永久脱毛と聞くと、脱毛が完了すればこの先ずっと毛が生えてこなくなるイメージがありますよね。しかし、個人の毛の濃さや施術を受けたサロン・クリニックによっては、数年後に少し毛が生えてくることがあります。「不再生脱毛」という言葉を聞いたことはありませんか?永久脱毛と同じような意味ですが、少し違いがあります。

ここでは、その違いと不再生脱毛の種類、不再生脱毛が受けられる人気のサロンやクリニックをご紹介しています。

不再生脱毛とは?

【永久脱毛の定義】

永久脱毛は、一生毛が生えてこないという意味だと思われています。確かに、施術が成功すればムダ毛がだんだん薄くなっていき、最終的に毛が生えてこなくなります。しかし、「一生」というのは保証されていないのが現実です。つまり、施術をしなくなってから何年後かには1本、2本と生えてくる可能性があるということ。脱毛先進国であるアメリカでは、永久脱毛とは何かを以下のように定義しています。

最後に脱毛施術を受けてから1ヶ月後、毛の生えている割合が20%以下であること

 

つまり、施術が完了してから、毛の生えてくる可能性が0%ではないという意味です。驚きですよね。そしてそれは、レーザー脱毛で施術をし、ムダ毛が生えてこない状態を持続していることが条件になっています。ここでのポイントは、「レーザー脱毛」という脱毛方法だということ。脱毛サロンなどで行われる「光脱毛」は、永久脱毛ではないということがわかります。

 

レーザー脱毛は、70度という高温の熱を皮膚・毛穴にあてるという脱毛方法。医療機器として認められている医療レーザーを使用します。つまり、医療機関である皮膚科や美容クリニックでしか用いることができません。医療について専門知識を学んでいる人ができる医療行為です。

【不再生脱毛の意味】

光脱毛など脱毛サロンで受けられる脱毛は、「永久脱毛」という言葉の使用が禁止されています。光脱毛は、レーザー脱毛よりも出力が弱く、痛みが少ないのが特長。より多くの人が脱毛を受けられるように料金を安くしており、身近な存在になっています。美肌効果のあるジェルや、肌に優しいというのも魅力的。

しかし、脱毛が完了するまでの回数はレーザー脱毛よりも多く、効果が出るまでの期間も長いのが難点です。なぜなら、医療行為として認められているほどの強い脱毛機器を使えないからです。

回数や効果が出るタイミングに差はあるけれど、毛が生えにくくなっていくのはレーザー脱毛も光脱毛も同じこと。ですが、医療機関ではない脱毛サロンでは、永久脱毛という言葉を使えません。

その代わりに、「不再生脱毛」「永久滅毛」という言葉が使われているのです。

【不再生脱毛の仕組み】

不再生脱毛と、永久脱毛。それは医療行為であるかどうかに違いがあるということをお伝えしました。では、不再生脱毛の毛に対する効果を具体的にご紹介していきましょう。

毛が生えてこなくするためには、毛の奥の毛根にある毛乳頭を破壊する必要があります。毛乳頭とは、毛に栄養を送り育てる場所のことで、毛母細胞が含まれています。

永久脱毛だといわれるニードル脱毛やレーザー脱毛では、毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛の再生を防ぐ効果がすぐにあらわれます。

 

しかし、光を用いる脱毛方法では、その破壊力が足りません。施術をするスタッフは専門医ではないので、医療用の強い脱毛機器を使えないからです。つまり、不再生脱毛では、毛乳頭や毛母細胞を破壊するまでに何度も施術回数を重ねる必要がありますレーザー脱毛やニードル脱毛に比べて時間がかかるというのは、脱毛機器が違うからなのですね。

不再生脱毛にはどんな種類があるの?

【種類】

不再生脱毛といわれる脱毛方法は、フラッシュ(光)を使用しています。主に脱毛サロンで用いられていることが多い方法ですが、皮膚科・美容外科などの一部のクリニックでも施術が受けられます。

光脱毛の種類は、フラッシュ脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛、プラズマ脱毛などがあります。毛の黒色を光に反応させて毛根を焼いていく方法。色素沈着や激しい日焼けをしている部位、大きなホクロのある部位などは「やけど」の危険があるので光をあてられません。

永久脱毛であるニードル脱毛は、電気を流して毛を1本ずつ焼いていく方法です。

それに対して光脱毛は、一度に何本もまとめて処理ができるので、短時間で施術ができます。また、痛みが少ないことが多く、1回の料金が比較的安いのがよいところです。

【方法】

施術を受けるにはまず、表面に生えている毛を処理する必要があります。施術当日に自分で処理をしてからサロンへ行くか、施術直前にスタッフが処理をしてくれるかのどちらかです。サロンによっては、「シェービング代」がかかることも。

 

光脱毛には、肌へのダメージを軽減させるために冷却ジェルを塗るIPL脱毛と、特殊なジェルと光を使うSSC脱毛があります。どちらも、フラッシュ(光)を使用しています。直接見ると目を傷つけて視力が低下する危険があるので、施術中はタオルや保護用サングラスなどを目にあてます。

そして、ジェルの上からフラッシュを脱毛箇所へまんべんなくあてていきます。最後に、ジェルをふき取って終了。肌の調子を見て、必要があれば冷却します。

どこがいい?人気の脱毛サロンをご紹介!

不再生脱毛は、永久脱毛よりも効果の出にくい方法ですが、美肌効果、痛みが少ない、価格が安いなど、たくさんのメリットがあります。そこで、人気の脱毛サロンの口コミをまとめてみましたので、ぜひご参考にしてくださいね。

【ミュゼプラチナム】

・脱毛3回目くらいから、ムダ毛がだんだん目立たなくなってきた。完了してから1~3本くらい生えてきたが、自己処理をする必要はない程度。
・剃ったあとの黒いポツポツがほとんどなくなったのがうれしい。
・脇(わき)が1回目からポロポロ抜けて目に見えるので効果がすぐに実感できた。もっと早く行けばよかった!
実質1箇所100円で脱毛できるというキャンペーンにおどろきました。もっと高額なイメージがあったけど、これなら気軽に通えそう!

【脱毛ラボ】

 

・学生なので、高額なイメージがある脱毛はまだできないと思っていました。でも、どうしても何箇所か脱毛したかった。脱毛ラボの月額制のおかげで、念願の脱毛を始められました!
・個室とはいえ、となりの部屋の声や機械音が聞こえて気になった。しかし、施術は痛みもなく、お手頃な料金価格なので、技術や金銭面でとても満足している。

 

 

まとめ

「不再生脱毛」は、医療行為ができない脱毛サロンで使われている言葉です。個人差はありますが、ニードル脱毛・レーザー脱毛をしているクリニックと比べて、効果が出るタイミングは劣りますが、脱毛完了後の効果は同じだといえるでしょう。永久脱毛・不再生脱毛、どちらも一生毛が生えてこなくなるという保証はありません。脱毛を始めるときは、効果は何回目ほどで実感できるのか、完了してからどれくらい効果が持続するのかを、カウンセリングで聞いてみることをおすすめします。