中でも無理なくおこなえる進行で考えなくてはいけません。

マタニティウエディングを控えたあなたに知ってほしい6個の準備

最高のマタニティウエディングをおこなうために、必ず準備しなくてはダメなことや絶対にやっておいて損しないことをこれから紹介します。

1.マタニティ挙式の準備

絶対にマタニティ挙式を行うのに絶対必要なのがさまざまな準備です。式を無事に終えるために、最低限このような用意をしなくてはなりません。

・結納
・会場選び
・招待客リストを作成、発行
・仲人のお願い
・料理選び
・ブーケ選び

 

ほかにも、挙式中に流すBGMをそれぞれのシーンに合わせて決めたり、飾り付けなど準備がたくさんあります。

妊娠中は体調の変化などにより食べられるものが違います。味付けが薄口、さっぱりしたものなど対応してもらえるかスタッフの人と相談しておきましょう。

ブーケはお腹がふっくら大きくなっているなら、体形が目立たないタイプを選びましょう。形や重さなどしっかり決めておくと失敗しませんよ。

2.マタニティドレスの準備

ウエディングドレスといえば、くびれ部分がキュッと引き締まったタイプが主流です。しかし、妊娠中はお腹周りにゆとりが必要なため、マタニティ専用ウエディングドレスの中から選ばなくてはいけません。

マタニティドレスは挙式を行う数ヶ月前に選びます。そのため、式当日はお腹や胸が大きくなり思っていたよりも体形が目立ってしまう場合があります。ウエディングドレス選びで失敗しないために、いくつか注意ポイントを紹介します。

・バスト部分はワンサイズ大きめを選ぶ
・ウエスト切り替えはアンダーバストに近いとすっきり見える
・座っている時も楽なようにストレッチ素材
・プリンセス風スカートみたいにボリュームがあるとお腹が目立たない
スリムタイプのマタニティドレスも魅力的ですが、お腹が目立つのを避けたい人はふんわりタイプがおすすめです。

 

3.デンタルケアの準備

以外に忘れられがちなのが“デンタルケア”です。妊娠中はホルモンバランスの変化により、唾液の性質が変化します。口の中が酸性よりになりやすく、今までより抗菌作用が低下します。

妊娠中は虫歯になりやすいといわれ、産婦人科でおこなわれる母親教室でも歯科指導をしています。歯周病などは早産などの原因にもなりますので、歯医者で検診をおこないましょう。

4.マタニティエステの準備

妊娠するとむくみや肩こり、腰の痛みなどさまざまな体調不良が起こります。マタニティウエディングをキレイな姿で迎えるために、エステでマッサージや体磨きをしておきましょう。

エステといえば妊娠中は通えないイメージが強いのですが、マタニティ専用コースもあります。メニューもさまざまありますので、まずはカウンセリングで相談してみましょう。

5.ネイルサロンの準備

産婦人科によっては正確な診察ができないため、妊娠中のネイルを禁止している場合もあります。もし、ネイルOKなら挙式の前にサロンで爪のおしゃれを準備しておきましょう。

ネイルNGならつけ爪などもあります。デザインなども自分好みでオーダーできるので、サロンへ相談してみましょう。

6.脱毛・シェービングの準備

マタニティウエディングで忘れてはいけないのが“ムダ毛処理”です。妊娠中はホルモンバランスの変化から、体毛が濃くなる場合があります。お腹よりムダ毛の方が目立ってしまうのは恥ずかしいですよね。

挙式直前でも間に合うブライダルシェービングをご存じですか?

ブライダルシェービングとは、ウエディングドレスの形に合わせて背中やうなじなど肌が見える部分を中心に産毛をしっかり剃るサービスです。施術目安は、肌を落ち着かせるため挙式3日前までがおすすめです。

 

サロンによるブライダル脱毛もありますが、特殊な熱エネルギーを照射させる機器を使用するため妊娠中はお断りされます。

ブライダルシェービングはカミソリや電気シェーバーを使うため、妊娠中でも問題なく利用できます。

わざわざエステサロンに通わなくても、セルフ脱毛でシェービングする方法もあります。ですが、妊娠中は肌が敏感なのでトラブルを発症しやすくなります。毛穴のブツブツや黒ずみができるのは恥ずかしいですよね。

ブライダルシェービングではマタニティ専用コースもあるので、カウンセリングで相談してみましょう。

まとめ

お腹の赤ちゃんと一緒のマタニティウエディング。妊娠中に式の準備は大変ですが、ムダ毛処理など自分磨きだけはしっかりしておきましょう。思い出に残る最高の挙式を迎えませんか。
 関連記事→ブライダル脱毛