光線過敏症とは、日光や紫外線などに体が敏感に反応し、発疹や水ぶくれなどができる疾患です。

原因はさまざまですが、紫外線に対するアレルギーのほか、服用中の薬が関係することもあります。

光線過敏症の人にとって、エステサロンやクリニックで脱毛を受けられるかどうかは気になるところですよね。

ここでは、光線過敏症がどういう病気なのかも含め、脱毛ができるケースとできないケースなどについてくわしくご紹介していきます!

関連記事→【画像あり】毛嚢炎(毛包炎)の原因・治療方法など総合解説!毛嚢炎でも脱毛可能?

光線過敏症とは?

光線過敏症とは、光の照射を受けることで、発疹や水ぶくれなどの皮膚症状が起こる疾患です。

原因や症状の出方はさまざまですが、成人の場合は特に以下のタイプが多いとされています。

多形日光疹

光線過敏症の中でも、もっとも多い疾患です。特に10~30代の女性に多くみられます。

日光にあたった部分に、しばらくしてから紅色の丘疹(直径1センチ以下の盛り上がった発疹)が複数出現し、かゆみをともなうのが特徴です。紫外線を繰り返し浴びることで引き起こされるアレルギーの一種という説がありますが、原因はまだはっきりとわかっていません。

重症化することは少なく、また歳をとるにしたがって良くなっていくことが一般的です。

日光じんましん

日光にあたってからわりと早い段階で出るじんましんです。日光を避けると、通常は30分~2時間以内に消えます。

多形日光疹と同じく、アレルギー反応の一種と考えられていますが、くわしい原因はまだわかっていません。

光線過敏症薬疹

飲み薬や塗り薬、貼り薬などによって引き起こされる光線過敏症です。

原因となる薬は複数あり、糖尿病や高血圧、精神疾患などの治療薬のほか、抗生物質や解熱消炎鎮痛薬といった、わりとよく処方される薬も原因となることがあります。これらの薬を飲んだ上で日光にあたると日焼けしやすくなり、発疹が出ることがあるのです。

また、貼り薬では「ケトプロフェン」という成分が使われたものが、光線過敏症を引き起こすことで知られています。整形外科でよく処方される「モーラステープ」もこれにあたりますので、日に当たる部分にはなるべく貼らないことが大切です。

光線過敏症って皮膚疾患なの?それともアレルギー?

光線過敏症は、上記のほかにもさまざまな原因がありますが、「多形日光疹」や「日光じんましん」などは、日光や紫外線に対するアレルギー反応の一つと考えられています。

正確には、紫外線そのものにアレルギー反応を起こすのではなく、これまで繰り返し浴びた中で皮膚の中にアレルゲンができることが原因とされています。

また光線過敏症薬疹も、「紫外線+薬の成分」が結合したものを免疫が異物と判断することが原因ですので、アレルギーの一種と考えられます。

ただし、光線過敏症の正確な原因はわからないことも多く、これまで何ともなかった人が突然発症することもあります。

また、特定の疾患(全身性エリテマトーデスやポルフィリン症)などが引き起こす光線過敏症もあります。

光線過敏症って全身?それとも部分的?

光線過敏症の症状は、部分的に現れることが多いです。

基本的には、日光や紫外線にあたった部分のみに出現するため、手足や首、デコルテなどの服からはみ出したところにできます(水着の場合は、より広範囲に現れることもあります)。

ただし、悪化すると全身に広がる可能性もあります。

薬で治るの?

光線過敏症は、軽症であれば日光を避けることで自然と良くなることがほとんどですが、発疹がなかなかひかない場合や、かゆみが強い場合は、ステロイドの塗り薬が処方されます。

光線過敏症の症状は、日光や紫外線にあたらなければ出現しませんので、長そで長ズボンを着用したり、日焼け止めクリームを使ったりするなどして、事前に予防することがもっとも効果的です。

光線過敏症でも脱毛はできる?

エステサロンやクリニックでの脱毛は、レーザーやフラッシュなどの光を使用するため、光線過敏症の人にとっては不安が大きいと思います。

結論からいいますと、「それぞれの原因や症状の強さによって、受けられる場合と受けられない場合がある」というのが実際のところです。

脱毛の種類ごとに、それぞれくわしく解説していきます。

サロンの光脱毛は?

サロンでの脱毛は、「フラッシュ脱毛」や「IPL脱毛」などと呼ばれますが、いずれも光を使った方法です。

この光には紫外線は含まれませんが、光そのものに敏感に反応してしまう場合はやけどや発疹、赤み、かゆみなどの症状が出ることがあるため、慎重に検討する必要があります。
特にサロンは、クリニックと違い医療機関ではありませんので、少しでもトラブルのリスクがあるお客さんへの施術は断るところも多いです。どうしても受けたいという場合は、担当医の同意書が求められるかもしれません。

また、服用している薬が光線過敏症を引き起こすこともあるため、薬を飲んでいる方は必ずサロンに申告した上で、数日間服用をストップできるかどうかを医師と相談しなければいけない可能性もあります。

クリニックのレーザー脱毛は?

クリニックの脱毛に使われるレーザーも紫外線は含まれませんが、フラッシュより光が強いため、光線過敏症の人はやはりリスクが高くなります。

ただし、クリニックは医療機関ですので、医師が常駐している点がサロンと異なるところです。光線過敏症の人には、より慎重にテスト照射をおこなうなどして、安全性を確認してから施術できることもあります。

また、服用中の薬がある場合もリスクをある程度判定できるため、サロンに比べると柔軟に対応してもらえる可能性が高いかもしれません。

家庭用フラッシュ脱毛器は?

自分で使える家庭用フラッシュ脱毛器は、サロンで使われているのと同じフラッシュ光を使用した脱毛器です。

最近はサロンの機器とほぼ変わらない出力のものもありますので、光線過敏症の人は注意する必要があります。

実際、某人気家庭用フラッシュ脱毛器の説明書には、「光線過敏症など光に関する疾患をお持ちの方は、ケガややけどの肌トラブルの危険性があるため使用しないでください」と書かれています。

使用できるかどうかを正しく判断するためにも、医師に相談することをおすすめします。

光線過敏症で脱毛した人の体験談

「光線過敏症の人は、絶対に脱毛できないの?」とがっかりする人もいるかもしれませんが、実際は脱毛できたケースもあります。

インターネットで検索すると、以下のような体験談が報告されていますので、参考にしてみてください。

「日光じんましんが出る体質のため、クリニックに相談したところ、事前の丁寧なカウンセリングとダブルのテスト照射の結果、無事にレーザー脱毛を受けることができました!」

 

「花粉症で薬を服用していたので、最初にサロンに伝えたら、光線過敏症を引き起こすおそれのある薬とのことで、薬の種類を変えるか、いったん服用をストップできるならストップしてほしいと言われました。薬をやめるのは難しかったため、症状が治まって薬を2週間くらいやめてから、やっと施術を受けられました」

 

実際にこのような事例もありますので、光線過敏症だからといって絶対に脱毛を受けられないわけではありません。特に服用中の薬が問題の場合は、その薬を一定期間やめてからであれば脱毛を受けられる可能性は十分にあります。

日光湿疹が出るタイプの人は、どちらかというと医師の診察を受けられるクリニックのほうが安心かもしれませんね。

光線過敏症でも脱毛可能なサロン&クリニック

光線過敏症の人でも必ず脱毛できるサロンやクリニックというものは、残念ながら存在しません。というのも、施術できるかどうかはそれぞれのケースによるからです。

しかし色々なサイトを見ますと、サロンでは「光線過敏症の人はNG」とするところが多い一方、クリニックでは「場合による」という書き方をしているところが多い印象を受けます。

 

例として、いくつかのクリニックのサイトの文章を引用してご紹介します。

アリシアクリニック

よくある質問から)

症状がひどくなければ脱毛可能です。ただし、日常生活で普通に浴びる日光でも肌がすぐ赤くなるような症状のひどい方は、残念ながら施術できないこともあります。事前のカウンセリングでドクターにしっかり相談しましょう。
リゼクリニック

脱毛前の注意点から)

特に、極度の光線過敏症・金属アレルギーの方は施術が出来ない可能性がございますので、必ずカウンセリング時にお申し出ください。
東京イセアクリニック

よくある質問から)

レーザーに紫外線は含まれていませんが、光過敏症の方はレーザー脱毛でもアレルギー症状(強い赤み等)を引き起こす可能性があります。

照射をご希望の方はカウンセリング時に必ずご相談ください。

テスト照射による医師の判断によっては脱毛を行えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

フェミークリニック

「アトピーでも脱毛はできますか??」から)

医療レーザー脱毛のレーザーは紫外線とは異なるため、日光湿疹の場合は問題はないのですが、光過敏症の場合は「光」そのものに反応するため、医療脱毛で使用するレーザーに反応する可能性がございます。脱毛ができないわけではないのですが、必ず事前に医師に相談する必要があります。

このように、多くのクリニックでは「光線過敏症だから絶対NG」とはしておらず、医師の判断による、というスタンスをとっています。

一方、サロンではホームページ上で明確に「光線過敏症の人はNG」としているところも少なくありません。たとえばミュゼプラチナムでは、「当サロンは美容脱毛のため、健康状態が良好な方のみお手入れをさせていただいています。以下に当てはまる場合、医師の了承を得た場合でもご契約をお断りする場合があります。」とした上で、該当するケースに「光アレルギー/過敏症の方」を含んでいます。

とはいえ、サロンによっては入念な照射テストをおこなうなどして臨機応変に対応してもらえる可能性もゼロではありませんので、まずは初回カウンセリングで相談してみるといいですね。

脱毛は無理でもエステはいける?

「脱毛は難しくても、それ以外のエステメニューなら大丈夫かな?」と思う人も多いかもしれませんが、OKかどうかはメニューの内容によります。

光線過敏症の人の場合、「フォトフェイシャル(光フェイシャル)」などの光を使った治療は、脱毛と同じく注意が必要です。

クリニックでおこなわれているレーザー治療も同じですが、たとえばモーラステープなどの貼り薬による光線過敏症の場合は、顔は無関係のことがほとんどですので、問題なく照射できることが多いと考えられます。

いずれにしても、光やレーザーを使った治療を受ける場合は、必ず服用中の薬や自分の体質などを正確に伝えることが大切です!

自覚症状がなくても光線過敏症の可能性はある!

ちなみに、光線過敏症は自覚症状がないケースもあります。

日光じんましんなどは、日光にあたるとすぐに症状が出るためわかりやすいのですが、「多形日光疹」は日光にあたってから数時間後、遅い場合は数日後に症状が出ることもあるため、原因が日光にあると気づかないこともあるのです。その場合、脱毛前のテスト照射で肌が赤くなるなどして、「実は光に弱い体質だった」ことがわかるケースもあります。

また、光線過敏症を引き起こす薬の種類も多岐にわたりますので、まさか自分の使っている薬に光線過敏症のリスクがあるとは知らない人も多いと思います。

その結果、知らずに脱毛を受けて肌トラブルが起きてしまう可能性も否定できないため、使用中の薬はどんなものであっても必ず申告することが大切です。

光線過敏症でも可能な脱毛方法

光線過敏症の人でも安心しておこなえる脱毛方法としては、シェーバーやワックス、除毛クリームなどがあります。

いずれも、サロンやクリニックで受ける脱毛に比べると効果は一時的ですが、光やレーザーを使用しませんので、安心しておこなうことができます。

ただし、光線過敏症以外にもともと肌が弱い体質の人は、ワックスや除毛クリームでも肌に刺激を与えてしまうおそれがあります。初めて使う商品は必ず事前にパッチテストをおこなって、問題がないかどうかを確認しましょう。

関連記事→実は危険…?セルフ脱毛での自己処理トラブル集。

「じゃあ、光線過敏症だと永久脱毛は受けられないのね…」とがっかりしてしまう人もいると思いますが、実は一つだけ可能性があります。それは、昔ながらの「ニードル脱毛」です!

ニードル脱毛は、電気針を毛穴に入れて1つひとつ毛根を焼き切っていく脱毛方法で、光を使いません。
しかも、毛根にダイレクトに熱を加えるため脱毛効果は非常に高く、本来「永久脱毛」をうたえるのはニードル脱毛だけである、ともいわれています。

一方で、1回の施術に時間がかかることや、痛みが強い点などがデメリットなのですが、光線過敏症の人にとっては救世主的な脱毛法といえるかもしれません。

今でもニードル脱毛をおこなうクリニックはありますので、光に弱い方は検討してみるのも一つの方法です。

まとめ

光線過敏症の人の脱毛事情についてご紹介しました。

まとめますと、光線過敏症の人でもサロンやクリニックで脱毛を受けられる場合もあれば、断られてしまう場合もあります。

編集部編集部

光線過敏症のリスクがある薬を服用している場合は、その薬をやめてからならOKと言われる場合が多いですし、それ以外のケースでは、事前のカウンセリングやテスト照射などで判断されることになります。

せっかく脱毛でキレイな肌を目指すのに、光線過敏症で肌トラブルが起きてしまうのは悲しいことです。それを防ぐためにも、服用中の薬や自分の体質などについてはくわしく説明するようにしてくださいね!

関連記事→脱毛クリニックの一覧はこちらからどうぞ♪